2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:山口勝平

ドラゴンボール」のゲームオリジナルキャラクター。
ドラゴンボールオンラインドラゴンボールゼノバース2スーパードラゴンボールヒーローズの3作品に登場する。

初登場となったドラゴンボールオンラインではトワミラの息子としておしゃぶりを咥えた幼児の姿である、設定画のみが存在するだけでゲーム内には未実装だった。
その後、ドラゴンボールゼノバース2とスーパードラゴンボールヒーローズではトワとミラの細胞を使って生まれた突然変異体として青年の姿で登場する。

人物像

幼少期

ドラゴンボールオンラインにて設定のみ存在する。
ミラに似た鋭い目つきが特徴的で暗黒魔界の紋章が入った帽子を被り、赤ちゃんらしくおしゃぶり咥え、胸には涎掛けを掛けている。

トワの頭脳とミラの戦闘能力2つを受け継ぎ、将来成長したら宇宙に大きな影響を与えると考えられている。まだ幼児な為、自分1人で行動出来ず周りの助けを必要とするが、無口な性格であったミラはそんな彼やトワと関わる事で徐々に感情を出す様になる。

青年期

ドラゴンボールゼノバース2、スーパードラゴンボールヒーローズに登場。
こちらでは息子ではなくトワとミラの細胞を使って生まれた突然変異体と設定されている。
神々に対しても敬語は使わず「~でしょ。」など柔らかい話し方をする。一人称は「僕」。
歴史改変のエネルギーを吸収する能力を持っている。

見た目はポニーテールで丸メガネをかけた好青年だが、どこか怪しい雰囲気を醸し出している。
特殊な刀を腰につけており、黒色の上着に黄色のズボンを身につけている。服や装備には暗黒魔界の紋章が刻まれている。

ドラゴンボールゼノバース2

好奇心旺盛で歴史改変によって産まれるエネルギーについて実験したり、「面白そうな奴」の研究もしている。ただし好奇心旺盛が故に危ない行動を起こそうとする場面が見られ、時の界王神達からは危険視されている。妹トワの復讐に燃える伯父・ダーブラに協力し、彼からは暗黒魔界の王の後継者として期待されているが、協力しているのはあくまでも研究の為であり、その際生まれたエネルギーについては別の使い方を模索している。

戦闘力は歴史改変によりウイスと入れ替わっても悟空ベジータに違和感を与えず反撃するなど中々のもの。彼自身も自信があるようでブウとダーブラと戦っている際、歴史の歪みを大きくする為にどさくさに紛れてベジットにも手を出そうとしていた。だが本人は戦闘は実験や研究のために行うものだとし普段はあまり力を見せず、サイヤ人や父親にあたるミラほど好戦的ではない。

調子のいい言動が多いものの決してウソは付かず、フューと協力するルートでは主人公に対し「歴史改変で得たエネルギーは、親友のキミに迷惑を掛けることには使わない」と述べている。ラスボスが悟空のルートでは、この歴史改変のエネルギーを主人公の戦闘力強化に使用して援護した。
またダーブラから主人公を倒すように命令された時は、きっぱりと拒否。仇討ちも暗黒魔界の復活も興味がないと語る。激昂したダーブラから石化ツバを掛けられるが、跳ね返して逆にダーブラを石化させた。

ちなみにフューがラスボスになるルートだと、自分が勝ったら主人公を解剖して研究し尽くすというとんでもないことをしようとする。倒しても魔術で創った分身だったことが判明し、本人はさっさと逃げてしまう。
また2019年に実装されたパラレルクエストでは、主人公たちに敵意を持ったフューが登場する。

2021年3月18日(サイヤの日)に新たに配信されたレジェンダリーDLCパック第1弾「炎と破壊編」では、発生した“時空の裂け目”に現れる。
そこは力の大会真っ最中の歴史。彼はディスポに扮して参加しており、トッポにエネルギーを与える事で、ベジータのファイナルエクスプロージョンで退場させるという本来の歴史を改変させてしまう。
(因みにディスポとの成り変わりの件については、全王に見破られていたが、面白いからという理由で認可されている。)
そしてベジータにエネルギーを与え、歴史修正の為に介入してきたトランクス達に仕向ける。しかし、ベジータは洗脳を振り切り、さらには与えたエネルギーを利用される。
ブルマ達家族、キャベとの約束の為に立ち上がり、渾身のギャリック砲でトッポを場外に追いやり歴史は本来の通り修正される。

歴史改変が失敗したフューは、そこから別の時空の裂け目に逃げ込んでいく。
その歴史では、パイクーハンジャネンバが交戦していた。
好奇心旺盛なフューは、ジャネンバの無数のコピーを作り出し、追ってきたトランクス達と戦わせる。
大量のジャネンバに苦戦するトランクス達。すると、そこへ増援が駆けつける。その人物は、トランクスのかつての師・未来の孫悟飯であった。

このまま事態の収束を計るトランクス達であったが、ジャネンバの攻撃によってトランクスとパイクーハンが離脱。しかし、そこに閉じたはずの時の裂け目が現れ、救援として孫悟空が駆けつける。
未来悟飯と超サイヤ人ブルーとなった孫悟空、次元を超えた親子の連携、そして親子かめはめ波によって、分身を含む全てのジャネンバは消滅。フューの歴史改変はまたしても失敗に終わった。
…と思いきや、実はこの歴史は未来のトランクスの歴史にある地獄であり、さらにここにいたジャネンバは、こことは別の歴史から連れてきた存在であった。
つまり、本来現れない歴史に異物が入り込んでおり、トランクス達はまんまとフューの策略に乗せられていたいたのであった。
見事歴史改変を成功させたフューは、時空の裂け目のエネルギーを吸収。そして再びどこかへと消えていった…。


2021年11月5日配信のレジェンダリーパック「究極の闘い編」ではコントン都TVは電波ジャックし歴史改変を宣言。

本編では相変わらず時の界王神に警戒されており、時の裂け目発生時には真っ先に疑われていた。
そしてその疑い通り、時空の裂け目を作り出しており、歴史改変を行う。
その歴史はゴジータブロリーの戦っている戦場。
フューは優勢のゴジータに対し攻撃を放つが、簡単に振り払われてしまう。しかし、それは触れた者を弱体化させる罠であり、そうとは知らずに触れてしまったゴジータは超サイヤ人ブルーを解除されてしまった。
見事術中に嵌めたフューはゴジータとブロリーの戦いを観察する。
しかしデータは採れたものの、それでは充分なエネルギーは得られなかった。
そこで彼は第6宇宙からカリフラケールの2人を寄越し、ゴジータとともにブロリーに仕向ける。
通常状態で猛攻を仕掛けるゴジータと、ポタラによって誕生したケフラとの戦いが熾烈を極めるが、ゴジータのフュージョンが解けてしまった事で彼らはブロリーに敗北してしまう。
その結末を見届けたフューは、エネルギーを回収するためブロリーに近づくが、彼の圧倒的な戦闘力は既にフューの制御下を外れており、手痛いダメージを負ってしまう。
ブロリーの暴走で歴史修正が不可能になってしまったが、フューには抜け目は無かった。
事態の収束の為、彼は第11宇宙の戦士であるジレンを呼び出す。
第7宇宙に借りのあるジレンは、ブロリーの暴走を止めるべくフルパワーを解放。2人は異空間を突き破る程の超激戦を繰り広げる。
そして互角の撃ち合いのなか、フューは修正が可能となった時の裂け目のエネルギーを回収。歴史修正を終え、その場から立ち去った。

次に姿を現したのはフリーザに単身挑んだバーダックの歴史。
彼は歴史改変によりバーダックの未来を変えようとしていた。
この歴史でのバーダックの戦闘力は本来のものより強く、その彼に加担しフリーザ軍に挑む。
連携によりバーダックをフリーザのもとへ導くも、時の界王神の許可を得て歴史修正に現れたトランクスに妨害される。

そして彼らと戦いの末、フリーザはトランクス諸ともバーダックを殺害しようとする。それに気付き警告をするフューであったが、バーダックはトランクスを庇いそのままフリーザに突進し、胸を貫かれる。
バーダックは、孫悟空やトランクスに未来を託し、そのまま崩壊する惑星ベジータへ墜ちていった。

フリーザの所業に怒りを露にするフューであったが、歴史改変は失敗に終わった為実験を終了し、バーダックとの戦いを思い返しその場を後にした。


ちなみにこのストーリーには別の結末も存在し、プレイヤーが敗北した際に特別なムービーが見ることが可能。

しばらく経ち、石化より復活したダーブラの動きを察知し、彼を止める為に主人公へ協力を要請する。

とある時空にスーパーベビー2とともに現れたダーブラを、主人公とベジータ(GT)達と迎え撃つ。
ここからは選択したキャラクターでストーリーが分岐しており、孫悟空(GT)を選択すると、超サイヤ人4に変身した孫悟空が大猿ベビーに龍拳を放ち決着。ベジータを選択すると、フューが彼に結晶の様なものを渡し、その力を御したベジータが超サイヤ人4に覚醒。ファイナルシャインアタックで大猿ベビーを撃破する。

ベビーとの戦いの最中に姿を消したダーブラであったが、今度は純粋の魔人ブウとの決戦の時空に現れ魔人ブウを洗脳。さらにはこちらの時空のダーブラ自身にも協力を要請し歴史改変を決行。
そこへ主人公達と、以前の歴史改変にて利用したディスポを呼び出しダーブラの計画を妨害。
最終的に、身勝手の極意“兆”に覚醒した孫悟空が、魔人ブウ諸ともダーブラを消滅させる事で歴史改変は終息。
去り際には、歴史改変に纏わる彼らの記憶を消去し事なきを得た。


スーパードラゴンボールヒーローズ

プロモーションアニメ

監獄惑星編

宇宙の狭間に「監獄惑星」という独自の惑星を作成し、研究の為にそこに各時代の超戦士を捕えていた。そしてザマス達との戦いの後、再び現代に訪れたトランクスをも収容する。

当初、正体がばれていなかった時点ではトランクスの友人を名乗り悟空達に近づく(ベジータには怪しまれていたが)が、タイムパトロールである孫悟空:ゼノにその正体を明かされると、自らについて語りだす。そしてトランクスの現状と、何故かトランクスを解放する唯一の方法を悟空達に教えるとその場から姿を消す。

しかし、鑑賞中に大猿となったカンバーが暴れだし、実験場である監獄惑星を破壊しようとする。これには流石のフューも激怒。

「…そこまでやれとはいってないよ!」

超化フュー君!(3回目)



超フュー」に変身。パワーボールを吸収し、大猿カンバーを沈静化させ、元の姿へ戻す。

その後研究室に戻るも、孫悟空:ゼノ等によって破壊されており、それに激昂。
再び戦場に現れ、超サイヤ人4の孫悟空:ゼノベジータ:ゼノの2人を相手に互角以上の戦いを繰り広げる。
そしてカンバーの復帰と、なにかの復活を確認すると、その場を立ち去るのであった。


宇宙争乱編

監獄惑星の爆発で謎の空間に逃げ込み行方不明となっていたが、とある場所でハーツの野望とコアエリア戦士の戦いを観覧していた。

しかし観戦では飽きたらず、カンバーの元に自らが改造を施したメタルクウラを送り込むなど、陰ながら戦況を狂わせていった。

そして、宇宙の種でパワーアップを果たしたハーツと、ゴジータの頂上決戦が幕を下ろした後、宇宙の種を回収。
 宇宙が弾け飛ぶ程の実験を開始する…。


宇宙創成編

ビッグバンミッションにて、再び姿を現す。
前回とは服装が異なり、ポニーテールだった髪はほどき、肩まで伸ばしていた。さらには黒いジャケット。眼鏡も変わっている。

そんな彼のもとにはあらゆる時代の強敵達、そしてトワの姿。
さらには回収した宇宙の種を時の狭間で育て、宇宙樹を育て上げる。その根を12の宇宙全てに伸ばし、エネルギーを吸い上げ育てていた。
そして時の鳥「トキトキ」とは正反対の災いの鳥「ドギドギ」を連れ、孫悟空達やタイムパトロール、破壊神達をも巻き込んだビッグバンミッションを実行する。

破壊神が不可侵な時の狭間にて、孫悟空の妨害の為、パワーアップしたターレスボージャック等、そして、地獄にてDr.ダブリューに改造されたジャネンバを差し向け、彼らの進軍を阻むが、元暗黒帝国軍のサルサやプティン、そして、我が覇道を歩まんとする魔神ドミグラ達の協力によりたどり着いた孫悟空とベジータと交戦。

かつてカンバーが使用した悪の気で悟空等を暴走させるが、彼らはポタラを使用しベジットに合体。彼らの反撃を食らう。
このときの、それまで彼の中に無かった戦いを楽しむ感情が生まれるのだが…。

ベジットとの戦いの最中、遂に宇宙樹が完成。新たな宇宙の誕生に胸を踊らせるフューであったが、突如宇宙樹が輝きを失う。
彼の計画は、超ドラゴンボールを利用した破壊神等により、阻止されてしまったのであった。

超ドラゴンボールにより全エネルギーを失った宇宙樹を前に怒り狂うフューであったが、突如そこへトワ達が集めていた暗黒因子が彼を飲み込む。
そこで自身の過去の全てを思い出す。
そして精神世界にてかつての暗黒王、メチカブラと邂逅を果たす。
フューを器に再び世に君臨することを目論む暗黒王メチカブラであったが、フューの潜在能力は計り知れず力の全てを奪われ、メチカブラの意識は消滅。

