ピクシブ百科事典

長門裕之

ながとひろゆき

長門裕之は日本で活躍した役者(昭和9年-平成23年)。
目次[非表示]

人物

 女優南田洋子(二人の間にはない)。実俳優映画監督津川雅彦
 なお系図をたどると芸能人一家(詳細はwikipedia:マキノ家参照)になっている。

一生

 京都生まれ、第二次世界大戦以前より子役ととして活躍していた。学生時代は一時役者を休業していたものの、立命館大学中退後は日活俳優として入社。このころの代表作として太陽の季節(主役)などがある。なお日活ではスターとなったものの、石原裕次郎津川雅彦に人気を奪われることとなったとされる。
 昭和36年結婚し、その翌年に日活から独立、フリーとなり、映画だけではなくテレビでも活躍することになる。
 また、チャリティー事業にも熱心に取り組んでいる。
 ところが、告白本『洋子へ』の出版(内容は妻への女性関係の告白であったが、実際には複数女優および歌手に対する誹謗中傷なども含んでいたとされる)により妻と一緒にしばらく干される。
 しかし復調しテレビ等で活躍していた。
 また、妻の介護を公開し話題となった(ただしこれは女優であった妻の恥部をさらすような行為であったために妻の一族とは仲が悪くなったといわれる)。
 妻が亡くなった一年後、後を追うようにしてこの世を去った(なお遺影はm9(^Д^)に似ると一部で話題となった)。

作品のリスト

 これは大量のため参照リンクの項目を参照してください。

pixiv

 pixivの作品としては追悼イラストが目立つ。

参照

wikipedia:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「長門裕之」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207

コメント