ピクシブ百科事典

アルマ(進撃の巨人)

あるま

「アルマ」とは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。

概要

cv:根谷美智子

かつてレイス家の屋敷で使用人として働いていたロッド・レイスの妾で、ヒストリア・レイスの母親。
領主であるロッドとの間に宿ったヒストリアを産んだが、それは領主の妻になれると思ったから。
使用人をやめさせられてからは実家の牧場の仕事はせず、いつも本を読んでおり、夜になると派手に着飾って馬車で街へ出かけていた。
娘であるヒストリアのことに関しては無関心で、彼女が好奇心から抱きついた時には、彼女を突き飛ばし、涙ぐみながら「こいつを殺す勇気が私にあれば」と言って、その日以来彼女の前から姿を消した。
しかし、数年後の「ウォール・マリア陥落」の数日後、陥落当日にグリシャ・イェーガーによって、正妻と血統書つきの子供であるフリーダウルクリンディルクエーベルフロリアンを殺されたロッドと共にヒストリアの前に現れ、彼女と共にロッドと暮らすはずだったが、そこへ議会の名を受け、王家の穢れを清めるべく彼女とヒストリアの存在を「無かったことに」しようと現れた中央憲兵団に行方を阻まれ、ケニー・アッカーマン達に取り押さえられる。
その際にヒストリアとは無関係と主張したが、ロッドから「自分とは無関係だ」と言われ、議会の命令通り「無かったこと」にされるため、ケニーに首を掻っ切られ殺された。
その時、最期の言葉として、自身に対し「お母さん」と呼んだヒストリアに対し、「お前され産まなければ」と言い遺した。

関連タグ

進撃の巨人 ロッド・レイス ヒストリア・レイス

コメント