ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マーロン

まーろん

マーロンは、『ドラゴンボール』の登場人物で、クリリンと人造人間18号の娘。(メイン画像中央の幼女)
目次 [非表示]

声:鈴木富子(『Z』、『GT』)、渡辺菜生子(『オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』、映画『神と神』)、牛田裕子(『』、『』)


概要

クリリン人造人間18号の間に生まれた女の子。幼少期にはクリリンに似て鼻がなかったが、成長すると鼻ができる。

名前の由来は「マロン()」から、なのだが…(後述)。


容姿

髪型は上方でリボンで二つ括りにしており、原作では最終回で髪止めが変わった他は髪型に変化はなかった。


マーロン

ドラゴンボールGT』ではお下げ髪になり前髪も下ろしており、帽子をかぶっている。


18号とマーロン

映画『ドラゴンボールZ 神と神』や『ドラゴンボール超』では18号の趣味を受けてかおかっぱ頭になり、18号とおそろいのファッションになっている。


活躍

エイジ771年に誕生。トランクスの5歳下、孫悟天の4歳下の年齢となる。


魔人ブウ編にて初登場。カメハウスに住むクリリンの元へ、悟飯天下一武道会の件を知らせに来た際、クリリンに手を繋がれていた。

この場面では特に詳しい説明はなかったものの、18号も当然のようにその場に居合わせており、彼女とクリリンの関係を暗示する意味深な形での初登場となった。


もちろん武道会には参加せず、その後のバビディ一味との戦いにも参戦しなかったが、魔人ブウ(悪)にチョコにされ食べられて死亡。この時の年齢は3歳前後と、同メンバーの中でも最年少にして死を経験することとなってしまった。


原作と変わらず、18号やクリリンと共にいるシーンが多いものの、非戦闘員キャラであるためか、特に目立った活躍はない。


……と思われていたが、宇宙サバイバル編の第94話にて叔父の人造人間17号と面会し、「力の大会」閉幕まで、彼の現在の仕事である自然保護官の仕事を、トランクス悟天と共に代行する場面が描かれた。

17号の保護区域は、常日頃から凶悪な密猟者が貴重な生物資源を狙っているうえ、保護対象の生物側も恐竜やモンスターがウヨウヨいるという魔境の島。

そんな危険な場所の防衛を、18号はそれほど心配する様子もなく頼み(クリリンの方も心配する様子は見せているものの、結局は任せている)、マーロンの方も怖がりもせずに笑顔で引き受けているため、少なくとも並みの密猟者やモンスターなら蹴散らせるほどの実力は持っていることが分かる。

18号曰く、「クリリンが思っているよりずっとタフだ」。


余談

  • マロンとマーロン

アニメ『ドラゴンボールZ』のオリジナルストーリー魔凶星編において、クリリンにはかつて「マロン」というガールフレンドがいたため、クリリンは元カノの名前に似た名前を自分の娘に付けたと言われがちである。


ただし実際は、鳥山が「単にクリリン(栗)の子どもですのでそのままマロンからとった」と説明しており(ドラゴンボール完全版公式ガイド 人造人間編~魔人ブウ編)、この説は完全なガセネタであるので注意されたい。


アニメ『ドラゴンボール超』では、17号がマーロンを「マロン」と呼び間違えた際、18号は「次間違えたら殺す」と言うほどキレていたため、しばしば元カノの存在が考察されている。

ただし、鳥山が深く監修する漫画版ドラゴンボール超ではこれらのやり取りは一切無いため、当然マロンの存在そのものが一切示唆されていない。

(上記のシーンは単なるアニメ版スタッフの遊び心であると思わるが、クリリンからすればあらぬ疑いをかけられているため同情するほかない…)



関連イラスト

pixivでは、クリリンや18号と一緒のイラストが多いが、原作では接点がない叔父人造人間17号と一緒に描かれることもある。→ナナマロ


クリリン一家17号とマーロン

父の日2014空中散歩


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール超

クリリン 人造人間18号 人造人間17号

パン ブラ 孫悟天 トランクス(ドラゴンボール)


マロン

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2417998

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました