ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ボージャック

ぼーじゃっく

ボージャックとは、劇場版アニメ「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」に登場するキャラクターである。
目次 [非表示]

概要

CV:玄田哲章


かつて銀河を荒らしまわっていたヘラー一族の生き残りのリーダーである。

4人の界王によって封印されていたが、セルとの戦いの際、北の界王が死亡したことでその封印が解け、4人の部下達と共に「天下一大武道大会」を乗っ取った。


自らの為に仲間すら盾にする冷酷で残忍な性格の持ち主。


名前の由来は「傍若無人」から。


戦闘力

通常状態では橙色の長髪に濃い青色の肌をしている。

この状態でも超サイヤ人に変身した孫悟飯やベジータを上回る。

そこから更にパワーアップした姿は黄緑色の肌と赤色の髪となる。


来歴

銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

北の界王死亡後に天下一大武道会を乗っ取り、ミスター・サタンの弟子として部下のゴクアザンギャビドーブージンの4人を

クリリン孫悟飯トランクス達に仕向け激闘を繰り広げる。


ヤムチャ天津飯に加え、ピッコロベジータも参戦し彼らを圧倒するが、あの世から瞬間移動で現れた孫悟空に一撃を見舞われ、彼に叱咤され超サイヤ人2に覚醒した孫悟飯によって倒された。



復活のフュージョン!!悟空とベジータ

フリーザらと共に地獄から復活していた。


ゲームにて

ドラゴンボールヒーローズ

2弾からアルティメットレアとして登場。

必殺技は超サイヤ人2の孫悟飯に使用した『ギャラクティックバスター』。

ギャラクシーミッション2弾では、1枚だけしか存在しない『残忍な盾』という貴重なアビリティを所有している。


スーパードラゴンボールヒーローズ

ビッグバンミッション2弾にて新衣装で再登場。

アニメでは、カメオ出演を除いて「銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」から実に27年ぶりの登場となった。

頭にはバンダナをハチマキのように巻き、髪がほぼ露わに。サラサラだった髪型は刺々しくかなり変化している。変身すると、以前と同様頭髪と肌の色が変化する。

孫悟飯に敗北する前の時空からフューによって連れてこられた存在でターレスに喧嘩をふっかっけるあたり、やはりサイヤ人に怨みを持っている。その戦闘力は超サイヤ人ブルーと渡り合えるぐらいに進化している。

孫悟飯との闘いでは自分の未熟さを痛感した彼は修行によりその戦闘力を増大させており、以前とは比べ物にならない程パワーアップを遂げている。


孫悟飯との決着、そして一族再興の為フューの計画に加担。宇宙樹の前にてターレスとともに孫悟空とベジータと戦う。ベジータと渡り合うも、フューの横やりによって気分を害し、ターレスとともに撤退。


その後、宇宙モドキに取り込まれた際に、遂に孫悟飯と相対する。

お互い以前よりパワーアップした戦闘力で激戦を繰り広げ、結果、孫悟飯の潜在能力が上回る形で決着。

敗北した際には素直に敗けを認め息を引き取った。


ちなみにビッグバンミッション12弾では悟飯に関係する映画のミッション『フィルム悟飯』のゴットボスで登場した。バトル開始時、『孫悟空』全てのアビリティ、カードアクションアビリティを封印する能力を持ち、固定戦闘力、倍増効果を無効化する。さらに必殺技を封印されると全員にチャージインパクト勝利でダメージが+3000する。ボージャックがチャージインパクト勝利すると自身の与えるダメージが1.2倍となり、相手の被ダメージが1.2倍となる。ボージャックのカードアクションアビリティの効果は相手の受けるダメージが2倍&超強力な気力ダメージを与える効果である。


そしてウルトラゴットミッションの時の界王神編に超時空トーナメントの出場者として登場した。


演者について

ボージャックを演じた玄田哲章氏は、後に復活のフュージョン!!悟空とベジータジャネンバも演じており、クウラブロリーのような同一キャラ以外で劇場版のボスキャラを2回演じたのは現時点で彼のみである。


関連イラスト

血に飢えたAKUMAじゃ・・・銀河の悪魔


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ

銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

ゴクア ザンギャ ビドー ブージン

関連記事

親記事

ボージャック一味 ぼーじゃっくいちみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213776

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました