ピクシブ百科事典

太陽の季節

たいようのきせつ

元東京都知事・石原慎太郎の短編小説。 1955年発表。
目次[非表示]

あらすじ

ボクシングギャンブルしか興味のない若者(今のネットスラングでいうところのDQN)が、自分の女を兄に売ったところから始まる阿鼻叫喚の復讐劇。

社会への影響

映画は弟であり、後の国民的大スターである石原裕次郎のデビュー作となった。
一方で、(他の石原慎太郎映画含めて)作中に描かれている無軌道・刹那的な生き方は未成年者への若者への悪影響を考えて「太陽族映画」と呼ばれ上映館での自主規制が相次ぎ、映倫管理委員会の設立へとつながった。

皮肉

しばしば言われる皮肉
漫画は卑しい仕事だが、太陽の季節は高尚な芸術である」

関連タグ

石原慎太郎 東京都
青少年健全育成条例改悪反対
太陽族 石原裕次郎
映倫

pixivに投稿された作品 pixivで「太陽の季節」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121052

コメント