ピクシブ百科事典

冥府十神

めいふじゅっしん

冥府十神とは、スーパー戦隊シリーズ第29作『魔法戦隊マジレンジャー』に登場する神々である。
目次[非表示]

概要

地底冥府インフェルシアの伝説に記された十柱の神々。

彼等の目的は、冥獣帝ン・マを彼等の主人である絶対神ン・マに転生させる事であり、その為に地上界で神罰の執行をする。神罰執行を行う神は「裁きの石版」によって選ばれる。
神罰を行う時は勿論だが、マジレンジャーと戦う時でも、自らが決めたルールは絶対に遵守しなければならず、守れなければ「闇の戒律」の命により、死を選ばなければならない。

巨大化している時の姿が本来の姿なのだが、そのままだと狭苦しいインフェルシアでの活動に支障が出る為に、自らの魔力によって背丈を縮めている。

モチーフは、主にギリシャ神話北欧神話に登場する神々を基にしているが、トードのみ例外である。塚田英明プロデューサー曰く、「コンセプトは平成デルザー軍団」。


執行順:イフリート→サイクロプス→ゴーゴン→ドレイク→トード→ティターン→スフィンクス→スレイプニル
※ダゴンとワイバーンは選ばれなかった。ドレイクまでが2005年放送回

二極神

『インフェルシアの』と称される強力なパワーを持つ二柱の神。

スレイプニル

声:梅津秀行 (stage35~48)
神罰:「魔導馬車・八脚突進による地上界の蹂躙」
モデル:オーディンが駆る北欧神話の八本脚の馬スレイプニル

あなたが神か・・・!



「インフェルシアの矛」と称される高い攻撃力を持つ神。
ン・マの転生を一際強く願っており、ダゴンとは深い信頼で結ばれている。
彼が従えている馬車馬は非常に気性が荒いのだが、彼は恐怖心を植え付けることで従わせている。

stage.42で苦戦するドレイクをサポートするために一度登場するが、そこに介入したウルケンタウロスとの激しい騎馬戦の末、撤退させられる。
その後、第8の神罰執行神に選ばれ、地上を荒らし回るも、マジレンジャーの「ファイブ・ファンタスティック・エアリアル」を受けて倒された。

ドレイク

声:矢尾一樹 (stage35~42)
神罰:「体内エネルギーを臨界まで高め、一気に爆発させて地上界を消し去る」
モデル:ドレイクを別読みしたドラゴン

「インフェルシアの盾」と呼ばれる防御力を持つ神。
非常に好戦的な性格で、選ばれなかった時はふてくされていた。ゴーゴンとは、付き合っているような描写をされた。

stage.41で、第4の神罰執行神に選ばれ、竜の鱗から作られた固い鎧とその硬さに物を言わせた攻撃力で、二極神の名に恥じない強さを見せる。
さらに首を伸ばして炎を吐くことも出来るが、そのことによって鎧が覆いきれなくなるため、諸刃の剣となる。
最期は、トラベリオンのデストラクション・ファイヤーに吸収された。

三賢神

知略に優れ、冥府神の管理を任せられる三柱の神。

ダゴン

声:大塚明夫 (stage35~49,『199ヒーロー大決戦』)
神罰:なし。(選ばれていない。)
モデル:カナン神話、若しくはクトゥルフ神話の神「ダゴン」

ワンドロより/冥府神ダゴン



冥府十神の実質のリーダー格で、彼より階級が上の二極神も彼に従う。
自身たちの統率神でもあるン・マと『闇の力』を絶対視している狂信的な面も覗かせる。
ワイバーンからは『無敵』と称されており、その表現は決して誇張ではなく、戒律に反したイフリートを一撃で葬り、後述の通り離反したスフィンクスとティターンを粛正し、復活したマジマザーを追い詰めインフェルシアへ拉致する等、指揮官のポジションでありながらその実力の高さを垣間見せている。
作中は神罰執行神に選ばれず、戦闘らしい戦闘は殆どなかったものの、もし選ばれていたら、マジレンジャーの苦戦は免れなかった可能性は高い。
闇の戒律を絶対視しているが、緊急時には特例として、『今は俺が戒律だ…!!』と自らの都合のいいように改竄することもあったため、スフィンクスに不信感を抱かれる。

ン・マが転生した後、裏切ったスフィンクスを粛清するが、彼女がバンキュリアによって復活したため、再度交渉を持ちかけられるも、聞く耳を持たず再度粛正しようとした所を、彼女のウィズダムカノンをゼロ距離で喰らい、爆散した。

後に2011年の映画『199ヒーロー大決戦』にも、黒十字王の力で復活。(一緒に復活したのは、総裏大臣ヨゴシマクリタイン救星主のブラジラ。)
ゴセイピンク/エリ,ゴセイブルー/ハイド,ゴーカイグリーン/ドン・ドッゴイヤー,ゴーカイピンク/アイム・ド・ファミーユの4人と戦うが、ゴセイブルーの天装術カモミラージュに騙され、4人の合同技で倒された。
その後、黒十字城によって復活。歴代の1号ロボと戦うも、成す術なく倒された。

スフィンクス

声:寺瀬今日子 (stage35~49)
神罰:「巨砲大破壊」
モデル:エジプトギリシア神話に登場する怪物「スフィンクス」

冥府神スフィンクス


冥府神の二柱いる女神の一柱。理知的な性格で、闇の戒律を守ることに拘るが、ダゴンが自らの都合のいいように捻じ曲げるため、疑問を抱くようになる。
さらに、敵うはずのない冥府神を次々倒していくマジレンジャーに興味を抱くようになる。

stage.47で第7の神罰執行神に選ばれるが、絶対神ン・マを裏切ったため、ダゴンとスレイプニルに粛清される。しかし、バンキュリアによって一命を取り留め、今度はダゴンを倒した。
最終的に冥府神の中で唯一生き残り、インフェルシアの女神として、国家をよりよく生まれ変わらせるために尽力している。
余談だが、意外と萌え属性の塊だったりする。(具体的には:女神 委員長 猫耳 メガネ 褐色肌)

ゴーゴン

声:田中敦子 (stage35~40)
神罰:「盾からばら撒いた蛇を増殖させ、盾の瞳が光った時地上の生物に一斉噛み付き、石にする」
モデル:ギリシア神話に登場する「ゴーゴン」

ゴーゴンさん


冥府神の二柱いる女神の一柱。ドレイクとは付き合っているような素振りを見せた。
ン・マの転生には興味が無く、同じ女神であるスフィンクスとは反りが合わなかった。また、トードとの関係はさながら「蛇に睨まれた蛙」である。

stage.39で第3の神罰執行神に選ばれ、自らが有利に動ける空間「長きものの庭」での戦いに彼らを誘い込み、精神の入れ替わったレッドとピンク以外のメンバーを飲み込むも、闇の戒律を遵守する冥府神スフィンクスによってトードの毒が無効化された事で形勢逆転、最期はマジレジェンドに倒された。

五武神

冥府十神 五武神


戦いを専門とする五柱の神。詳細は当該記事を参照。

関連タグ

魔法戦隊マジレンジャー 地底冥府インフェルシア 神様 北欧神話 ギリシャ神話

関連記事

親記事

地底冥府インフェルシア ちていめいふいんふぇるしあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「冥府十神」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「冥府十神」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14817

コメント