ピクシブ百科事典

フリッツ家

ふりっつけ

フリッツ家とは、『進撃の巨人』に登場する一族の一つ。
目次[非表示]

概要

別名「レイス家」。
大地の悪魔と契約したユミル・フリッツを始祖とする、エルディア人の王族。表向きは、ウォールシーナに領地を持つ貴族だが、正体は壁内で最高権力をもつ一族

パラディ島に移住したフリッツ家が、壁内でレイスと名乗ったことから現在に至る。
よって、国王に反対し、大陸に残ったフリッツ家と壁内で暮らすレイス家は、遠い親戚関係に当たる。

エルディア人の中でも、レイス家の血を受け継ぐ者は、代々『始祖の巨人』を継承する役割をもつ

フリッツ家


レイス家 


作中の「フリッツ王」

【進撃】フリロド捏造


レイス家の傀儡である。痩せ気味で髭をたくわえた容姿。王らしく泰然自若とした態度をしている…と思ったら単なるボケ老人だったと思われる。貴族たちの扱いを見るに本来は王家との血筋の関連性は無い可能性が高い。
また、クーデター後はヒストリアが直接王位についたためその出番は無くなった。その処分は不明。

カール・フリッツ145世

別名は初代レイス王
100年前にパラディ島で三重の壁を造り、人々の記憶を改ざんし、レイスと名乗った。
いわば本作の舞台を作った全ての元凶
また、記憶の改ざんの影響を受けなかったアッカマーン家や東洋の一族は、現在に至るまで迫害されることとなる。

彼は「不戦の契り」を交わし、以降『始祖の巨人』を受け継ぐ者は、その力を上手く使いこなすことができなくなる。
また、『始祖の巨人』を受け継ぐ者はカール・フリッツの思想に縛られることを意味する。

なぜ不戦の契りを交わしたのか、彼の真意や目的は未だもって不明。

関係タグ

エルディア マーレ
九つの巨人 憲兵団

コメント