ピクシブ百科事典

獣人雪男

じゅうじんゆきおとこ

『獣人雪男』とは、1955年に公開された東宝製作の特撮映画。
目次[非表示]

概要

ゴジラ』『透明人間』『ゴジラの逆襲』と続く戦後東宝特撮映画の第4作目。
原作はゴジラに引き続き香山滋が担当し、本多猪四郎円谷英二のコンビが監督したほか、当時無名だった岡元喜八が助監督兼脇役として参加。キャストやスタッフもゴジラから多く続投している。

ゴジラ以上に秘境物の要素が強くなっている。

あらすじ

東京にあるK大学の山岳部は、冬の日本アルプスへとスキー合宿へとやって来た。
ところが2名の部員が行方不明になる。1人は遺体で発見されたが、もう1人は行方不明のままで、山荘の周りに奇妙な足跡が残っていた。

やがて夏になると、山岳部は捜索隊を結成。行方不明になった部員の弟祐介や妹の道子、生物学者の小泉博士、そして悪徳興行師の大場と共に山へと入った。
山中にキャンプを張った一同の前に謎の生き物が出現。後を追った部長の飯塚は、生物の捕獲を企む大場達に怪我を負わされてしまった。
彼を救ったのは、昨年出会った部落の娘チカだった。しかしよそ者を嫌う部落人たちは飯島を断崖につるし上げにする。それを助けたのは、あの謎の生物雪男だった。

しかし雪男は追って来た大場達に捕らえられ、子供の雪男が殺されてしまう。怒り狂った雪男は部落で大暴れを始めた。

出演者

飯塚高志:宝田明
武野道子:河内桃子
チカ:根岸明美
小泉重喜:中村伸郎
武野信介:笠原健司
中田:境左千夫
大場:小杉善男
爺様:高堂國典

雪男

日本アルプスの閉ざされた秘境に長らく生きていた獣人の末裔。部落の人間からは山の主と崇められていた。
かつては沢山種族がいたらしいが、現在は毒キノコの影響で劇中に登場した親子の個体のみしか存在しない。

温厚な性格だが怒らせると非常に凶暴で、大場の策略で檻に入れられたものの輸送中に子供が殺された事に怒り狂い、檻を破壊して大場を殺害。人間への復讐のためにチカの部落を襲撃した。
最後はチカと共に火山の火口に落下した。

封印作品扱いについて

今作は公開されてから一切のソフト化、メディア化がされていない作品として知られている。一時期は音声だけを収録したドラマCDや海賊版ビデオが発売されるなどきな臭い話も多い。
理由としては「部落の描写に近親婚を繰り返し、障害者が増えてしまったような場面」等部落に対する描写に問題があることが考えられている。日本にそういう部落があるという描写は当時は山窩という山に住む部族がいる考えが、少なくとも知識人の間では一般的だった為と考えられている。

ただし劇場で公開する分には問題ないらしく、現在でも一部劇場で公開されている事がある。またサントラCDなら出ている。

アメリカでは『Halh human』というタイトルで公開され、DVDも出ているがジョン・キャラダイン演じるジョン・ライバーン博士が「日本でこんな出来事があった」と回想する内容となっている。

関連タグ

東宝特撮 封印作品

コメント