ピクシブ百科事典

流星人間ゾーン

りゅうせいにんげんぞーん

『流星人間ゾーン』とは、1973年に東宝映像が製作した特撮ヒーロードラマ。
目次[非表示]

地球の友よ、握手は後だ ガロガの野望を打ち破れ

概要

1973年4月から9月まで日本テレビ系列で全26話が放送された。
同じ東宝特撮の花形怪獣であるゴジラキングギドラガイガンがゲスト出演した。
スタッフ面においても田中友幸本多猪四郎、福田純、古澤憲吾といった1960年代の東宝特撮映画を手掛けた実力スタッフや本作で監督デビューを果たした小栗康平、蓑輪雅夫、1970年代の東宝特撮映画の特撮監督として有名な中野昭慶、1980年代の東宝特撮映画の特撮監督を手掛ける事になる川北紘一らが参加している。
敵側のガロガバラン星人が送り込む怪獣恐獣(きょうじゅう)と呼称される。

ストーリー

地球から遠く離れた大宇宙、平和の星・ピースランド星
その平和も、宇宙の悪魔・ガロガバラン星人の野望により一瞬にして破られた。
生き残ったピースランド星人は宇宙船「パンドラカプセル」でバラバラに脱出。安住の地を求めて宇宙をさすらう難民・流星人間になった。
ある一家は地球に漂着し、防人(さきもり)家を名乗って暮らし始める。
しかし、ガロガバラン星人は地球をも侵略目標に。宇宙要塞を建設し、恐獣ミサイルで地球に恐獣を送り込む。
防人一家は第2の故郷を守るため、ガロガバラン星人に立ち向かう。

登場人物

防人一家

防人 光(さきもり ひかる)
長男、18歳。家族想いで明るい性格。普段は自動車会社のテストドライバーを努めている。
ゾーンファイト・パワー」の掛け声で、ゾーンファイターに変身する。
防人家への通信時には『「ランドスーピ」より「ミリファー」へ』というコードを使用する。

防人 螢(さきもり ほたる)
長女、16歳。兄想いで活動的な性格。普段は高校に通っている。
ゾーンエンジェルに変身。

防人 明(さきもり あきら)
次男、8歳。兄弟の末っ子で、好奇心旺盛な性格。普段は小学校に通っている。
ゾーンジュニアに変身。

防人 陽一郎(さきもり よういちろう)
42歳。三兄弟の父で防人家の大黒柱。地球人の表向きの顔として防人玩具研究所を経営している。

防人 月子(さきもり つきこ)
38歳。陽一郎の妻。一家の縁の下の力持ち的存在。

防人 雷太(さきもり らいた)
65歳。陽一郎の父で、ゾーングレートの異名を持つ。
防人家にある秘密兵器「ボルトサンダー」を使用すると彼の寿命を縮ませてしまう。

協力者

城 タケル(じょう - )
城模型店の店主にしてアマチュア天文家。ガロガの起こした事件に巻き込まれた際に防人家と知り合い、共に戦う。
普通の地球人だが雑兵のガロガ星人相手なら互角に戦える。

ゾーンファイター

身長:1,8m〜62m体重:91kg〜5万5千t

防人光が「ゾーン・ファイト・パワー!」の掛け声とともに変身した姿。優れた体躯を駆使して敵に立ち向かう。

ゾーンファイターが相手をするぞ


強大な敵・恐獣と戦う歳には「ゾーン・ダブル・ファイト」の掛け声とともに巨大変身する。
巨大化後の詳細は該当項目を参照。

ゾーンエンジェル
防人螢が変身した姿。高い身体能力からくる身のこなしを活かして敵に挑む。
中盤以降はゾーンエンジェルも巨大化する案があり、巨大化したゾーンエンジェルのデザイン画が存在していたが、劇中で巨大化する事はなかった。

ゾーンジュニア
防人明が変身した姿。小柄な体を活かして敵と戦う。

メカニック

メザー・ショット
別名:ペガサス。ファイター、エンジェル、ジュニアが携行している光線銃。
シルバーガロガを蒸発させる程の威力を持つ。

スモーキー
偵察や攻撃に使われる小型の宇宙艇。ゾーンエンジェルとゾーンジュニアが搭乗する。
最高飛行速度はマッハ50で、武装とし殺獣光線を装備している。
ゾーンファイターがエネルギーを消耗した時は「ゾーンマーカーチェンジ」によってエネルギーを回復させる役目を負う。

