ピクシブ百科事典

目次[非表示]

『同じ条件なら・・・俺達が勝つ!!!』

CV出演作品
藤田淑子1991年版のテレビアニメ、ゲーム「ジャンプフォース
種﨑敦美 2020年版のテレビアニメ

概要

赤子の時に流れ着いた孤島デルムリン島鬼面道士ブラスなどのモンスターたちに育てられた少年。年齢は12歳。

ブラスからは魔法使いになり勇者を支えるように言われるが、実際は勇者に憧れており、将来立派な勇者になることを目指していた。魔王ハドラーの復活、アバン先生ポップとの出会いをきっかけに魔王軍との戦いに乗り出す。当初は自力で呪文を唱えることが出来ず、剣術もニセ勇者一行に負けてしまうなど未熟であった。しかし額に「竜の紋章」が輝いた時、超人的な力を発揮し高位の呪文まで扱えるようになるなど不可思議な能力を持つ。

旅先で多くの人と出会い、魔法の修行や剣の修行を受け、新たなる技を生み出し、紋章の力も自由に使えるようになったことで大魔王バーンに唯一太刀打ち出来る唯一の存在にまで成長を遂げた。

戦いの中で、自分の出生の秘密を知り、己が出自の特殊性を理解すると同時に、自分自身を異端視し恐れる人間の姿をも目の当たりにし「みんなとは違う(人間ではない)」ことに苦悩するようになる。 その後、同じく異端視され迫害された生き別れだった実父との確執や幾多な戦いを経て、人間が善悪の両面を併せ持つ存在であることを理解した上で守るべきものとして受け入れ、強い人間愛と勇者としての使命に目覚めていく。
後に人間と対等に(というか偉そうに)振る舞うチウの姿を見て「自分が人間ではない」ことを気にしなくなった。

人物像

怪物島のデルムリン島で育った事もあってなのか、かなり柔軟な思考の持ち主であり、人・モンスター・魔族を決して差別したりせず、分け隔てなく接することができる。しかしデルムリン島では一般的な教育を受けていなかったためか識字率は低く『アバンの書』やダイの剣の説明書などは解読が出来ずレオナに読んでもらっていた。(劇中の文字は日本語が使われており書いていたメモやアバンの書の読み方から漢字全般が読めないと思われる、本人もそれを気にしていたのか、戦いが終わった後は勉強もしようと思っていたらしい)
「勇者」には憧れていたものの、その肩書にこだわりは全くなく、“自分だけの称号”として独占する気はさらさらない。それどころか二人だって、三人だって……百人いたっていいんだから!」とすら考えている。
恋愛に関しては割とドライであり、他人の恋愛沙汰にはなるべく干渉しない主義である様子(マァムに一目惚れしたポップをからかった事はあった)。パプニカ王国のレオナは魔物達と共に育ったダイにとって最初に友達になった人間。それだけに彼女に対する想いは非常に強く、フレイザードなど彼女に手を出した敵に対しては絶対に許さないと強い怒りを露わにしている。ダイが紋章の力を発揮する時は大抵レオナが関わっている時である。
その一方で三角関係など人間関係が拗れる形に関してはむしろ忌避感があり、決戦前にマァム、エイミ、ヒュンケル、ポップの多角関係を目の当たりにした際は進展を据え置きしたがっていた。この点は、ある事情で仲間が一時離脱する際、その関係を後押しして当人のみだけでなくその関係者も離脱させた師のアバンとは対照的である。

また、普段は見せないが自分自身に関わる事柄に関してはせっかちな面があり、思考の道筋は彼が最もその思想に反した「強さ」を基準にするバーンに近い。と言っても気質がバーンに近いと言うよりも、自分の正体とその使命、多感な時期の経験を戦争で埋めて平穏な世界で戦わずに生産的な経験を得られなかったが故の悲劇である。

アバンの使徒として司る魂の力は『勇気』、魂の色は『青』。
………と思われていたが、実際に司っていた魂の力は■■

大破邪呪文(ミナカトール)発動の際に、自分を含めヒュンケル、レオナ、マァムが しるしを輝かせることに成功しているのに一人輝かせることができず『(しるしを輝かせられない) 俺なんかのせいで、全員が死んじまうなんて 耐えられねぇよ・・・』と悩むポップに 『俺に【最後の勇気を与えてくれた】のは、ポップじゃないか!』と いつも自分を精神的に支え背中を押してくれた彼を精神的に支えている。

技・呪文

  • アバン流刀殺法
  • ダイオリジナル技
  • 番外
    • ギガブレイク
      • 電撃呪文の魔法剣にしてバランの技。ダイ自身がレベル不足なのでライデインで代用した為、正確にはライデインブレイクである。 ※なお、バランもMPを消耗してしまったため 一度だけライデインで代用したことがある。
    • 竜闘気(ドラゴニックオーラ) 
      • 竜の騎士が生み出す闘気の鎧。ダイ自身の成長により任意で発動可能になってからは、武器に纏わせたり、垂直に発動させてカラミティウォールを退けている。
    • 闘気剣(オーラブレード) 
      • ノヴァから学んで習得。これを発展させて上記のアバンストラッシュXを考案した。 新たな能力が覚醒した後の終盤でのダイの斬撃は常時ドルオーラの闘気剣状態であるらしい。(バーンとの再戦時の鍔迫り合いで折れなかったのはこの為)…なにそれ怖い。


呪文


その他、キラーマシン(賢者バロン)戦やダイ爆発ではバギクロスを、最初のハドラー戦ではヒャダインを発動させた。

装備

武器

  • 檜の棒
    • 片刃剣状に加工がされたもの。ゴメ救出の際に持っていった装備ででろりん鋼鉄の剣により、真っ二つに斬られてしまった。
    • ダイ爆発!(劇場版第一作)でも愛用しており、島に上陸し仲間達に危害を加えようとしたパプニカ兵士達を相手にしていた。
  • 兵士の槍
    • 一般的に普及している槍。パプニカ兵から借りてデルムリン島に現れた魔のサソリを退治する時に使用したが、外殻が堅すぎて貫通できず折れてしまった。
  • パプニカのナイフ(太陽)
    • 美しい宝珠が填め込まれたナイフ。魔法の契約はできたけど使用できない状態のダイのために『せめて、武器くらいは いいの持っておきなさいな』レオナから貰ったもので大切な宝物。デルムリン島に現れた魔のサソリキラーマシンを撃退し、アバン流刀殺法の修行もこれで行っていた。ロモス王国のシナナ王から装備を一式貰ってからはサブウェポンとして機能する。記憶を失った中でダイの記憶を呼び覚ますものとしても活躍。竜騎将バラン戦では唯一身に着けていた武器として使用されたものの、紋章を右手に移動させたことで竜闘気の出力が増していたため、有効打を与える前に刀身が砕けてしまった。
  • パプニカのナイフ(風)
    • テランからの帰国後、レオナから貰った最後の一振り。ミストバーン、ハドラー親衛騎団との戦闘やロン・ベルクとの特訓でも使用した。のちにバーンパレスにてレオナに返還し彼女の護身用武器として持たせた。
  • パプニカのナイフ(金)
    • 劇場第一作で、デルムリン島の地の奥深くに潜む邪神像との戦闘時に使用。邪神像撃破後、レオナから『命を救ってくれたお礼に』と賜った。
  • アバンの剣
    • 師「アバン」が携えていた剣。ハドラーと戦闘の際に使用し、未完成状態のアバンストラッシュを放ち撃退した。のちにアバンの墓標として立てられた。
  • 伝説の名剣(大嘘)
    • デルムリン島で修行をしている時にアバンから借りたもの。ガーゴイルを撃退したが大地斬の訓練中に折れてしまった。古道具屋にて10Gで買った安物でありダイは最後まで名剣と思い込んでいたが実際は剣の質にとらわれないダイの隠された潜在能力の表れによるものであった。
  • 鋼鉄の剣
    • クロコダイン戦にて使用、後にロモス王から賜りヒュンケル戦~バラン戦まで使用した。ヒュンケル戦では新たな戦闘術【魔法剣】を生み出し、フレイザード戦では空裂斬を習得しアバンストラッシュを完成させる。 不死騎団、氷炎魔団、魔影軍団、妖魔師団との激戦を潜り抜けてきたため刀身の耐久値が限界を迎えてしまいベンガーナを襲撃してきた超竜軍団のヒドラとの戦闘時に折れてしまう。その後テラン王国の「竜の神殿」を訪れる前にレオナがデパートで購入していた新品を受け取るが、直後のバランとの戦闘後新たに目覚めた力の効果により並の武器は使えないと言う事からギガデインの依り代になったのがメインウェポンとしての最後の活躍となった。 その後は、ダイの特訓の相棒として活躍をみせる。 ダイの体格に合わせて小ぶりな大きさとなっている。 ※アニメ2020年版では、でろりんとの戦闘時にロモス兵が落としたものを拝借して使用している。
  • ドラゴンキラー
    • ドラゴンの皮膚を容易く貫く業物。デパートのオークションで落札できなかったが、折れた鋼鉄の剣に代わってベンガーナを襲撃してきたヒドラと戦う時に使用し見事撃退するも直後に現れたキルバーンによって塵になってしまった。
  • 絆の剣(アニメ版)
    • 1991年版アニメの最終回にてダイが仲間たちへの想いから生み出した武器。名前は飽くまで仮称。
  • 鎧の魔剣
    • 竜魔人となったバランを倒すためにヒュンケルから渡された。彼の持つ真魔剛竜剣の刀身をライデインストラッシュで折った。魔剣はダイの竜闘気に耐え切れず砕け散ってしまったが、『真魔剛竜剣の刀身を折った』ということを聞いたロン・ベルクは狂喜乱舞した。この事がきっかけでダイは武器を製作してもらえることになった。また鎧の魔剣は「~ぶちやぶれ!!新生6大将軍~」でも使用している。
  • 覇者の剣
    • 超魔生物に変身したザムザを倒すために使用した武器。使用後は竜闘気に耐え切れずボロボロになってしまう。ザムザ曰く「精巧に作られた偽物」でありダイの全力で使用しても砕けなかった辺り武器としての完成度は高い代物であったことがわかる。
  • ダイの剣
    • ロン・ベルクに製作してもらった世界でただ一つのダイ専用武器。超魔生物となったハドラーや大魔王バーンと戦闘を繰り広げる。バーンとの最初の戦闘で一度は折られてしまうが、ロン・ベルクの手によって修復され、新造された鞘で魔法剣の威力を底上げする能力が追加された。ダイ専用のためサイズは小ぶりであるがかなりの重量があり、武道家として鍛えられているチウですらも持ち上げるのに手こずっていた。


防具

  • 布の服
    • 愛用している青色の衣服。動きやすいように袖が取り払われている
  • くさりかたびら
    • 地底魔城に乗り込む前にバダックから貰ったもの。使い古しだったため、夜なべして修理し装備した。
  • 鋼のプロテクター
    • ロモス王から貰った装備の一つ。肩と左胸を守るプロテクター。ヒュンケルとの二度にわたる激戦でボロボロになるも、バダックによって新品同然に修理してもらい、レオナ救出作戦時まで活躍した。
  • 鉄の盾
    • ロモス王から貰った装備の一つ。ダイ用に設計された小型・円型のもので、非戦闘時は背負っている。港町ソフィアでの妖魔師団との戦闘で活躍したが、ヒュンケルのアバンストラッシュを受け粉々に砕け散ってしまう。
  • 騎士の鎧
    • ベンガーナで購入した鎧。防御力は高くなったが、成人用の鎧を子供のダイが無理やり装備した結果、階段を降りるのにも苦労するほど動きづらく持ち前の身体能力を活かせなくなってしまった。モンスター襲来の際に分解して部分的に纏う事で軽量化し、身体能力を活かした戦闘を繰り広げた。 ※1991年版アニメの時には試着完了後の姿を見たポップは、思わず『・・・玩具じゃないんだぞ;?』と呟いてしまった。バランのギガブレイクを受けてしまい破壊されてしまう。
  • 魔法の闘衣
    • 風のナイフ同様、レオナから贈られたもの。攻撃魔法などのダメージを和らげる効果を持つ闘衣で、竜闘気の出力にも耐えうる強度と動きやすさを両立している。決戦まで着用。
  • アバンのしるし
    • アバンから贈られた装飾品。美しい輝きを持つ宝珠が付いている。


道具

  • 魔法の筒
    • 「イルイル」の呪文で対象を筒の中に入れられて、「デルパ」の呪文で対象を筒から出すことができる。対象は魔物だけではなく人間を入れることも可能。ゴメちゃん救出作戦時にのみ使用し、大魔王討伐の旅においては携帯していない。1991年版では金色のみだったが、2020年版では青色のものも登場した。
  • 神魔水
    • ベルナの森に満ちている瘴気を除ける効果を持つ水。※劇場用作品「ぶちやぶれ!新生6大将軍」にて使用。
  • 涙のどんぐり
    • チウから貰った回復アイテム。雀の涙ほどの回復効果を持つ木の実。
  • 夢見の実
    • メルルから貰った木の実。短時間で睡眠に就くことができ、疲労回復ができる効果を持っている。【美しい心を持つ者なら、自分が一番見たい夢を見ることができる】という言い伝えがある。
  • カンテラ
    • ごく一般的なカンテラ。 劇場版第一作にて使用。『この島に、悪い怪物(モンスター)がいないかどうかを調べる!』と意気込むレオナと夜のデルムリン島の冒険に同行する際に持ち出した。
  • スラまん
    • 2020年版アニメで、レオナから御馳走になったスライムデザインの饅頭菓子(かつてファミマで売られていたスライム肉まんと違い本体の皮の色は無着色なので白色)。ダイは最初「スライム、食べて平気なの?」とおっかなびっくりだったがレオナからスライムを模しただけのお菓子だと説明されて試食。※なおポップが食べたスラまんの中にはちいさなメダルが景品として入っており、ポップが引き当てた時にはデパ地下の店員さんに『おめでとうございます!ちいさなメダルGET‼️』とお祝いされていた。(ポップの運の良さの数値は当時のレベルの時点で216。)


立体物

タカラ「冒険の勇者」シリーズにラインナップ。鋼のプロテクター仕様で販売され、魔法の闘衣仕様は限定版で販売された。※魔法の闘衣仕様には、ダイの剣が同梱する。

ダイコロシリーズにラインナップ。布の服、鋼のプロテクター、騎士の鎧で各々立体化された
。※現在、入手困難

ソフトフィギュアシリーズにラインナップ。※現在、入手困難

アクションフィギュアシリーズ「figma」にラインナップすることが決定。仕様は、魔法の闘衣を纏った姿になっていて、友達のゴメが同梱する。オプションに表情変更用パーツ、ハンドパーツ、ダイの剣、アバンストラッシュ用エフェクトパーツが付属する。 ※グッドスマイルカンパニーオンラインで購入すると、パプニカのナイフ(風)がボーナスパーツとして追加される。

ねんどろいどシリーズにラインナップすることが決定。仕様は、魔法の闘衣を纏った姿で友達のゴメが付属する。表情パーツ、ハンドパーツ、ダイの剣、アバンストラッシュ用エフェクトパーツが同梱する。

名前について

「ダイ」の名前の由来は「dinosaur(恐竜)」から。
原作者曰く「に関する名前を主役に使いたいと思った」とのことで、dinoをラテン語っぽく発音したものらしい。名前は揺り籠に付いていた名札から読み取れる部分が【D】だけだったため、ブラスが『せめて頭文字だけでも同じように…』と【ダイ(DI)】と名付けた。

北米版では、ダイは死を意味する【die】に発音が通じてしまうため、フライ(fly)になっている。

他作品への出演

本家ドラクエではスマートフォンアプリ『星のドラゴンクエスト』のコラボイベントで参戦。

その後はオールスター作品のアプリ『週刊少年ジャンプ オレコレクション!!』『ジャンプチヒーローズ』に追加参戦。今までのオールスター作品では著作権の関係で参戦出来なかった為に、今回が待望のお祭りゲーム初登場となった。

2019年に発売された『ジャンプフォース』でコンシューマゲーム初参戦。戦闘前の掛け合いでは魔法が使えないアスタから「勇者って魔法も剣も使えるのか!? ヤミ団長ヤミ・スケヒロ)みたいでスッゲーなあ!」と言われて照れたり、ボア・ハンコック相手に戦いづらそうにしていたりしている(もっとも、向こうからはある理由恐怖を抱かれていたが)。境遇が似ているゴンとは速攻で意気投合している。
必殺技の形とか元ネタの絵師とかいろいろ共通点が多いドラゴンボール勢とも絡みが多い。
余談であるが、本作がダイを演じた藤田淑子氏の遺作でもある。

何度かコラボが行われた『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』では多くのコラボキャラが実装されたが、ダイ本人は登場せず、名前のみの登場であった。だが、2020年11月16日にアバンの使徒ダイとしてまさかの実装。言うまでもなくモンスターズシリーズに参入したのは当然今回が初。系統はドラゴン系。

2020年11月にはドラゴンクエストウォークにも登場。本家4のメンバー以来となる音声付きでの登場となった。ダイは絆レベルを上げていく程に大地斬→海波斬→アバンストラッシュと強力な技を習得していき、ボス戦では非常に頼りになる援軍キャラとして活躍した他、限定装備として「ダイシリーズ」の武具が登場。全て揃うと最初期のダイと同じ格好になれた。

関連イラスト

記事分割前の「ダイ」のタグで投稿されている作品が多い。

ダイの大冒険
きみを待ってる


ダイの大冒険
Dai & Leona



関連タグ

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ダイ大 アバンの使徒 勇者
ポップ(ダイの大冒険) マァム ヒュンケル レオナ姫 ゴメちゃん






































これより先、この勇者の正体と運命が記載されているため閲覧には注意されたし





















【明かされた出生】
その正体は、本来は存在しないはず(バランの発言より)の竜の騎士人間ハーフで本当の名前は『ディーノ(DINO)』。父はバラン、母はアルキード王国の王女ソアラ
毛髪色は父から引き継ぎ、顔立ちと目元は母から引き継いだ。本来ならばアルキード王国の王子として次期国王としての将来が約束された筈であったのだが、バランを妬んだ大臣達の策略で「バランは魔王のスパイである」という根も葉もないデマを流されてしまい、それを鵜呑みにした国王によってバランは追放(この当時はまだ魔王ハドラーの脅威から間もない頃という世相も反映していた事もあったと思われる)。その時ソアラが妊娠している事が判明、駆け落ち同然に付いていきテラン王国の片隅で密かに暮らしていた所でソアラが出産、ディーノ(ダイ)が誕生した。
なお、ディーノという名前はアルキードの言葉で「強き竜」を意味する。

ソアラお母さん



一年間は、幸せな日々を過ごせていたが…幸せは長くは続かなかった。
大臣の追っ手に潜伏先がバレてしまい、大人しく投降したバランは処刑、ディーノ(ダイ)は国外追放の憂き目に遭ってしまう(狂気に囚われていた国王も、流石に実の孫を殺す事は出来なかった)。

そして処刑当日…バランを庇ってソアラは死亡。よりにもよって実の娘の死を冒涜した国王に激怒したバランによって、アルキード王国は消滅。奇しくも同じ時、遠国に養子に出されるはずだったディーノ(ダイ)を乗せた船が大嵐に遭い転覆。辛くも一命を取り留めたディーノ(ダイ)は、デルムリン島に流されたのだった…。

【竜の騎士として】
バラン戦で記憶を奪われたことで、一時は自分が誰なのかさえ分からなくなってしまうが、ポップの死にショックを受けたことで記憶を取り戻し、紋章を額から右手の甲に移し力を完全に制御した。バランとの壮大な親子喧嘩の末、バランは『竜の血』にてポップを蘇生させる。※バラン曰く『敵に塩を送るのは、これが最初で最後』とのこと

バランとの戦いの後、レオナから貰ったパプニカのナイフを失い、ダイは自分の力に耐えられる剣を求める。ロモスの武術大会の優勝賞品が覇者の剣だったことを知り、そこへ居合わせたマァムに事情を話して観戦に徹する。しかしこれは妖魔学士ザムザがすり替えた偽物で、本物はハドラーに献上されていた。ザムザ撃破後、ポップの父ジャンクからの紹介でロン・ベルクに引き合わされ、昔ロモス王から授かった覇者の冠を元にダイの剣を作成してもらうことに。

ダイの剣の威力はすさまじく、パプニカ王国を教習した鬼岩城を大地斬で一刀両断にしてしまった。その後、息を吐く暇もなく超魔生物となったハドラーとの戦いに突入。終始劣勢を余儀なくされる。
一度は敗れたがポップ達に救助されて復活を果たし、更にヒュンケルの命を懸けた説得によりバランが味方に加わった。わだかまりは解けなかったが親子の力を合わせて魔宮の門を砕き、バーンパレスに突入。そこでハドラーと死闘を繰り広げる。その時にバランの口から『息子の名前は妻と一緒に付けたもの』であること。そして『ディーノとは、アルキード王国の言葉で強き竜の者という意味が込められている』ことを教えられる。戦いの中で親子としての絆を取り戻したのもつかの間、ハドラーの体内にある『黒の核晶』をミストバーンが発動させてしまい、それを庇ったバランは命を落としてしまう……。

その場でバーンと初対決となるが、父の死のショックが抜けきれなかった事や、その時の力の差は歴然であった事が重なり、剣を折られて惨敗。一時は『勇者』の名の重圧に押し潰されそうになるも、その場にいた小さな子供の言葉と、ポップとの交流で何とか立ち直った。

大魔宮での最終決戦では、ハドラーと最後の決闘を快諾し、『アバンストラッシュX』『ギガストラッシュ』の二大超必殺技を駆使して辛くも撃破。死闘を制し合い、友情を育んだハドラーとは直後に死別してしまうが、師であるアバンと再会。そしてラーハルトと初めて対面し、部下(仲間)に迎え入れる。父との蟠りは無くなっていたが父の死はまだ引きずっていたため『ディーノ』は父を思い出すと言う理由からラーハルトには『ダイ』と呼んでほしいと頼んでいた。

バーンと決戦の直前、魔力炉とその管理人・ゴロアの思わぬ邪魔が入るも、先代の竜の騎士の死で継承されていた本来の紋章を左腕に宿しており、両手の甲に竜の紋章を発現させた「前代未聞の超能力」を発現させ大幅にレベルアップした。

勇者ダイ 竜騎将バラン



のちにバーンがダイの竜の紋章は、歴代竜の騎士から継承されたものではなくダイが最初から持っているものということが明かされる。そのため戦闘経験も魔法の術も0の状態で、ダイが自分で育てていき二つの闘気を使う超戦士として成長していった。 数々の敵との戦闘で幾多の技と魔法を身につけ、進化をし続ける姿を【小さな魔神】とキルバーンから称された。

【勇者の決断】
最終決戦の際、『余の…部下にならんか?』と、バーンからスカウトされる。
「大魔王を倒せば、地上の人達には一時的に『英雄』として扱われるが、いずれそれを忘れ『勇者』は迫害される運命にある」
「都合よくコロコロと心境が変わる人間などのために尽くす価値はない」と。
自分の父バラン、そしてかつての勇者であったアバンやマトリフなどの戦後の理不尽な扱いを知るダイは、そのある種の真理を突いたバーンの言葉に納得しつつも、バーンに言い放つ。

『答えは… NOだ…!!』

『人間がたまにそんなひどいことするなんて…百も承知だ。おまえの言うことも決して嘘じゃないと思う。…でもいいんだ、それでもおれは…
人間達が好きだ! おれを育ててくれた、この地上の全ての生き物が好きだ!!』と。

そして『もしおまえの言うとおりなら… 地上の人々が【俺がいない世界】を望むなら…

おれは…おれは…!

おまえを倒して…! この地上を去る…!!』



旅を始めてから悩み続けた自らの宿命、それに対し時に助け合い時に疎んで来た人間に対し幾度と葛藤し続けた末に下した決断。
その「覚悟」を知ったバーンはダイに敬意を表しながらも、自身が思っていた以上の敵となっていたダイに全力を持って立ちはだかるのだった。

ポップの尽力で『天地魔闘の構え』を破り、バーンに大きなダメージも与えるが、大魔宮の最終兵器『ピラァ・オブ・バーン』に搭載されていた『黒の核晶(コア)』という隠し玉があった事を知り、一時は深く絶望する。ポップの一喝と、世界中の人々の協力、神の涙の力で六つの柱の発動を阻止することに成功するも、バーンがいる限り同じ事を繰り返されてしまう。

ダイは、二つ目の決断を下す…

【魔獣覚醒】
それは左手の紋章のリミッターを外す事だったが、だがそれは、自分が自分でなくなるのかもしれないという恐ろしい賭けだった。これを発動する前に
『みんなの力で勝利したかった・・・最後まで【人間界の勇者】として、地上の平和を守りたかったよ。 自分が・・・自分でなくなっちゃうなんて!』と人間界の勇者ダイとして仲間達と力を合わせてバーンに勝利したかった事をレオナとポップに告白。 
『でも・・・おれが魔獣になってしまうよりも・・・皆の未来(あした)が踏み躙られてしまうのは、もっと嫌だ!!』という苦しい決断だった。

その力を面白半分に見てみたいと思ったバーンは、ポップ達を大魔宮の最深部に閉じこめて挑発する。

『そんなものがあるなら見てみたいわ!』と嘲笑いながら。

…その横暴さに、ダイは静かに爆発する…

『…だったら… だったら見ろよッ…!』

両の拳の紋章が一つとなり、再びダイの額で輝き、魔獣として完全覚醒。バーンの『カラミティエンド』を完全コピーし、獣のような雄たけびを上げながら圧倒的な力を見せつける。
このバーンが掲げる『力による支配』を実行した時、

『これが正義なのか? より強い力でぶちのめされれば……おまえは満足なのか?

…こんなものが…こんなものが、正義であってたまるものかっ!!!』

と、怒りと悲しみを彼にぶつけた。そして、このままでは勝てないと悟ったバーンは、自身も魔獣となる決断を下し、『鬼眼』の力を開放して魔獣となって立ちはだかった。

『天空の決戦!!!』


二人の戦いは地上を飛び出し、大宇宙(おおぞら)へと広がる。武器を持たぬダイを助けるべく最後の味方が地上からやって来る。
バーンは拳が砕け、ダイも手にしたものでも太刀打ちできないほどの互いに一歩も譲らない激闘を繰り返す最中、ダイが太陽を背にした時、ダイは最後の一撃を加えバーンを倒すことに成功した。


『さよなら…大魔王バーン…!!!』


バーンとの決戦後、地上で待機していた仲間達に大魔王を倒したことを伝え、大勢から祝福された。この時がバーンと死闘を繰り広げたダイにとってつかの間の休息となった。



【竜の騎士の運命】
その直後にアバンによって倒されたはずのキルバーンが姿を現したのである。キルバーンの正体は使い魔の方のピロロであり、今まで見せていたキルバーンは機械仕掛けの人形であった。正体を現したピロロは最後の攻撃として人形に仕掛けていた『黒の核晶』が発動。ピロロはマァムによって撃退されたが、黒の核晶は健在。そこでダイはポップと共に人形を抱えて飛翔呪文(トベルーラ)で、黒の核晶の起爆を遠ざけようと大空へと飛翔する。運命を共にする覚悟をしていたポップは
『おまえとなら悪かねえけどな・・・ダイ!』
と満更ではなかったが、ダイは最後の決断を下した。
『・・・・・・・・・ごめん・・・ポップ・・・!』
自分と運命を共にしようとするポップを振り払った。

(許してくれ、ポップ・・・! こうして、を庇って・・・生命をかけることが・・・)
(ずっと受け継がれてきた・・・・おれの使命なんだよ!!)

太陽に向かって飛んで行くダイは、空高き場所で巨大な閃光に包まれた。

それから数週間仲間たちによって世界中で捜索された。世界各地の国民に御触れも出された。
だが、ダイの行方を掴むことはできなかった…

その後、ダイの所持していたダイの剣はパプニカ王国の岬に置かれた。その姿が墓に見えて縁起が悪いと言うポップに対して、ロン・ベルクはダイの命を表す宝珠が輝きを失っていないことからどこかで生き延びていることは間違いないと述べている。

『どこでもいいじゃねぇか・・・!生きて・・・生きてさえすりゃあよ・・・!また会えるって!!
だってあいつの帰ってくる所はよ・・・!地上(ここ)しかねぇんだからさ!!!』



仲間達は彼が守ってきたこの世界を守り続ける事を決断する

再び勇者が帰ってくるその日のために・・・!!



【竜の騎士『ダイ』は何処へ向かったのか?】
巨大な閃光に包まれたあと、ダイの行方は依然分かってはいない。

が、後年のインタビューで続編の構想として「魔界編」というものがあるとの事であり、どうやら飛ばされたのは魔界である事が確定している模様。

「魔界編」の大まかな構想は、バーンとの戦いから五年後、17歳となったダイは、魔界の悲惨な実状と、天・地・魔界の三界を脅かす(バーン・冥竜王ヴェルザーに匹敵しうる)『第三の敵』の存在を知る。
それを倒し、三界に真の平和を取り戻すべく、陸戦騎ラーハルト、新海戦騎クロコダイン、そして新空戦騎である「魔界編」の主人公の新キャラクターで結成した新生竜騎衆を率いた、新竜騎将として再登場する予定だったとの事である。

関連イラスト

ダイ大らくがき2
竜の親子



関連タグ
竜の騎士 竜の紋章 ディーノ バラン ソアラ

ドラゴンクエストⅣ ドラゴンクエストⅧ ドラゴンクエストⅪ
勇者(DQ4)主人公(DQ8):2人とも人間と他種族とのハーフ。特に後者はダイとの共通点が多い。
主人公(DQ6):ギガストラッシュがモデルになったと思われるギガスラッシュの最初の使い手。当初は村でと暮らしていた普通の少年と思われたが……。漫画版では「一度も抜いたことがない剣」を背負っている。
主人公(DQ11):ダイと同じく手の甲に紋章を持つ。赤ん坊の頃に亡国から流れ着き、CVが緒方賢一のキャラに育てられてきた。更に「悪魔の子」として忌み嫌われていた。

フィリップ(仮面ライダーW):同脚本家による主人公の1人であり、特殊能力持ちや本名が別にあること、肉親との戦い、最終決戦後の離脱と共通項が多い。
獣電戦隊キョウリュウジャー:同脚本家がメインライターを務めた「強き竜の者たち」。リーダーの名は「桐生ダイゴ」である。

冒険王ビィト:同作者の作品。ダイは魔界に行ったという点を掘り下げて、元々ドラゴンクエストにはアレフガルド幻の大地といった世界が別にあるという内容がとても多く、魔界とは完全な地下世界ではなくこのような物では無いか、というのが昔から言われている。ビィトでは『人間が生存できる区域は限られたものになっている』ので世界のほとんどが魔族(魔人)に支配されている状態。今後の話の展開次第ではドラクエⅢやビルダーズのように世界が闇に覆われたり、全貌が明らかになっていない人間の領土以外がマグマだったり竜と魔人が抗争を繰り広げたりしているのだろうかなど、行先の可能性の一つとして、ファンの間で言われている。

ミリム・ナーヴァ(転生したらスライムだった件):こちらも人間と他種族のハーフであり、母親のほうが人間で父親が竜繋がりの娘である。だが彼女は作中では竜の魔人として扱われているため、種族的にはバランのほうが近い。そもそもな話、彼女は勇者と対になる『魔王』であるため、ダイとは立場が完全に真逆である。
ちなみに彼女には叔父にあたる竜もおり、クロコダインの2代目の人が演じている。

ランディ(聖剣伝説2):竜の騎士と同じく世界を守る宿命にある種族の子(ハーフではない)。また父親が騎士であり、世界征服を目論む悪を倒したという点も共通。ランディは臆病な少年から次第に勇気を手にしていくキャラクターなので、コンセプトはポップに近い。

エンポリオ・アルニーニョ(ストーンオーシャン):ジャンプ作品におけるアニメ版中の人繋がりの少年キャラ。こちらは主人公ではないが、ダイ同様ラスボスに引導を渡しており、そして別の世界に1人投げ出された共通点を持つ。しかし、その過程で主人公を含めた仲間たちが全員殺害されてしまったため、ダイよりも遥かに悲惨な末路を迎えてしまったと言えよう。
ちなみに、こちらのラスボスはゲーム版では父親バランの中の人が、アニメ版ではハドラーの中の人がそれぞれ演じている。
ナツカワ・ハルキマナカ・ケンゴ:30分前の番組の主人公。

関連記事

親記事

アバンの使徒 あばんのしと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダイ(ダイの大冒険)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダイ(ダイの大冒険)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 705910

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました