ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

天保6年(1835年)、常陸志筑藩※(当時は一万石未満の旗本領、明治維新後に加増され藩となった)目付の鈴木専右衛門の長男として生まれる。初名は鈴木大蔵。実弟に三木三郎がいる。
父の家老との対立と多額の借金から鈴木家は家名を剥奪され、母の実家に身を寄せる。その後水戸藩へ出て文武に励み、神道無念流剣術を修め、また尊皇攘夷思想の影響を強く受けた。
その後江戸に出た大蔵は、深川北辰一刀流伊東精一郎道場に入門。やがて塾頭となり、後に御陵衛士の同士となる篠原泰之進らとも出会う。伊東精一郎が死去すると、その娘うめと結婚して伊東大蔵を名乗り、道場を継いだ。

元治元年(1864年)9月、かつて伊東道場に出入りしていた藤堂平助からの誘いを受け、三木三郎や篠原をはじめとする門人や同志とともに新選組に入隊。伊東甲子太郎を名乗る。
道場主を務めた剣術の腕と深い学識のため入隊直後から重用され、11月の行軍録では二番組頭に就いた。
慶応元年(1865年)2月、副長の山南敬助が切腹した際には4首の弔歌を詠んでいる。
伊東は副長助勤、次いで参謀に就いて近藤勇土方歳三に次ぐ新選組のナンバー3となり、江戸での第2次隊士募集、広島への長州訊問使随行、九州への探索など重要な仕事を任された。

慶応3年(1867年)3月、伊東は前年崩御した孝明天皇の墓所を守る御陵衛士を拝命。薩摩長州の動向を探るためとして、同志を従え新選組から分離した。この頃伊東摂津と改名。
伊東らは高台寺月真院を宿所とし、反幕府勢力と接触するようになる。
近藤が長州に厳しい制裁を加えることを主張するのに対し、伊東は寛大な処置に留め諸侯の一致団結を主張したため、両者の溝は深まっていったと思われる。
また大政奉還後には朝廷に建白書を提出。徳川家の政権参加などを唱えたが、武力討幕を目論んでいた薩長からの受けは悪かったようだ。創作では大久保利通西郷隆盛と裏で繋がっているという設定がみられることがある。

11月18日、伊東は単独で近藤勇の妾宅に向かい、近藤、土方と会談。その帰り道の油小路にて、大石鍬次郎らによって殺害された。享年33。
遺体を引き取りに来た御陵衛士らも新撰組と戦闘になり、藤堂平助服部武雄毛内有之助が討死。四人の遺体は御陵衛士残党を誘い出すための囮として数日放置された後、光縁寺に埋葬される。その後三木三郎らによって改めて戒光寺に葬られた。

大正7年(1918年)、従五位を贈られる。

人物

新選組を離反し近藤らと対立したことから、新選組を主役とした創作物のほとんどで悪役や策士として描かれている。
しかしながら伊東をよく知る同志たちのみならず、京の町人にまですぐれた人柄として評判が広まっていたという記録がある。
近藤の暗殺を企てたとされることもあるがこれは新選組側のみの証言であり、暗殺される当日に護衛もつけず1人で近藤との会談に赴いていることから信憑性は非常に低い。

御陵衛士として活動をはじめたころは悪名高き新選組の元幹部ということで反幕府勢力からの評判は良くなかったようだが、徳川家も含めた諸侯会議の設置を目指していた土佐藩など一部から評価を集めた。
坂本龍馬とも交流があり、龍馬が暗殺される2日前にも会談している(龍馬暗殺から3日後に伊東も暗殺された)。

剣術にも非常に優れていたとされ、稽古では土方歳三を凌ぐ腕前だったとも。
だが生涯実戦で真剣を振るったのは、暗殺される際に反撃として振るったただ一刀のみであったと思われる。

創作での伊東甲子太郎

薄桜鬼


参謀


CV:千々和竜策

北辰一刀流の道場主である。近藤勇に博識と剣の腕を買われ新選組に入る。独特な喋り方をする。
彼の登場により、剣を持てなくなった山南はさらに居場所が無くなったと感じるようになり自暴自棄になってゆく。
ある時羅刹の存在を知ったことをきっかけに史実どおり脱退。その後近藤暗殺を計画したことでやはり史実どおり暗殺された。
薄桜鬼真改には弟の三木三郎が登場する。

ラヴヘブン

乙女パズルゲームの攻略キャラクター。初期レアリティはRでの登場。
異世界の危機を救うため、主人公により召喚された。
弟の三木三郎も登場する。兄弟共に頭頂部の葉っぱのようなハネ毛が特徴的。

関連タグ

新撰組 御陵衛士 薄桜鬼 近藤勇 ラヴヘブン

関連記事

親記事

新撰組 しんせんぐみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伊東甲子太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216895

コメント