ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:浜崎奈々


「私は… お姉ちゃんみたいな人になりたいの」

概要

進撃の巨人』に登場するキャラクター。肩の辺りまで伸ばした明るい色の髪と、丸みを帯びた優しい顔立ちが印象的な少女。

ある主要登場人物と深い関わりを持っており、マーレ編で交流を持った別の登場人物の思想に大きな影響を与えることになる。

過去

初登場は作中における850年、ウォール・ローゼ内に複数の巨人が出現した場面。当時はまだ「カヤ」という名前は明かされていなかった。
住んでいた村に一体の巨人が現れた際、カヤは足の不自由な母親と共に逃げ遅れてしまう。家に入ってきた巨人は母親を生きたまま食べ始め、カヤは動くこともできずそれを見ているしかなかった。

そこへ現れた一人の少女が、庭にあった薪割り用の斧で巨人に襲いかかる。彼女こそ、調査兵団の任務で故郷・ダウパー村付近に来ていたサシャ・ブラウスであった。
サシャは自身を盾にカヤを逃がそうとし、助けてくれる人と会えるまで走るよう声をかけた。
「走らんかい!!」

進撃のサシャ


おかげでカヤは生き延び、以後はサシャの両親が営む厩舎で他の孤児たち数人と共に暮らしている。

レベリオ区襲撃戦から数日が経ったある日、言い争うファルコとガビを偶然見つける。
家を出てきたという彼女らに対し、自分たちの家に来るといいと言って厩舎の世話をさせながら居候させる。

彼女らの正体には最初から気づいており、自分の母がなぜ死ななければならなかったのかをガビたちに尋ねる。

「私のお母さんが何をしたっていうの?」

「でも、お母さんはここで生まれ育ったからその虐殺とは関係ない」

「お母さんが死んだのは四年前だから、この前の襲撃とは関係ないと思う。」

「お母さんは誰も殺してない!!ねえ答えてよ!!どうしてお母さんは死ななければいけなかったの!?」


先祖の罪を自分の罪として受け入れろというガビに、真っ向から反論して母の死の理由を問うカヤを不憫に思ったファルコは、「あなたの母はマーレの威力偵察に巻き込まれた被害者だった。」と真実を暴露し謝罪。

ようやく納得できた彼女は、今度みんなでマーレ人が経営するレストランに行くから、そこでならマーレに帰る目処がつくかもしれないと話す。

教えてくれた理由を問うファルコに「私も、私を助けてくれたお姉ちゃんのように、困っている人に手を差し伸べたいの」と過去を話す。



その相手が、恩人を殺した仇敵であるということも知らずに。



関連タグ

進撃の巨人 進撃の巨人の登場人物一覧
サシャ・ブラウス ガビ・ブラウン ファルコ・グライス

関連記事

親記事

パラディ島 ぱらでぃとう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カヤ(進撃の巨人)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カヤ(進撃の巨人)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6312

コメント