ピクシブ百科事典

目次[非表示]

アニメCV:南場千絵子(1991年版))/小原好美(2020年版)

ベンガーナ王国での戦闘後ダイ一行と出会う占い師の少女。15歳。テラン王国出身。家族は祖母のナバラ以外は不明。祖母以上の予知能力を秘めており、遠方での危機的状況や未来予知には頭痛が走る。
ポップへ命を賭す程の真剣な片思いをしている。なお、ポップのメルルに対する初対面の印象は「ちょっと美人だったよな」とデレデレしたものだった。

日曜日の娘
ポップさんとメルルさん


メルル初登場おめでとう!
き、君もメルル派なのかい!?



人物

能力

日々成長するその占いの才能はナバラをも凌駕する。その力は祖母からして「ほぼ百発百中で気味が悪いくらい」と評され、占いというよりは近未来予知に近いが、水晶玉の扱いに関しては不慣れ。予知の力で祖母と共に魔王軍の戦火から逃げ続け、そんな勇気がない生き方を恥じていた。ダイたちと旅を一時的にする中で祖母に反発し、逃げることをやめ勇者一行に協力する道を選ぶ。
アバンの使徒と出会って以来、ポップに恋心を密かに抱きつつ、その力になるべく勇者一行をサポートする。
彼女の占いがポップを故郷ランカークス村にいる両親と再会させ、ロン・ベルクを探しだし、鬼岩城の襲撃を予知、シャドーの位置を特定して攻撃、気配を察知する能力と回復呪文で、ここぞの時は勇者パーティーの貴重な千里眼として活躍する。

ダイと竜騎将バランがタッグを組んだ時は、安心する一同の中で唯一「あの二人が組むことでより強大な力を呼び起こしてしまいそうな気がする」と不安な表情を見せていた。これが何だったのかは明言されていないが、自力で蘇ったハドラーの超強化とダイの新たな力とも取れる。

性格

どんな年上・猛者・王族が相手でも、歯に衣着せぬ物言いを貫くマァムレオナとは対照的に、至って内気で大人しくお淑やかそのもの。感じたことや主張したいことをなかなか言い出せず、周囲の主張や意見に流され、ポップへの慕情に対するジレンマを抱える日々を送る。
ダイやアバンに出会う前の臆病者なポップと同様、この頃の彼女もまたそれを克服するべき勇気がなかったのである。

大戦後は行方知れずなダイを捜索すべく、ふたりと共に旅を続け、ポップに対するマァムの答えが保留中から、三角関係状態は未だ続いているものの、以前よりスッキリした代物へと変わっただけでも、魔王軍との戦いを通じ、彼女もまた心身ともに成長した姿が窺える。

余談

  • 名前の由来は「目(メ)がいつもウルウルしているような女の子」だから。
  • 2020年の新アニメ版では、ゴメちゃんを抱きかかえたり、逃げ出すフリをしたポップに対して「嫌いになった」と告げた後に物陰で泣き崩れる描写、ポップが蘇生した際には安堵の余り涙を流すシーンが追加されている。また、バラン編でダイ達が身を寄せていた小屋は彼女の家である事が判明した。


関連タグ

ダイの大冒険 
ポップ  ポプメル マァム

ミネアミレーユ:ドラクエシリーズの占い師。非戦闘員なメルルとは異なり、ミネアはタロットカード、ミレーユはで戦える僧侶系易者である。

羽衣ララキュアミルキー小原好美氏が演じるキャラ繋がり⇒ダイキュア

るんるん☆メルルン!



人称・口調・呼称

一人称
  • わたし
二人称
  • あなた
口調
呼称
  • 魔王軍の人物⇒「名前+呼び捨て」(元幹部を除く)
  • 魔王軍以外の人物⇒「名前+さん」
  • 王族関係者⇒「名前+役職名」(ロモス王、テラン王、ベンガーナ王、バウスン将軍など)

関連記事

親記事

ダイの大冒険 だいのだいぼうけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メルル(ダイの大冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106329

コメント