ピクシブ百科事典

ラーハルト

らーはると

漫画『ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

所属魔王軍超竜軍団(竜騎衆)
年齢22歳
相方のドラゴン不明(見た目からドラゴンと思われる)
CV???(1991年版のアニメでは未登場)


概要

通称「陸戦騎ラーハルト」
竜騎将バランに仕える3人の竜使い竜騎衆』のひとりにして最強の戦士。自らを戦闘機械と自認する。初登場は原作10巻。

魔族の父と人間の母を両親に持つ混血児で、魔王ハドラーの存在を恐れた人間の迫害により母親を失う過去から人間を憎んでいる。同じ境遇を持ち、自分の怒りや悲しみを理解してくれたバランには絶大な信頼を寄せており、バランからも「もう1人の息子」と称されるほど愛情を注がれている。そういったこともあって、戦士としての誇りも高く、憎い人間相手であろうと残虐に痛めつけるような趣味はない。逆にガルダンディーボラホーンに対する仲間意識は薄く、ガルダンディーがポップに敗れた時は眉一つ動かしていなかった。
(ただし激する事もあり、また、必要と判断すれば仲間であるマァムをも犠牲にする事も厭わない)

活躍

テラン城へ向かう途中ポップの助っ人に参戦したヒュンケルに阻まれ激闘を繰り広げる。圧倒的なスピードと手数でヒュンケルを終始翻弄。一手先を読むことも長けており、ヒュンケルの逆転を賭けたカウンター攻撃(ブラッディースクライド)すらも「そう来ると思っていた」として難なく対処した(槍と見せかけて手甲を投げつけることでカウンター攻撃を誘発させた)。そして必殺技ハーケンディストールを放つも鎧の魔剣の装甲があったため倒すには至らず、「くらってもかまわん」という覚悟で立ち上がったヒュンケルに攻撃を見切られてしまう。だが激昂したラーハルトはすぐさまヒュンケルを打ち倒し、今度こそ仕留めるべくハーケンディストールを放つ。しかし、これはヒュンケルが仕掛けた命懸けの罠であった。アバンのしるしでハーケンディストールを受け止められ、その際に描かれた十字の闘気グランドクルスを至近距離から放たれ敗北。冷静さを失ったあまりに一度は破ったカウンター技に敗れるという結末を迎えた。

殆ど瀕死の状態だったが、同僚ボラホーンがポップを人質に取る卑劣な手でヒュンケルを屠る行為を竜騎衆の名に泥を塗る愚行と粛清。上記の過去を語り、涙を見せた2人の姿に竜の騎士同士の骨肉の争いから救える希望を見い出し、友情の証としてヒュンケルに鎧の魔槍を託す。当初バランは、「ヒュンケルが鎧の魔槍を奪った」と推測したが事実を知って驚きを隠せずにいた。またバランがライディンをレオナに放った際も鎧の魔槍に阻まれ、「ラーハルトが邪魔をした」と思って冷静さを失っていた(実際はヒュンケルが投げつけたもの)。

バランもまた再戦から自らの過ちを悟りテランを去り、その際に遺体を回復の泉へと安置され、彼に流れる「竜の血」を全員に施される。これにより決戦数日前に復活を果たし、バランの遺言状に従いダイたち一行に加勢。バランの息子であるダイに絶対な忠誠を誓い、大魔宮での最終決戦に参戦。危機的状況に陥っていたヒュンケルとヒムを救い、圧倒的なスピードと技で超金属軍団とマキシマムを滅した。その後、白い庭園でポップ、マァムと協力してミストバーンの足止めを担った。相性の悪さからダメージを与えることができず、遅れて駆けつけたヒムに代わるも、魔影参謀と大魔王の関係を知る。
真バーンとの決戦では技が通用せず一時的に視力を失うも、ヒムと共に捨て駒として真バーンに挑み、戦闘不能となり鬼眼の瞳に閉じ込められる。

戦闘ではロン・ベルク作の「鎧の魔槍」を繰り出し桁外れの素早い槍捌きで、ヒュンケルを圧倒し、超金属軍団をも一瞬で切り刻む。
速さだけに思われるが単純に力においても剛腕を誇るヒュンケルに引けをとらず、どころかそれさえ上回り、ヒュンケルの攻撃易々と受け止めるほど。
闇の衣を解いたミストバーンに対して、折れたヒムの腕でミストバーンを殴りつけたときにはオリハルコン製のヒムの腕が砕け散っており、殴ったラーハルトにもとんでもない力がなければ砕けないとミストバーン自身も言及している。

必殺技は突進しながら敵を切り裂くタイプと、跳躍し渾身の一撃を放つ二つのタイプがある「ハーケンディストール」。

大戦後は行方知れずとなったダイの捜索と「ダイに仕えるための竜騎衆」たり得る人材の発掘・勧誘をすべくヒュンケルと(後から付いてくるエイミを含め)共に旅を続けている。

仕方のないことだが、敵と味方の時期で顔つきや雰囲気が少々異なる。またグランドクルスで倒された唯一の敵である。

関連タグ

ダイの大冒険 竜騎将バラン 竜騎衆 鎧の魔槍 ヒュンケル

エニル・エル:混血児であり、子供の頃に片方の親を迫害で喪っている。また、最初は主人公側の敵であったが後に味方化したことも同じ。

関連記事

親記事

竜騎衆 りゅうきしゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラーハルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 362402

コメント