そして、フューは新たな暗黒の王へと変貌を遂げる。

その後、自らの母・トワから暗黒魔界の再建を提案されるが、フュー自身は興味を示さず、自身の膨大なエネルギーを使用し宇宙樹を復活させようとするが、ベジット、さらに超フルパワーサイヤ人4・限界突破ベジット:ゼノと対峙。
まだ覚醒しきっていない力で彼らとの戦いを楽しむ。


が、そこに割り込んできた超フルパワーサイヤ人4・限界突破ブロリーにより相手を奪われ戦いを中断。宇宙樹復活に専念する。


そして宇宙樹が完成し、宇宙誕生を目の当たりにしようとしたその時、再びベジット:ゼノが現れ激突。さらには魔神ドミグラの発動した時の迷宮に封印される。
しかし、この程度で終わる彼ではなく、"暗黒王フュー"の解放は刻一刻と迫っている。


新時空大戦編

長らく封印されていた彼であったが、宇宙モドキから脱出してきた孫悟空の前に姿をあらわす。
その容姿は幼き頃の身体へと戻っており、右頬には暗黒王の紋様の一部、そして片方のみの黒い羽根がある。

彼は、時の迷宮(タイムラビリンス)から脱出する際、ドギドギの力を利用。
封印を強引に破壊するも、それが原因でドキドキと融合。さらには子どもの姿へと変貌してしまったが、その強大な潜在能力は桁違いにあがっており、孫悟空にベジータ、超フルパワーサイヤ人4・限界突破の孫悟空:ゼノにベジータ:ゼノの4人を寄せ付けない程。

しかし、彼らによる融合戦士ゴジータ:BMゴジータ:ゼノの猛攻を受ける。

それによりさらに力を解放。背中には両翼、さらには自身の気で生成した剣を携え、フュージョンがきれてしまったベジータとベジータ:ゼノを異空間へと飛ばしフュージョンを封じる。

お次は孫悟空たちと思いきや、駆けつけた時の界王神によって阻まれる。
そして彼女の助力のもと、互いの気を融合させた2人の孫悟空による反撃が始まる。
彼らのかめはめ波はフューの防御を突破し直撃。しかし、それでも傷一つ着かなかった。
そして、自身の実験を邪魔する孫悟空達を本格的に排除する為、宇宙樹から全てのエネルギー、即ち全宇宙から集めた戦闘エネルギーを身に纏い彼らを攻撃。
宇宙の成り立ちを知りたい彼の好奇心は、その邪悪な力を増長させ、それを羽根のように携える。
時の界王神を庇った孫悟空:ゼノを吹き飛ばし、さらに追い打ちをかけようとするが、孫悟空に止められ、エネルギーの羽根を切り取られる。
が、その力は孫悟空の身体を蝕む。彼の肉体では制御出来ず、朽ちてしまう。
かと思いきや、孫悟空は宇宙樹のエネルギーを制御。超サイヤ人ブルーに宇宙のエネルギーを纏った孫悟空と、フューとの最終決戦へ。


いくらでも喰らい着いてくる孫悟空と激戦を繰り広げるフュー。次第に孫悟空の勢いが強まっていく。だが、彼の猛攻に怯むことなくフューは巨大なエネルギー弾を彼に投げつける。実験の邪魔者を何人たりとも許さない彼の攻撃は、孫悟空渾身のかめはめ波で押し返されてしまう。
それを喰らったフューは、その力にまだ可能性があることを見い出すと喜びの表情を浮かべ、姿を消した。

全宇宙に根を張っていた宇宙樹。エネルギーを失ったそれはトキトキの力により消滅。宇宙は元の姿へ。

こうして、彼の実験は終わりを迎えた。




彼の消息は掴めていないが、生きているのであればまたいつか実験の再開をすることにだろう。

が、それが可能かどうかはわからない…。

余談

初登場となったドラゴンボールオンラインは日本版が配信されなかった為、ファンの間では彼の名前の「Fu」の読みが「フー」なのか「フュー」なのかで曖昧であった。だが後に同作のデザインに関わった幹大樹氏が自身のTwitter(外部リンク)にて「フュー」であると明かし確定した。またその際「フュー」のネーミングは原作者・鳥山明氏によるもので由来は「future」であり、トワ(永遠)、ミラ(未来)含め彼ら3人は時間に関する言葉から由来が来ている事も明らかにされた。

担当声優の山口勝平氏は実写映画DRAGONBALLEVOLUTION』で孫悟空の日本語吹替を担当している。

関連イラスト

梅雨入り
フュー君⭐


フュー君とシャメル君のイラストまとめ!



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール超
ドラゴンボールゼノバース2 スーパードラゴンボールヒーローズ
暗黒魔界 トワ ミラ  ダーブラ

関連記事

親記事

暗黒魔界 あんこくまかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 197583

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました