ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

年齢15歳
出身テラン王国
一人称
CV南場千絵子(1991年版)/小原好美(2020年版)

概要

ベンガーナ王国での戦闘後ダイ一行と出会う占い師の少女。家族は祖母のナバラ以外は不明。テラン王には「祖母以上の力を秘めているかもしれない」と称され、終盤には祖母以上の予知能力を見せた。ただし遠方での危機的状況や未来予知には頭痛が走る。

ポップへ命を賭す程の真剣な片思いをしている。なお、ポップのメルルに対する初対面の印象は「ちょっと美人だったよな」とデレデレしたものだった(その後も自分に好意を抱いてくれている事に全く気付いておらず、その鈍感ぶりに師匠のマトリフは内心呆れていた)。


人物

能力

日々成長するその占いの才能はナバラをも凌駕する。その力は祖母からして「ほぼ百発百中で気味が悪いくらい」と評されるほど。この力は占いというよりは近未来予知という形に近いが、水晶玉の扱いに関しては不慣れ。予知の力で祖母と共に魔王軍の戦火から逃げ続けていたこともあり、そんな勇気が無い生き方を恥じていた。ダイたちと旅を一時的にする中で祖母に反発し、逃げることをやめ勇者一行に協力する道を選ぶ。

アバンの使徒と出会って以来、ポップに恋心を密かに抱きつつ、その力になるべく予知の力で勇者一行をサポートする。


竜騎衆襲来時には「バランに匹敵する3つのエネルギー」を感じ取っていた。ドラゴンボール風に言えば「気を感じる能力」である。


炎で布を燃やすことで探し物を見つけ出す「古代占布術」という占いが可能で、それによってランカークス村の名前が出たことでポップを両親と再会させ、ロン・ベルクを探し出した。更には鬼岩城の襲撃まで予知、シャドーの位置を特定して攻撃、気配を察知する能力と回復呪文で、ここぞの時は勇者パーティーの貴重な千里眼として活躍する。


また最終盤では後述にもある通り互いの意思を通わせられるテレパシー(ポップ限定)に目覚める。


ダイと竜騎将バランがタッグを組んだ時は、安心する一同の中で唯一「あの二人が組むことでより強大な力を呼び起こしてしまいそうな気がする」と不安な表情を見せていた。これが何だったのかは明言されていないが、大魔宮の出現(ピラァの投下)、自力で蘇ったハドラーの超強化、ダイの新たな力、大魔王の真の力とも取れる。


性格

内気で大人しくお淑やかそのもの。感じたことや主張したいことを中々言い出せず、周囲の主張や意見に流され、ポップへの慕情に対するジレンマを抱える日々を送る。

ダイやアバンに出会う前の臆病者なポップと同様、この頃の彼女もまたそれを克服するべき勇気がなかったのである。


大戦後は行方知れずなダイを捜索すべく、ポップ、アァムと共に旅を続け、ポップに対するマァムの答えが保留中であることから、三角関係状態は未だ続いている。・・・が、以前よりスッキリした代物へと変わっていった。これだけでも、魔王軍との戦いを通じ、彼女もまた心身ともに成長した姿が窺える。


ちなみにポップの実家の武器屋に同行した際は、ジャンクの前で「思ったよりずっといい武器がそろっている」と、さらっと失礼なことを言っている。ジャンクがポップをなじった時は怒っていたので、愛しい人の父親と言えども、再会するなりポップをボコボコに殴り倒したジャンクに良い感情は抱いてなかった模様。


活躍

破邪の洞窟

カール王国の生き残りであるフローラに保護されたメルルたちは、大魔宮の機能停止を担うべく破邪呪文を獲得するために破邪の洞窟に挑む。メルルには戦闘能力はなかったが、危機を察知する能力は役に立つはずとして攻略メンバーに加えられた。確かに危機を察知してくれたが罠が発動するタイミングでそれを告げるというお約束を披露した。


物語終盤。破邪呪文ミナカトール発動の際、ポップだけがアバンのしるしを光らせることができず、自信を喪失したポップはすべてを投げ出して逃げ出そうとしてしまう。次の瞬間、ザボエラの「毒牙の鎖」の凶弾がポップを貫かんと迫る。しかしポップは傷一つ追うことはなかった。なぜなら危機を察知したメルルが身を挺してポップを庇ったからだ。

猛毒によって薄れゆく意識の中、メルルはポップに想いを告げると同時に「あなたが愛している人の名」を問う。答えはわかっているのに聞かずにはいられない。そんな自分を「いじわる」だと述べた。

そしてポップの告白を聞くと同時にメルルは意識を失ってしまう。その姿に「勇気」をもらったポップは潜在能力を引き出し、爆発的なザオリク級の回復呪文によってメルルを完治させたのだった。光り輝く自分のアバンのしるしを「メルルに光らせてもらった」と直後にポップは述べている。


ダイ&ポップと大魔王バーンの決戦の最中、意識を取り戻したメルルはポップとテレパシーで会話することできるようになった(メルル曰く「いつもポップのことを考えていたから」。フローラの見立てではポップの覚醒の影響とのこと)。バーンは最後のピラァ・オブ・バーンを投下して地上の戦士たちを抹殺しようとしたが、危機を察知して目覚めたメルルのおかげで戦士たちは事前に退避し難を逃れており、自分たちが無事であることをテレパシーでポップに伝えた。更にポップと意識を通じ合わせられたことでピラァの秘密が地上の戦士たちの知るところとなり、これが大逆転の糸口にもなっていく。


装備

  • 聖なるナイフ
    • 邪悪を退く純銀で製造された短剣。 ベンガーナ王の影に忍び込んでいた怪物を撃退する時に使用した。
  • 布の服
    • ごく一般的な布の服。
  • カールの法衣
    • 邪気を祓う効力を持つ法衣。破邪の洞窟挑戦時に身に纏った。
  • 檜の棒
    • 檜を棒状に加工したもの。軽量のため身体能力が高くない者でも扱えるのが特徴。※破邪の洞窟内で発見した代物。

道具

  • 薬草
    • 生体組織を活性化させて傷を治療する薬。ロロイの谷での決戦に挑む兵士達のために備えた
  • 夢見の実
    • 食べると短時間で睡眠に入り、疲労回復ができる不思議な木の実。心が清らかな者が食べると一番見たい夢を見る事が出来ると言われている。 上手く寝つけなかったダイに渡し、疲労回復に導いた。

小話

  • 名前の由来は「目(メ)がいつもウルウルしているような女の子」だから。目に特徴を持たせたためか、他のキャラとは瞳の描き方が大分異なる。
  • 2020年アニメ版では、ゴメちゃんを抱きかかえたり、逃げ出すフリをしたポップに対して「嫌いになった」と告げた後に物陰で泣き崩れる描写、ポップが蘇生した際には安堵の余り涙を流すシーンが追加されている。また、バラン編(13巻)でダイ達が身を寄せていた小屋は彼女の家である事が判明した。
  • 1991年版と2020年版では、初登場する場面が異なっている。 1991年版では武器売り場、2020年版では道具売り場で先行登場している。
  • 2022年に行われたクロスブレイドのクロブレ総選挙では登場して欲しいキャラクター部門にて暫定1位だったノヴァを押しのけ1位に輝き、実装が決定した。
  • 2020年版での声優、小原好美はアプリ、ドラゴンクエストチャンピオンズでホミットを演じる事が決定した。

関連イラスト

メルルセンシティブな作品

メルルセンシティブな作品


関連タグ

ダイの大冒険

ポップ  ポプメル マァム


ミネアミレーユ:ドラクエシリーズの占い師。非戦闘員なメルルとは異なり、ミネアはタロットカード、ミレーユはムチで戦える僧侶系易者である。


るんるん☆メルルン!

羽衣ララキュアミルキー小原好美氏が演じるキャラ繋がり⇒ダイキュア


パーヤブレスオブザワイルドのサブヒロイン。勇気ある少年に恋する美少女。気弱で怖がりな恥ずかしがり屋だが淑やかな性格。高齢の祖母と二人で暮らしているなど類似点がある。またオマージュ元と思われるコミカライズ版のオリキャラ「ペル」も主人公に好意を抱いている。祖父と小屋で暮らしていたが、主人公に化けた敵に騙されて襲撃されてしまう(恋心に付け込まれた)。この辺りはザボエラに騙されたポップと似ている。


人称・口調・呼称

一人称
  • わたし
二人称
  • あなた
口調
呼称
  • 魔王軍の人物⇒「名前+呼び捨て」(元幹部を除く)
  • 魔王軍以外の人物⇒「名前+さん」
  • 王族関係者⇒「名前+役職名」(ロモス王、テラン王、ベンガーナ王、バウスン将軍など)

関連記事

親記事

ダイの大冒険の登場人物一覧 だいのだいぼうけんのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 483014

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました