ピクシブ百科事典

岡本喜八

おかもときはち

岡本喜八とは、日本の映画監督。故人。画像は代表作の一つ『日本のいちばん長い日』

人物

1927年2月17日鳥取県米子市四日市町に生まれる。本名は岡本喜八郎。
高校卒業と同時に上京し、1943年東宝に入社、助監督となるも戦局の悪化に伴い招集され陸軍工兵学校に入学。愛知県豊橋市にあった第一陸軍予備士官学校で終戦を迎えた。
この豊橋滞在時に空襲で多くの戦友たちの死を目の当たりにし、戦争や無責任な軍部に対する大きな憤りを抱き後の戦争映画に影響を与えた。

戦後はマキノ雅弘谷口千吉成瀬巳喜男本多猪四郎らに師事し下積み時代を迎える。1953年に東宝が石原慎太郎に自作『太陽の季節』を監督させると発表した際に助監督らが猛反発し、シナリオ選考の時点で一人を監督に昇格させることが決まり、『独立愚連隊』『ああ爆弾』のシナリオ実績を買われて昇進し、1958年に監督デビューを果たす。以後『日本のいちばん長い日』や『侍』など多くの作品を手掛けた。

1970年に東宝を退社。娯楽映画の撮影にも着手し、1991年に『大誘拐 RAINBOW KIDS』では日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞し、持ち味の一つである娯楽色をさらに前面に押し出した作品が多くなっていく。

1995年、『EAST MEETS WEST』で初のアメリカロケ中に言語障害を起こし、硬膜下血腫と診断される。その後も軽い脳梗塞などを起こし、言語が不明瞭であった。
2005年2月19日、食道がんで死去。享年81歳。死の直前まで最新作の企画を構想し続けていたという。

関連項目

映画監督

関連記事

親記事

映画監督 えいがかんとく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「岡本喜八」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「岡本喜八」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1623

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました