ピクシブ百科事典

クリリン

くりりん

クリリンとは、漫画『ドラゴンボール』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:田中真弓

主人公・孫悟空ドラゴンボール探しの旅を終え、亀仙人の下で修業を始めた頃に登場し、共に亀仙流を学ぶ兄弟弟子となる。

キャラクターとしての参入こそブルマヤムチャよりも遅いものの、悟空とは長らく苦楽を共にし、彼にとっての無二の親友となっていく。

人物像

AGE736、10月29日生まれ。初登場時の年齢は13歳で、悟空よりも1歳年上。

頭は剃髪し、額に6つの点の印がある。これは彼が亀仙流に入門する以前に身を置いていた「多林寺(おおりんじ)」の僧侶たちの共通した姿である。魔人ブウ編の頃には髪を伸ばしており、あまりの変りように悟飯がその場で読者(視聴者)にわざわざ説明を挟んでいる。『復活の「F」』以降では、戦いに赴く際にその都度気を引き締めるために改めて剃髪する場面がある。

瞳は点のように小さく鼻がないなど、他の人間のキャラクターたちに比べデフォルメされた顔立ちで描かれている。アニメでは、目の輪郭線だけを残して白目部分まで肌色に塗られている。また、鼻に関しては単に省略されているわけではなく鼻そのものが無いらしく、作中で対戦相手の酷い体臭に苦悶しピンチに陥った際、応援する悟空から鼻が無いことを指摘されて形勢を逆転し勝利している。ただ、どういうわけか鼻が無いのに鼻くそを飛ばしたことがある

背が低く、登場初期の背丈は一歳年下の悟空と同程度(悟空も齢の割に小柄である)だったが、その後、青年期に入り多少なり身長は伸びたものの、急成長した悟空とは頭二つほどまで差が付けられてしまった。

当初は天真爛漫・純真無垢な悟空とは対照的なずる賢い性格で、「武天老師」こと亀仙人に気に入られるために露骨に媚びを売ったり、修行中に悟空を騙して手柄を横取りしようとしたりなどの卑怯な手段をとることもあったが、修行を通して次第に丸くなり、武道家としても人間としても大きく成長する。

立ち位置について

多林寺で修行していたが仲間たちからチビだチビだとバカにされ、強くなってモテるために亀仙人に弟子入りした。
それ以降は悟空の無二の親友という立場に。クリリンが殺された際にはいずれも悟空は凄まじい怒りを見せている。
悟空の不在時には悟飯の保護者兼兄貴分として行動を共にすることが多い。
人当たりが良く、元敵であるピッコロベジータと成り行きで協力することになった際には率先して歩み寄る姿勢を見せるなど、Z戦士の中でも特に多くの仲間と信頼関係を築いている。
ギャグキャラとしての場面も多く、ヤムチャ同様三枚目的なポジションを担うことも少なくない。

戦闘面では強敵を倒すなどの目立った活躍が描かれることは少なく、小柄な体と持ち前の臆病さから敵からほぼ必ず悟空達の中で一番弱いと見下されることがあるが、第23回天下一武道会ではピッコロに敗れるも善戦し、気円斬の予想外の切れ味でナッパに傷を負わせたり、フリーザ(第2形態)の尻尾を切断するなど、遥か格上の実力者相手にも食らいつく活躍を所々で見せた。
単純なパワーや格闘センスでは流石にサイヤ人などには遠く及ばないものの、気のコントロールが非常に上手く、亀仙流の人間では最初に舞空術を会得し周囲を驚かせた。また持ち前のずる賢さもあってか頭の回転が速く、第22回天下一武道会準決勝での悟空との対決では既に実力に大きな開きがあったにもかかわらず数々の作戦を交えることで善戦している。
しかし超サイヤ人とそれをさらに上回る戦闘力を持った敵が登場してからは流石に戦闘力のインフレについていけず、まともにバトルシーンを披露することはなくなった。
またお調子者で相手を外見で判断して見下し、返り討ちに遭うことが多いのも敗因の一つとなっている(対ラディッツなど)。
劇場版では毎度のごとく真っ先にぶっ飛ばされ、やられることが多くその度に「なんで俺だけ…」と言うのがお約束。しかし映画の出演回数は全19作中16作と非常に多く、皆勤の悟空を除けばなんと亀仙人と並んで最多出演である(ちなみに未出演3作の内2作はクリリンが初登場する前の最初のドラゴンボール探しの旅のリメイクである『神龍の伝説』と『最強への道』であり、物語の時系列的にクリリンが存在している作品で出ていないのは『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』1作のみである)。初期の作品では悟空の救援に駆けつけたり(ある意味後のベジータポジション)、一線を退いた後も非戦闘員や気絶した仲間の救助を行うなど、サポート面での活躍シーンは決して少なくない。亀仙人はZの映画シリーズでは1、2シーン程度のチョイ役で出番が終わってしまう作品が少なくなく(『超サイヤ人だ孫悟空』、『とびっきりの最強対最強』など)、ヤムチャ天津飯チャオズなどは映画の出演自体がかなり少ないため、それを考えれば脇役としては圧倒的に出番に恵まれていると言える。最新作の『復活の「F」』では、久しぶりに戦士として活躍する姿が描かれた。

職業は長いこと不明だったが、『復活の「F」』で実は警察官をやっていた事が判明した。
ちなみに2回試験に落ちたらしいが、何故地球人最強であり、知能もそれなりにあってそんなに落ちたのかは不明。
なお、劇場特典の完全書き下ろし設定集によれば、警官としては超優秀で「クリリンのおかげで管内の犯罪は激減した」とのこと。悟飯をはじめ、超人的な力を社会生活の中で使うことを嫌うキャラが多い中、自分の能力を長所として活かし(スピード違反の車を高速移動で先回りして止めたり、強盗犯を1人で鎮圧したりしている)、器用に立ち回っている数少ない人物である。

恋愛

モテたいという動機で修業を始めたにもかかわらず長らく女に縁が無かったクリリンだったが、人造人間編にて18号にほっぺにキスされたことがきっかけに、彼女に対して恋心を持ってしまう。
その後はいろいろと健気なアプローチを経てついに結婚し、娘のマーロンを持つに至る。結婚後も妻に対してはさん付け
作中でも言及されているが、18号(と17号)は16号のような機械ベースの人造人間ではなく、生身の人間を生体パーツで改造したバイオサイボーグであり、後に女性としての機能も健在であることが明かされた。
なお、劇中で「男性が女性に思いを寄せる」というパターンの恋愛をしていたのはクリリンだけだったりする。しかし魔人ブウ編では天下一武道会に備えて夫婦で組み手を行ったり、妻と娘を守るために魔人ブウに単身挑みかかるなど家族の絆を窺わせる描写があり、『復活の「F」』ではフリーザ軍との戦いに赴く姿を18号に「かっこいい」と評されるなど、なんだかんだで夫婦仲は円満である様子。

余談

「最強の地球人」について

戦闘力が低いと言ってもそれは『悟空たちや強大な敵と比べて』の話であり、クリリンやヤムチャも、地球人としてだけなら最強クラスといえる。
理由は

  • 人造人間は厳密には人間ではない(彼らはドクター・ゲロによる改造手術を受けた人間であるが、神龍の力をもってしても元に戻す事は不可能らしい)
  • 天津飯は地球人ではなく三つ目人の末裔である(ただしゲーム「サイヤ人来襲」では「地球人ストライク」という合わせ技で参加できてしまったりする)
  • そういった「地球人のように見えるが実は人外の類」を除いていくとクリリンたちがトップに立つ
というもの。
ただし、クリリン自身も鼻がないなどの「本当に地球人か?」というツッコミどころを抱えている。後にウーブという人物が現れた事により、地球人一位の座は譲ることになった。 

死にまくった男

彼を語る上で欠かせないのが、劇中での『死亡回数』である。

  1. ピッコロ大魔王の部下のタンバリンに殺される。
  2. フリーザのサイコキネシスで爆死
  3. 魔人ブウチョコにされて食べられる。
  4. GT」にて超17号に殺される。

このように、原作では3回、アニメでは4回も死亡し、その度に蘇っている。
多くの人物(主人公の悟空ですら)一度は死を迎えているドラゴンボールシリーズだが、ここまで何度も死亡したのは、クリリンくらいである(ちなみに次点は餃子の3回)。
中でもフリーザによって爆殺されるシーンは彼の死亡シーンの中でもかなり有名であり、特にアニメではかなり生々しく描かれているのでリアルタイムで見てトラウマになった視聴者もいるのではないだろうか。
神龍による死者の復活は一度までという制限のせいで悟空を絶望させたが、「ナメック星のドラゴンボールは自然死でない限り何度でも有効」という後付設定によって結局蘇っている。『超』ではこの死と、敵の恐怖で敵との闘いが純粋に怖いという様子も描写された。

『GT』の最終回では、ウミガメに「しかしクリリンさんもよく死にますねえ」と呆れられるというセルフパロディのようなギャグがあった(クリリンも、その時会った悟空に「俺また生き返ったんだ!」と報告している)。

関連イラスト

トビラ絵
カメハウスの前で


ナメック星の3人
伝説の超サイヤ人


悟空とクリリン
NLアンソロ(クリパチ)



関連タグ

ドラゴンボール
孫悟空 亀仙人 ヤムチャ ブルマ 亀仙流 天津飯 チャオズ
ピッコロ 孫悟飯 デンデ ベジータ 18号 マーロン
気円斬 かめはめ波 元気玉 太陽拳
クリリンのことか

pixivに投稿された作品 pixivで「クリリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3424057

コメント