ピクシブ百科事典

斎藤一

さいとうはじめ

新撰組隊士。幕末の剣豪。
目次[非表示]

史実と生涯

出自

1844年2月18日~1915年9月28日
(天保15年1月1日〜大正4年9月28日)

本名 山口一。
出身は江戸。明石藩出身の父、山口右助、母、ますの次男。
長男 廣明(通称は喜間多)。長女 勝(のちひさに改名)。
山口廣明は旗本鈴木重備の公用人として仕えていたことが明らかになっている。
かつては「会津藩出身か」とも言われていたが、廣明の戸籍謄本に「明石県士族 山口右助」との記載があることが判明している。

青年期

居合いを得意とする一刀流の使い手ともされるが、赤間倭子によると無外流との説もあり、正式には居合を得意としているかも不明である。
(無外流説の根拠については赤間倭子氏が「元警察官からそう聞いた」という聞き書きにすぎず、
過去、警視庁よりそれが記載された史料というものは一度も公開されたことがなく、誰も確認した
研究家はいない)
経歴には謎が多く、生涯で数回に渡り改名している。
江戸または京都近藤勇の仲間となり、新撰組隊士となった。
非常に剣の腕が立ちその実力は「沖田は猛者の剣。斎藤は無敵の剣」とまで評される。
斎藤のイメージには「隊中の粛清係」というものがあるが、事実ではない。
これは明治期に、元新選組で御陵衛士だった篠原泰之進が息子に語っていたものを新選組三部作で子母澤寛氏が小説風にアレンジして書いたことが発端となっている。
(篠原は「墨染で局長の近藤を自分が撃った」(実際は富山弥兵衛)など事実とは異なる発言をしていることが希にある)
この三部作に書かれている「谷三十郎」と「武田観柳斎」の粛清についてはその状況や時期が史実と合っておらず、創作であったことが判明している。
また「三番隊組頭(くみがしら)」と紹介されることが多いが近年の名簿の再検証により、実際には役職が何度か変わっており、四番隊の組頭を務めていた時期があったことなども判明している。
旧・幕府軍に従って戊辰戦争にて最前線で戦うが、隊がバラバラとなり、会津を中心に転戦した後、敵味方双方の説得に折れて降伏。

斗南藩

明治時代に入ってからは転封先の斗南藩(現・青森県)に移住。この頃すでに藤田五郎を名乗っていたことが明らかとなっている。なぜ藤田姓を称したかは判明していない。
最初の妻は篠田やそだが、すぐに離婚したとみられる。
明治7年3月17日高木時尾と結婚。
時尾との間に三男(勉・剛・龍雄)をもうけている。
明治20年2月20日、警視局に警部補として着任。
西南戦争では抜刀隊として参戦。
明治24年4月に警視局を依願退職しており、同日付で東京教育博物館(現国立科学博物館)に守衛として勤務している。
自宅も女学生たちのための寄宿舎として開放していた。
子供達にも剣術と武士の心得を叩きこんだと言われているが教育方針自体はちょっとユニークだった様子で、孫の藤田實によれば、後に陸軍少佐となった長男・勉は、子供たちが帰宅した際に、竹刀片手に物陰隠れて不意打ちし、「士道不覚悟!」と叱る、という現代だと冗談に受け取られるかもしれないことを何度も実行したという。
また、
「武士たる者は、玄関を出るときは頭から先に出るな、足から出よ、不意に斬りつけられた場合、頭をやられれば致命傷だが、足ならば倒れながらも相手を下から突き上げて殺すことができる」
と教え説くのを常としていたという。
晩年は妻・時尾と共に、会津戦争にて戦死した隊士たちの供養に奔走。
墓地は会津・阿弥陀寺にて妻・時尾とともに眠っている。

左利き説

斎藤一と言えば左利きというのが有名だが、信憑性はかなり低い(当時、左利きで相手をするのはたいへん非常識で無礼なことであり、仮に左利きであったとしても刀を握るときは右に直していたと思われる)。現代の創作において斎藤一が左利きとして描かれているのは、「そちらの方が格好良いのでは」という、作家達の思惑からであろう。
尤も、『るろうに剣心』の斎藤一のように左利きとして描かれていない(同作の斎藤は必殺技は左手で放つものの、刀を抜く際や箸を持つ際には右手を使っている)作品も存在する。これは作者が新選組ファンという事も大きいと思われる(ちなみにパラレル扱いのノベライズ版のみ「左利き」と書かれているが、こちらは作者が違うので本編の設定と通じるかは微妙である)。

「左利き説」の出所も上記の子母澤寛『新選組物語』の中で創作されたものである。
斎藤が左の突き技で暗殺したように描かれているが、実際の谷の死因は病気による突然死で、
田内という隊士の切腹は谷の死後のことであったことから介錯の失敗話自体が創作であったことが判明している。
この小説以外に斎藤が左利きであったことを示す記録などは一切なく、逆に右手で太刀を振り上げている錦絵が現存している。
(斎藤と共に会津戦争を戦った新選組隊士「中島登」が「戦友姿絵」として描き残している)
左利き以前の問題として、一部映画等で見られたような右の腰に刀を差すなど
当時では考えられない不作法については史実の考証としてはあり得ないものである。
たとえ創作で左利きでキャラを立てようとするにしてもファンタジーならいざ知らず、実写や史実ベースを謳っているものにはちゃんとした時代考証をする義務があることを認識してほしいものである。

創作での斎藤一

漫画

るろうに剣心

斎藤一


cv:鈴置洋孝(TV版)、成田剣(OVA「新京都篇」ほか) 
演:江口洋介(実写映画)、彩風咲奈宝塚
緋村剣心の宿敵の一人。非常に冷徹で無愛想な一匹狼。警視庁の密偵でもある。口癖は「阿呆が」
詳しくは『斎藤一(るろうに剣心)』を参照。

薄桜鬼

斎藤一


cv:鳥海浩輔
斎藤一(薄桜鬼)

銀魂

終兄さん


cv:櫻井孝宏
名前は斉藤終。アフ狼の異名を取る二刀流使いで、決して喋らない。緊張すると腹を下し、文面や脳内での語尾にはZが付く。無自覚だが笑顔が怖く、また突然寝る。

新撰組異聞PEACEMAKER

斉藤さん - 考え中 -


cv:松山鷹志
物静かだが何事にも動じず、つかみどころのない性格。幼いころから霊感があり未来が見えるためか厭世的な面もある。

新選組刃義抄アサギ

はじめ


副長助勤。試衛館の面々と顔見知りであることを利用し、桂小五郎の間者として壬生浪士に潜入する。暇があれば団子や饅頭などを食べている食いしん坊。

ゲーム

ラヴヘブン

【ラヴヘブン】斉藤一/浅井長政


乙女パズルゲームの攻略キャラクター。初期レアリティはSRでの登場。
異世界の危機を救うため、主人公により召喚された。
詳しくは『斎藤一(ラヴヘブン)』を参照。

実写

新選組!

新選組・斎藤一


演:オダギリジョー
無口で冷徹な一匹狼だが、隊への熱い思いを持ち、義理堅い。当初は芹沢と、後に伊東と懇意にし試衛館一派の中で唯一両者とつながりが深いことから、(近藤のありように不満のある永倉も)伊東に自分に与するよう誘われるが、隊への熱い思いから誘いを断っている。物語終盤に永倉が隊を離脱したとき、初めて隊への熱い思いを語っている。
反面、責任感の強過ぎる性格が災いしてか、時々妙な失敗でメソメソとイジケてしまうという可愛らしい一面も見せている。
松平容保から近藤の首を取り戻すよう命じられ、再び京へ旅立っていった。

八重の桜

続・斎藤一


演:降谷建志
作中で新撰組登場時から異様な存在感を放つ物静かな天パー剣士。
京都での活躍と敗北後は東国へ転戦し、会津で高木時尾と出会い、山本八重とともに新政府軍と戦う。
戊辰戦争終結後は時尾と北限の地で暮らし、上京して結婚。旧会津陣や八重から祝福を受けた。
寡黙な性格は時尾や八重達との出会いから物腰はやわらかくなり、口数も増えた。
京都で女学校で時尾とともに八重と再会した時は女子生徒から注目を浴びた。
西南戦争では抜刀隊として参戦し、旧会津陣とともに奮戦した。
なお、第35話ではオダギリジョー演じる新島襄と降谷建志演じる斎藤一が意気投合し、幕末期の京について語りあい、酒を酌み交わすというシーンがあった。

関連タグ

日本史 幕末 新撰組 剣豪 大河ドラマ

他の記事言語

Saitou Hajime

pixivに投稿された作品 pixivで「斎藤一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23437812

コメント