ピクシブ百科事典

冥府神ワイバーン

めいふしんわいばーん

此処では『魔法戦隊マジレンジャー』に登場する冥府十神の1柱たるワイバーンについて記述する。(イラスト右。)
目次[非表示]

「早くその命、ン・マに差し出しなよ」
「笑わせんじゃねーぞ、てめーら雑魚が俺に敵う訳が無ぇ!」
CV:佐々木望

データ

身長:50.5メートル(縮小時・224センチメートル)
体重:23.0トン(縮小時:102キログラム)
武器:刹那槍(せつなそう)
得意能力:飛竜剣法・散弾月(ひりゅうけんぽう・さんだんづき)
     飛竜剣法・華富呪(はなとみじゅ)

概要

冥府十神の1柱であり、その中の五武神の一角。翼を持つ竜の戦士の冥府神とされており、まさしく竜人と言うべき姿を持つ。

気さくでお喋りな性格をしており、普段の言動もまるで少年の様な優しい物腰で仲間に冗談を飛ばしたりするムードメーカー。その姿勢は自分達より格下のバンキュリアに対しても一緒で、彼女に対しても砕けた態度で接する為にバンキュリアからも気安い相手と言う印象を受けた。
だが、其処はやはり冥府神。闇の戒律や戦いの事となると性格が豹変し、本来の残虐性や凶暴性を覗かせる。そして一度気が触れる事が有れば一人称も「僕」から「俺」に変わり、言葉遣いも乱暴になる等、その性質が一気に噴出する。ただ、そんな自身の性格を自分でも分かってはいるらしく、手を顔に当てる事で冷静さを取り戻すと言うセルフコントロール法はキチンと持ち合わせている模様。
冥府神の中ではダゴンスレイプニルと共に絶対神ン・マの転生を一際強く願う。

他の冥府神の面子を評する観察眼の持ち主であり、五武神の纏め役の立ち位置を担っているが本人の実力も相応に高い。
戦闘では背中の竜の翼で自在に空を飛翔し、超スピードで相手に襲い掛かる戦法を取る。
空中を自分のテリトリーとして制空権を掌握し、常に相手の死角を突く事で戦いの主導権すら握ろうとする他、上記の通り笑いながら相手を切り刻む事を好む残虐性すら見せ付ける。

活躍

Stage43、44でティターンと共にブレイジェルの元に現れ、真っ先に交戦するが、敗北する。

Stage46「湖へ向かえ~ゴール・ゴル・ゴル・ゴルディーロ~」

裏切ったティターンを処刑しようとする。それを邪魔する芳香・蒔人と戦闘。
ワイバーンは途中、芳香がティターンに化けている事に気付き激昂。その怒り狂っての猛攻により芳香、蒔人を追い込む。

そこに現れたヒカルさえも蹴散らし、全員の変身を一発で解除。上記の台詞を吐き捨ててマジレンジャーを愚弄する。
とどめを刺そうとした瞬間、ウルザードファイヤーが現れた為、再戦の喜びと敗北の怒りが入り混じったアンビバレントな感情を抱きつつ襲い掛かる。
然し、全く歯が立たず一方的に押し切られ、止めのブレイジングストームスラッシュを喰らって「嘘だ…、こんなの…信じない…!」と、自身の敗北を受け入れられぬまま爆散した。

余談

モチーフは中世ヨーロッパで創作された、前足の代わりに巨大な翼を持つ飛竜ワイバーン。デザインは同じドラゴンモチーフのドレイクと比較し、本家よりも格下として爬虫類の要素を強調した造形となった。

また、プロデューサーの塚田英明氏はイメージソースとして沖田総司を挙げている。

声を演じた佐々木氏は『爆竜戦隊アバレンジャー』のハゲタカライチ以来2年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演となった。

関連タグ

魔法戦隊マジレンジャー 地底冥府インフェルシア 冥府十神 五武神
ワイバーン

ラダマンティス:『聖闘士星矢』に登場するワイバーン繋がりの敵幹部。こちらも所属は冥王ハーデスが支配する冥界でインフェルシアとは冥府繋がりである。

チェイス(仮面ライダードライブ):こちらも沖田総司ポジの人物。但し、斎藤一の要素も入っている。

関連記事

親記事

五武神 ごぶしん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「冥府神ワイバーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1388

コメント