ピクシブ百科事典

冥竜王ヴェルザー

めいりゅうおうゔぇるざー

ダイの大冒険の登場キャラクター。メイン画像後ろの巨大な竜である。
目次[非表示]

概要

嘗て雷竜ボリクスと「真竜の闘い」を繰り広げ、魔界に冥竜王の名と勝負を轟かせ讃えられた「最後の知恵ある竜」であり、大魔王バーンと魔界を二分する勢力を誇った存在。大魔王バーンの長年のライバルである。

バーンと同様、魔界に太陽の光を降り注がせることを目的としており、本編から数百年前にバーンと勢力争いをしていたが休戦協定を結び、「先に魔界に太陽を齎した方にもう片方は従う」という賭けに乗った。

しかし、バーンは「地上を蓋としてしか観ず、それその物を消滅させて魔界へ太陽を齎す」事しか考えておらず、地上をも欲していたヴェルザーは準備が整わぬまま急いで地上侵攻を目論むも、当時の竜の騎士バランの妨害を受け何度も衝突することとなった。勝負を焦った末、魔界の伝説となっている悪名高き「黒の核晶(コア)」を蘇らせ、バラン抹殺を図るも撃ち漏らしてしまった。それどころか「黒の核晶(コア)」の超爆発で支配領域の大半が消滅する憂き目にあい、続く最終決戦でバランに討ち取られた。

ヴェルザーの肉体は滅っしても時が経てば復活可能であったものの、魂が抜け出た所を天界の精霊たちにすかさず封じられ、辺境の地で動きを制限されてしまった。

岩となった現在でも、意志疎通や最低限の力の行使は可能で、配下のキルバーン(ピロロ)をバーン暗殺の為に表向きの協力者として送り込み、バーンとダイ達の最終決戦にも顔を出している。
物語の上では直接関わってこない存在だが、ダイの大冒険が続いていればきちんとした出番が用意されていた模様である。

人物

ピロロ曰く「あの人は欲深いんだ。竜らしくないんだ。まるで人間みたいだよね?」という事から、人間臭い性格が感じ取れる。
プライドも相当高く、バーンに「天界に攻め入って封印を解いてやろうか?」と提案されて機嫌を損ね、去り際にバランの息子ダイを見て、「自分を倒したバランに到底及ばない」と言い放つ等かなりの負けず嫌いである(実際にはこの時点でダイはバランの戦闘力を大きく上回っているので、戦士としての姿勢とかそういった意味合いだと思われるが)。それでも、その後バーンが鬼眼の全てを解放したのを感知し、考えを改めてはいる。

関連タグ

ダイの大冒険

pixivに投稿された作品 pixivで「冥竜王ヴェルザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1293

コメント