2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

嶋田久作

しまだきゅうさく

日本の俳優。神奈川県横浜市出身。ホラーやサスペンス物での活躍で有名。
目次[非表示]

経歴

1955年4月24日生まれ。有限会社ザズウ所属。本名は嶋田 哲夫。

東洋大学を卒業後、さまざまな仕事を経て、29歳で劇団「東京グランギニョル」に参加。
舞台『帝都物語』に出演した(※加藤保憲役ではなくヘルムト白井役であった)際の演技が関係者の目にとまり、同作品が1988年に映画化されるにあたり、主演・加藤役で抜擢された。

180cmという長身に加え、細身の体格と細長い顔が、実際以上にそのシルエットを高く、長く見せる。この特徴ある容姿が加藤保憲というキャラクターの怪奇性、特異性にぴったりと合い、本人の存在感を強烈に示すこととなった。
そのハマりぶりには、原作者の荒俣宏が甚く感激し、後に加藤の容姿の描写を嶋田に合わせて書き直したほどである。
続編の『帝都大戦』でも加藤役で出演、またOVAでも加藤の声を当てている。

その個性と演技力で注目を集め、『帝都物語』以降は映画やドラマを中心に大物監督の作品に次々出演を果たした。特に怪奇作品のマニアからは、名優岸田森亡き後、彗星のごとく登場したスターとして厚い支持を受けている。実相寺昭雄作品にも度々出演しており、特撮ファンからもよく知られる存在である。

ミステリアスな雰囲気から、探偵、医師、研究者と言った知的な役どころが多い。
また、サカナクション乃木坂46といったアーティストのMVにも多く出演している。


人物

怪異な容貌から取っ付きにくい人に見えるが、実は気さくで心優しい人物である。
「帝都大戦」では子役を踏みつけにするというシーンの撮影時に、残酷さに耐えきれず思わず涙ぐんでNGを出してしまった、などのエピソードを持つ。
また甘党であり、休日には散歩がてら、行きつけの喫茶店でケーキを食べるのが習慣だったこともある。

既婚者である。自宅では2007年ごろから「ヴェロニカ(もっぱら愛称の「ニーカ」と呼んでいる)」という名前の猫を飼育しており、非常に可愛がっているようで、自身のブログのタイトルにも「猫可愛がり」と冠するほどである。それ以前には、妻が結婚前から飼育していた猫の「みあ」(嶋田いわく「連れ子」)を長年飼育していた。→AERA.dotの記事

芸名は小説家の夢野久作に因み、面長の容姿が似ていることから、東京グランギニョルの団長であった飴屋法水によって命名された。この時の芸名の候補には「ラヴクラフト嶋田」もあり、同じくラヴクラフトに容姿が似ていることからである。
アクションなどを演じる機会はないが、劇団員として鍛えられたこともあり、クレイジーダンスを踊った事もある。

親友で、同じく俳優の佐野史郎とはクトゥルフ神話という共通の趣味があり、一緒にTRPGを嗜む仲でもある。なお、二人して「俺ら(プロの俳優なのに)ギャラももらわないで(キャラクターを演じるなんて)何やってるんだろうな」と笑いあっているとか。
佐野やその妻の石川真希らと共にバンドを組んでいた時期もある。


主な出演作品

映画

TV

他多数

声優

その他



関連タグ

俳優 声優


外部リンク

公式ブログ『猫可愛がり。だからダメなんだ
Wikipedia

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「嶋田久作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86355

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました