ピクシブ百科事典

ノストラダムスの大予言

のすとらだむすのだいよげん

「ノストラダムスの大予言」は、1970年代から1990年代にかけて信じられていた終末論のひとつ。
目次[非表示]

概要

事の発端は、五島勉1973年に著書『ノストラダムスの大予言』を祥伝社から発行したことに始まる。

この本の中で、フランス医師占星術師ノストラダムスが1555年に著した『予言集』の詩のひとつから、1999年7の月に人類が滅亡する」という解釈を掲載したことにより、経済成長の一方で公害問題や冷戦などで将来に対する不安を抱えていた当時の日本ベストセラーとなった。

その後、ことあるごとに雑誌などで特集が組まれたり、東宝によって映画化されたり()、テレビで特別番組が放送されるなどしてしだいに多くの(一部の)人が信じるようになっていき、オカルト新興宗教の界隈では有名人となってくのである。
この予言を信じる者の中には「どうせ滅びるんだから、勉強も仕事もしても意味ないじゃん」と言わんばかりに、享楽的な生活を送る者が現れるようになる。


…そして迎えた「1999年7の月」
8の月になっても、何も起こらなかった…

予言を信じて享楽的な生活を送る者たちは一気に地獄へと突き落とされ、まさしく阿鼻叫喚地獄絵図の様を呈するのであった。(…合掌

公開当時は大ヒットしたが、現在は放射能の影響で食人鬼と化した人々や、核戦争後の人類のデザインが原爆症による奇形をデフォルメしたものではないかという指摘がなされ、反人道的・差別的だとして問題視されたこともあり、映像ソフト化は一切行われていない。よって、現在では視聴することが極めて困難である。

その後

信じていた人物たちの期待を大きく裏切ったからか、ノストラダムス自体が語られることはなくなってきた。
そしてこの事件で耐性を得た多く人々は、新たに持ち出された「マヤの予言」を始めとする「2012年の人類滅亡説」に対して冷ややかな目を送ることになる。

余談

  • この話を真に受けたとある日本人が1989年に原本を所有するフランスの学者の元を訪れ、自分が救世主として載っているかもしれないと考えて、本の現代語訳の研究を求めた。しかし、学者は日本語に現代語訳するのは極めて困難だと告げ、実際に本の中に自分の存在を見出せず諦めて帰国した。その人物こそ、後に多くの殺戮事件を起こしたオウム真理教教祖麻原彰晃である。
  • 第二次世界大戦中、ドイツ軍はフランス侵略中に『予言集』の一説を書いたビラを撒き、フランスが負けるのは予言された必然と解釈した文章を書き、心理戦を仕掛けていた。


関連タグ

オカルト 世界崩壊
MMR

pixivに投稿された作品 pixivで「ノストラダムスの大予言」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 988

コメント