ピクシブ百科事典

マトリフ

まとりふ

漫画「ダイの大冒険」の登場人物
目次[非表示]

概要

CV青森伸

かつて勇者アバン、戦士ロカ、僧侶レイラと共にハドラーと戦ったパーティーの1人。 98歳。
性格は一言で言えば口が悪いスケベジジイ。
ポップ曰く「傍若無人が服着て歩いてるような人」。
一般的な僧侶魔法使い両方の呪文を自在に使いこなす。独特なメットの中身はオールバック。

アバンと共にハドラーを打倒した後、カール王国付きの宮廷魔道士として取り立てられるが、彼の地位を妬んだ王の側近たちに冷たい仕打ちを受け続けた為、都合のいい時にばかりちやほやする人間たちに愛想を尽かし、国を出て人目を避けるようパプニカ王国バルジ塔付近の岩場で隠棲していた。
その後、ダイ一行に出会い、魔法力も弱く臆病で甲斐性のないポップを弟子に取り、性根を叩き直し一人前の魔法使いに成長させるべく短時間のスパルタ訓練を施した。輝きの杖と変なベルトの本来の所有者。

フレイザード討伐後、ポップの証言からダイが竜の騎士だと察知し、一般からの畏怖の目と驚愕の余り気落ちするであろうと予測。アバンの言葉こそが一番の良薬と、カール王国跡に残された「アバンの書」を探し出し託すなど、陰ながら大きく支援。

世間的には賢者の類だが、性に合わないしドスが効いてないという理由から世界でたった一人しかいない凄いやつとして「大魔道士」を自称し、またそれに相応しい力を持ち、ポップには「魔法使いは血気盛んな勇者や戦士と違い常に戦況を把握してクールに振る舞え」と助言。輝聖石が光らない理由を隠している時には「己を信じろ、お前は俺の自慢の弟子だ」と言い自身を越えたと悟っている。
メドローアベタンというオリジナルの呪文も独自に編み出している。
100歳近くで体調も万全ではないが、ハドラーとベギラゴンを撃ち合っても押し勝っていた(途中で邪魔が入ったが)等、今なおかなり強い。複数の呪文を同時に使うことも可能(片方で防御呪文を使用しながら、片方で解毒呪文を使用した)
ただ、呪文に体が付いて来ずに吐血する場面がしばしば見られた。(ハドラー親衛騎団に対抗するための術を教える時も吐血していた)。

身内がいないと言っていたものの、偽勇者でろりんの仲間まぞっほは血縁関係の有無は不明だが弟弟子に当たるらしく、オーザムで再会する。実は大魔王が世界の破滅のために仕組んだ罠を前にして、偽勇者の一行とは別方向からこれを止めるためにやって来ていた。
しかし罠の番人によって窮地に陥った偽勇者一行を救うために魔法力を枯渇させてしまう。最終的に罠の停止はまぞっほに頼るしかなくなり、偽勇者一行にこれを託す。しかし、肝心のまぞっほはマトリフと共に在った頃の修業時代のトラウマから「また肝心な時に失敗してしまう」と怯えて逃げ癖を発露して硬直。しかしマトリフはまぞっほに腹パンをかまして気合を入れさせ最後のひと押しを与え激励。さらにでろりん他一行の仲間たちにも背を押され、まぞっほは見事に罠の停止を成功させた。結果的に偽勇者一行に世界の破滅を救わせる事で、間接的に世界を救う事に寄与した。

大戦後は偽勇者一行の性根を叩き直す為、彼らについて回り、日々あれこれ強制同然に指導し続けている。

ちなみにモデルはDr.マシリトと同じ鳥嶋和彦である。

魔法

※劇中で使用した呪文を記載

  • 瞬間移動呪文(ルーラ):ポップとの修行時に使用。 曰く【目的地をイメージするのがコツ】とのこと

  • 飛翔呪文(トベルーラ):ポップとの修行時に使用。

  • 極大閃熱呪文(ベギラゴン):ハドラーとの戦闘時に使用。

  • 解毒呪文(キアリー):ハドラーとの戦闘時に使用。毒攻撃をくらったポップに施したが、複数の毒を仕込まれていたため簡単に解毒できなかった。

  • 極大消滅呪文(メドローア):ポップとの修行時に使用。ハドラー親衛騎団と戦うための切り札として伝授した。

関連イラスト

大魔導士(師匠)



関連タグ

ダイの大冒険 アバン ポップ ハドラー ブロキーナ
メドローア ベタン
師匠

pixivに投稿された作品 pixivで「マトリフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283776

コメント