マイティーライナー
普段は一般の乗用車だが、「ゾーンコンバート」という異次元空間を通過する事で変形し、小型戦闘機になる。等身大のゾーンファイターが使用。
武装はライナービーム。
プラズマ流体振動エンジンを積んでおり、大気圏内はもとより宇宙空間でも飛行可能。

ガロガ軍団

侵略宇宙人 ガロガバラン星人

地球の友よ 握手は後だ


(イラストはシルバーガロガ)

複眼と長い触角を持った醜悪な顔が特徴の宇宙人で、ガロガ星人、もしくは単にガロガとも呼ばれる。
全宇宙支配のために生物の住む星を次々と攻撃している。

地球侵略にあたっては宇宙要塞「ガロガ宇宙ステーション」を築いて前線基地とし、そこから部下のガロガや「恐獣」と呼ばれる巨大生物を「恐獣ミサイル」で地球に送り込む。

最高司令官は「ゴールドガロガ」、その下に指揮官として「レッドガロガ」「ホワイトガロガ」が、一般兵士の「シルバーガロガ」がいる。

変身能力を持っており、人間に化けて暗躍する他、時には恐獣に変身する事もある。(どこかで見たことがある様な………)
なお人間に扮した際には手に水かきが現れるのが特徴。

随分地球に馴染んでいる感もあり、「ガロガはな、悪魔以上のワルなんだよ」など妙に饒舌な者も多い。

恐獣

ガロガ恐獣 レッドスパーク

別名(表記揺れ)爆弾恐獣/大砲恐獣身長75m体重7万5千t出身地ガロガバラン星
3人のガロガが合体変身して誕生した恐獣。
細い指の先に付いた玉状の器官から9千℃の熱を帯びた光線を出し、目からは催眠光線を放ち相手を痺れさせる。腹部にはバズーカ砲が備えられ、砲弾はTNT25t爆弾と同等の威力を誇る。ゾーンファイターの(画面上での)初陣を飾った。

マグネ恐獣 ジキロ

マグネ恐獣ジキロ


別名(表記揺れ)磁力恐獣身長78m体重9万5千t出身地ガロガバラン星
重量5千tの金属をも引き寄せてしまう強力な磁力を発する左腕と磁力光線を放つ右腕を持つ恐獣。頭部の角からは稲妻状の光線を放つ。
レッドスパークを倒したゾーンファイターの前に飛来し、初っ端からまさかの連戦を強いられたファイターを苦しめた。

双頭恐獣 デストロキング

恐獣デストロキング


別名(表記揺れ)地底恐獣身長85m体重8万t出身地ガロガバラン星
2つの頭を持つドラゴンの様な恐獣。背中の突起で地中を時速30kmの速さで掘り進む。
口から6千℃の赤色光線を吐く。首の力は東京タワーを一撃で圧し折るとされ、その筋力を活かしてトゲの付いた頭部をパンチの様に相手に突き立てる戦法を得意としている。

四次元恐獣 ドロラ
身長76m体重不明出身地ガロガバラン星
複数の動植物が組み合わせられた様な見た目の恐獣。富士山麓の地底基地を防衛する為に現れた。
2つの頭部がそれぞれの体の前と後ろに付いており、前の口から放つ赤い霧で相手にダメージを与えたり、対象を「四次元ネット」というを空間に閉じ込める能力を持つ。また、近接戦では右腕の蔦と左腕の大鎌で戦う。

破壊恐獣 ワルギルガー
別名(表記揺れ)火炎恐獣身長108m体重8万2千t出身地ガロガバラン星
長い首の恐竜型怪獣にカニの頭が付いた様な見た目の恐獣。東京侵略の使命を帯びている。
口から高熱火焔や散弾ミサイルを放ち、肩から伸びた枝の様な物を振り回してビルや高速道路を破壊する。また、飛び出した眼は緑の放射能を帯びているという。

レーザー恐獣 スパイラー
別名(表記揺れ)変身恐獣身長85m体重8万t出身地ガロガバラン星
バキシムベロクロンを足して割った様な見た目の恐獣で、人間への変身能力を持つ。
胸の赤いボタン状の部分から、青白い閃光を帯びた放射能光線を放ち、鼻から1万2千℃の炎を噴射する。
ワルギルガーとの連携でファイターを追い詰めた。


宇宙超恐獣 キングギドラ

キングギドラ


身長100m体重3万t出身地宇宙
かつてゴジラと幾度も対決した宇宙怪獣。今回はガロガに送り込まれたせいか別名が「〜恐獣」となっている。ゾーンファイターとは三度対決した。

着ぐるみは『〜対ガイガン』まで使われて来た物の流用。
改修をしながら、足掛け8年強もの間使われ続けた着ぐるみは満身創痍で、本作の撮影後に解体されたという。

角恐獣 ドラゴンキング
別名(表記揺れ)竜恐獣身長74m体重8万1千t出身地ガロガバラン星
全身が鋭くて硬い角で覆われている恐獣。ダム破壊の任を受け飛来した。
山を動かす程腕力が強く、またハサミ状の腕の挟む力は、巨大タンカーを切断歯てしまう程という。
鼻先から生えている鋭利な刃の付いた触角はレーダーの役割を果たしており、口から吐く炎の温度は1万℃。

着ぐるみはレッドスバークの改造。

とげ恐獣 ギルマラス
別名(表記揺れ)半魚恐獣身長75m体重7万5千t出身地ガロガバラン星
半魚人の様な見た目の恐獣。熱川旅行に来ていたゾーンファミリーの暗殺に失敗したガロガ13号の断末魔に呼応するかの様に、地中に埋まっていたカプセルから出現。
腹部のヒレから小型ミサイルを放ち、鼻先の角を外しそこから1万2千℃の炎を吹き出して攻撃する。

ドラゴンキングと同じ回に登場するが、両者の関係性は特に無い。

赤色頭脳恐獣 ゲルデラー
別名(表記揺れ)赤脳恐獣身長78m体重7万t出身地宇宙
脳の様な赤い発光体を頭部に持つ恐獣。東京を焼け野原にする為に秘密裏に丹沢の湖に送り込まれた。
鋭い牙で敵に噛み付き、口から爆発性のあるガスを吐く。
弱点は首。

巨大猿恐獣 ガロガゴリラ
身長58m体重6万8千t出身地伊豆
伊豆にある動物園に居た1頭のゴリラが、ガロガが作り出した血を吸う事で動物を恐獣に変える赤いクモ・ガロガスパイダーに噛まれた事により恐獣化した姿。
ガロガスパイダーの毒素により凶暴化し、物凄い怪力を発揮する。

蜘蛛型恐獣 スパイダウロス
別名(表記揺れ)蜘蛛恐獣身長70m体重7万t出身地†ガロガバラン星
クモの様な姿の恐獣。地底に沈んでいたミサイルから出現した。
頭の3本角と、口から吐く毒糸が武器。また飛行能力を持っており、空中からの体当たり戦法も得意としている、
ファイターとの戦いでは、ファイターを毒糸で絡め取り苦しめた。

奇形恐獣 シップドロー
身長67m体重8万7千t出身地ガロガバラン星
タコの足のような物が頭頂部から伸びているのが特徴の恐獣。突如街に現れた。
頭部の触手には高圧電流が流れているが、あまり強くなく、それを振り回す以外の攻撃技は特に無い。

着ぐるみはドロラの改造。

エネルギー恐獣 シャドラー
身長78m体重影なので不明出身地地球
シップドローと共に送り込まれた怪球から放たれた「ミラクル光線」を浴びたゾーンファイターの影から出現した、キーラをデフォルメした様な見た目の恐獣。
影を介してファイターのエネルギーを奪い苦しめる能力を持つ。目からフラッシュ光を放ち、口から緑色のガスを吐いて相手を攻撃する。

未来恐獣 ガイガン

ガイガン


身長65m体重2万5千t出身地宇宙
ゴジラを2度も苦しめた、宇宙のサイボーグ怪獣。キングギドラ同様、ガロガの手先であるせいか、こちらも別名が「〜恐獣」となっている。
両腕の鉤爪を武器にしており、たとえ倒されても、鉤爪を破壊されない限り「ガイガン忍法生き返りの術」によって何度でも復活してしまうという特殊能力を見に付けている。
この能力でゴジラやゾーンファイターを翻弄した。

最強恐獣 バラキドン
別名(表記揺れ)地熱恐獣身長73m体重6万3千t出身地地底
山中に秘密裏に建造されたガロガの基地内で、恐獣の卵に地熱と鶏のエネルギーを送り込む事で誕生した地球最強の恐獣。
その身にはゾーンはおろか、ガロガ側に被害が及ぶ程の物凄いパワーを秘めている。
高熱を帯びたトサカから放つ赤光と口から吐く放射能ガスが武器。
翼を使い強風を巻き起こしてゾーンファイターを苦しめた。

弱点は寒さで、体から熱を奪われると細胞がたちまち破壊されて死んでしまう。

電子恐獣 ガロボーグ
身長78m体重9万t出身地ガロガバラン星
ロボット怪獣然したボディと透明カバーで覆われた脳の様な頭部を持つ恐獣。
体内に発電器官があり、それにより生み出された強力な電流「殺人エレキ」が体中に流れており、触れただけで相手を痺れさせてしまう。また、右腕が三日月状の爪になっている。

ミサイル恐獣 デットラゴン
身長77m体重7万7千t出身地ガロガバラン星
レッドガロガが作戦の失敗を受け、部下のシルバーガロガと合体して誕生した恐獣。
両手が銃になっており、ミサイルを発射する。

土喰い恐獣 ザンドラ
身長78m体重9万1千t出身地東京地下
東京を沈没させる為に送り込まれた銀光りの恐獣。
頭部が巨大なドリルの様になっており、これとショベル状の腕を併用して地中に掘り進む。
また、頭部と腕から「ミクロイド殺人ガス」を放ち、ゴジラを苦しめた。
皮膚も大変頑丈で、ミサイルマイトでも傷一つ付かない。

ドリル恐獣 モグランダ
別名(表記揺れ)地底恐獣身長108m体重8万6千t出身地ガロガバラン星
2体のシルバーガロガが合体して誕生した恐獣。
前回の怪獣(ザンドラ)に続いてドリルを装備しているが、あちらがドリルを被った様な見た目なのに対しこちらはドリルを背負った見た目(これを思い浮かべて頂くとわかりやすい)なのが特徴。
口から火炎を吐き、背中のドリルを相手に突き立てたり、大きなハサミ状の右手を振り回して攻撃する。
また、ガロガ隕石の宇宙放射エネルギーを吸収する事により口から放射能を帯びた赤い毒霧を吐く能力を得る事ができる

変身恐獣 バルガラス
別名(表記揺れ)遊星恐獣身長62m体重5万9千t出身地バルガー遊星
バルガー遊星に落下したミサイルから現れた恐獣。
恐獣の中ではかなりシンプルな見た目が特徴。
口から赤いガスを吐く他、体を珠状に丸めての体当たり攻撃が得意‘シャザック]]]。
弱点は体のどこかにあるガラス状の「珠」で、これを破壊されると体を丸められなくなる。

爆弾恐獣 ガンダーギラス
別名(表記揺れ)破壊恐獣/台風恐獣身長71m体重8万t出身地地獄岳の噴火口
頭部から肩にかけて生えているヒレと大きな腕が特徴の恐獣。2週にに亘って登場。
牙の先端から放つ赤いビームと口から放つ火炎が武器。
強力なエネルギーを秘めているが、衝撃と磁力線によって起爆してしまうデメリットを持つ新物質「PS-73」が収められたカプセルを飲み込んでいる為、迂闊に手出しできない。

ゾーンファイターとの戦いでは、どういう訳か、ハタから見たらふざけている様にしか見えないバトルを行った。

双頭恐獣 ゴラム
別名(表記揺れ)ガンマン恐獣身長92m体重7万9千t出身地東京郊外
ネオパンドンの様な首の別れ方をしている双頭の恐獣。
体に指令を送る左の頭にガロガが誘拐した人間の子供達が埋め込まれている。

武器は腰に装備した2丁拳銃と口から吐く炎。

軟体恐獣 ジュラー
別名(表記揺れ)分身恐獣身長73m^体重7万1千t出身地ジュラール星
ジュラール星に棲む宇宙生物をガロガが改造して作り出した恐獣。
酸素を吸収して巨大化する性質を持ち、太陽光線やプロトンエネルギーに対して耐性がある為、プロトンビームが効かない。

再生恐獣 カスタム・ジュラー
身長70m体重6万8千t出身地東京郊外
ゴジラによってむしり取られたジュラーの触手から誕生した、ジュラーの分身・クローン)ともいえる恐獣。ジュラー・カスタムとも呼ばれる。
元のジュラーより少し小ぶりなのが特徴。

着ぐるみはシップドローの改造とされる。

超磁力恐獣 スーパージキロ
身長82m体重10万t出身地ガロガバラン星
東京から東南東の海上に出現した恐獣で、かつてゾーンファイターに倒されたジキロがガロガ科学機関により強化改造を施されたもの。
発せらる磁気は100倍となり、50万tの金属をいとも容易く引き寄せ、東京中の時計や方位磁針を狂わせてしまった。

武装として右手に磁力光線砲の他、左手にはファイターのミサイルマイトを打ち返す「アンチミサイルマイト」が装備されており、ファイターを一度返り討ちにした。

幻想恐獣 バクゴン
別名(表記揺れ)大恐獣身長80m体重6万9千t出身地ガロガバラン星
獏の様な見た目をした恐獣。鼻先から放つ火炎が武器。
幻覚作用のある有毒ガスを吐く能力があり、ガロガはこれを利用して人間同士を争わせ、自滅させる「ミラージュ作戦」を執り行った。

殺し屋恐獣 ニードラー
別名(表記揺れ)針吹き恐獣身長77m体重8万2千t出身地ガロガバラン星
虫の様な顔と体を走る配線状の器官が特徴の恐獣で、別名の「殺し屋」の異名の通り多彩な武器を持つ。
中でも吹き矢状の強力な破壊兵器・ニードラーマイトは、モロに喰らえばファイターすらバラバラにする程の爆発力を秘めている。

甲冑恐獣 カブトギラー
身長73m体重7万t出身地ガロガバラン星
「恐獣連合軍」の一体で、三日月状の仮面が特徴。
両腕の鎌と口から放つ発火性ガスが武器。

一応新恐獣である(のだが……)。

恐獣連合軍
奥多摩に飛来した多数の恐獣ミサイルから現れた恐獣達で、所謂再生怪獣軍団
更にガロガは、奥多摩に秘密裏に建造された基地で作られた大量の時限式カプセルに恐獣を詰め、それわ各地にバラ撒いて奇襲を仕掛けようとした。

劇中巨大化したものは5体(一覧)
怪獣名備考
カブトギラー他の4体と違い、一応新恐獣。早起きさん。資料によってはリーダー扱いされる事もあるようだが、劇中にその様な場面は見受けられない。
ジキロ何故かスーパーでは無く初代。両腕から破壊光線を放つ様になった
スパイダウロス新たに光線を吐く能力を得得。
ガロボーグ胸からガスを噴射する様になり頭部の透明カバーが無くなっている。
モグランダシルバーガロガ達のうっかりのせいで決戦には不参加

幻覚恐獣 グロテガウロス

幻覚恐獣グロテガウロス


身長80m体重8万t出身地ガロガバラン星
ガロガ星から新たに送り込まれた刺客・コバルトガロガ率いる集団「ガロガンマーX」の内5体が合体して現れた恐獣。
相手に幻覚を見せる能力と高熱を帯びたガスが武器。

関連タグ

東宝 特撮 東宝特撮
流星ミサイルマイト
ゴジラ キングギドラ ガイガン
ウルトラマンA

外部リンク

流星人間ゾーン - Wikipedia

関連記事

親記事

東宝特撮 とうほうとくさつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「流星人間ゾーン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「流星人間ゾーン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112767

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました