ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

怪奇大作戦

かいきだいさくせん

『怪奇大作戦』とは、円谷プロダクションが制作し、TBS系列「タケダアワー」にて1968年9月15日から翌年3月9日まで毎週日曜夜7時に放送された特撮ドラマの名称である。
目次 [非表示]

怪奇大作戦とは

それまで円谷プロが製作してきた「ウルトラQ」や、「ウルトラマン」のように

怪獣ヒーローは登場せず、科学を悪用した犯罪による怪奇現象と私設組織「S.R.I.」の戦いを描くドラマ

2007年には『怪奇大作戦セカンドファイル』、2013年には『怪奇大作戦ミステリー・ファイル』の名称でリメイクされている。こちらはNHK-BSで放送された。


企画経緯

1968年、折しも児童メディアを席巻していた怪奇・妖怪ブームに鑑みた円谷プロは、空想特撮シリーズから転じて怪奇ドラマの決定版として企画した。まず『科学恐怖シリーズ トライアン・チーム』なる企画書が提出され、『チャレンジャー』『サイエンサー』と企画が二転三転していく中で以下のポイントが抽出された。


ウルトラマンセブンのような超人は登場しない(劇中に登場するセブンは、あくまでスーツの設定)

内容は怪奇・恐怖を押す線と科学心理を押す線

敵は常に科学を悪用する者

怪獣や宇宙人は登場しないが、科学の生み出した怪物は登場する

作品のような派手な特撮シーンはないが、代わりにサスペンス一杯の、恐怖に手に汗握るショッキングなシーンを特撮で描く

現代科学で得られる現象事象を対象に取り上げる事

怪生物や怪植物のリアリティを重視する科学性のアプローチ

スポンサーが着ぐるみをなるべく避けろと要望


これらを咀嚼・洗練していった結果が『怪奇大作戦』である


ゴールデンタイムで扱うにはテーマが重く子どもには地味な内容だったが、平均視聴率は22%代を記録。当時としても十分高視聴率だが、66年の『ウルトラマン』の圧倒的高視聴率でハードルが高くなっていたTV局の合格ラインは厳しく、第1クール終了時点で「2クールで終了。延長措置なし」の判断が下された。しかし、「動機の無い殺人」や「孤独な老人」、「戦争の痕跡」など現在でも通用するような深い社会問題を取り上げた名エピソードも多く、特撮ファンからの人気は高い。


S.R.I︰科学捜査研究所

読みは「エス アール アイ」。正式名称は「SCIENCE RESEACH INSTITUTE(サイエンス・リサーチ・インスティテュート)」。

警察の捜査では解決不能な不可解な怪奇事件を、独自開発した機械等を駆使し科学捜査を行う民間組織

警察から事件捜査を依頼されることが多いが、前述の通り民間組織であるため、警察同様の権限は持たされておらず、また一般人からの依頼も見ることができる。


SRIのメンバー

的矢忠(原保美)

48歳。SRIの所長。元警視庁鑑識課長で、警察での経験を活かして私財を投げ売ってSRIを設立した。警視庁捜査一課長の町田警部とは旧知の仲。

下の名前の読みは「ただし」だが「殺人回路」に登場した同級生の伊藤大助から「チュウ」という愛称で呼ばれている。

妻の敏子と息子の浩一がいる。

三沢京助(勝呂誉)

24歳。直情型の熱血漢。防衛大学校時代にラグビーの試合中事故で相手を半身不随にしてしまったことから自責の念に駆られ、ラグビーも大学も辞めてしまったところを的矢に誘われてSRIに入った経緯を持つ。肉体派だが科学知識も豊富で、研究室に白衣で立つ姿も多い。情にもろいところが弱点。

牧史朗(岸田森)

28歳。SRIの頭脳的存在。父を科学犯罪で失った過去を持つ為に誰よりも強く犯罪を憎んでおり。その時に父の事件を担当した警視庁時代の的矢の誘いでSRIに入所した。幼い頃に姉のチエコを戦時中の敵機銃掃射で亡くしている。

誕生日は太平洋戦争開戦の1941年こと昭和16年12月8日(15話「24年目の復讐」)。「終戦当時は5歳だった」と数え年で答える場面もある。

ULTRAMAN(漫画)にもゲスト出演している。

野村洋(松山省二)

21歳。SRIの若手メンバー。少々おっちょこちょいだが、フットワークの軽さが売りのムードメーカー。

小川さおり(小橋玲子)

19歳。SRIの紅一点。基本的には事務所詰めだが、現場でも活躍する。考古学者の父親がいる。


劇中には登場しないが、SRIにはこの他にも数名の研究員が在籍しているとされる。


SRIの協力者

町田大蔵(小林昭二)

48歳。殺人及び強行犯罪を扱う警視庁捜査第一課長。階級は警部。的矢の元同僚。警察とSRIの橋渡し的存在。基本的には協力者だが話によって立場が二転三転する。

次郎(中島洋)

11歳。SRIに出入りしてメンバーの助手を務めている。主に野村と行動を共にする。何故か途中から出てこなくなる。


SRIの装備

トータス号

定員2名。強固なボディを持つSRIの特捜車両。主に野村が使用する。

車内には各種特殊装備を搭載している。

ベース車両はスバル・サンバー

ガルウィング式の窓がついているスチルが多く見られるが、撮影段階では撤去されオープンカーとなった。これを意識してか『セカンドファイル』ではガルウィングドアのオートザムAZ-1が使用されている。


SRI専用車

トヨタ・クラウン(MS50前期型)に通信装置などを取り付けたもの。大掛かりな特殊装備は搭載されていない。外観もSRIのマークが描かれている以外は普通の乗用車と変わらない。

第22話にはフォード・ファルコンフォーチュラに脱出装置を付けた特殊車両も登場した。


各話リスト

放映No.脚本No.制作No.サブタイトル登場した怪奇及びSRIの装備脚本監督特殊技術放送日視聴率
123壁ぬけ男*キングアラジン、スペクトル破壊器上原正三飯島敏宏的場徹1968年9月15日24,8%
211人喰い蛾人喰い峨金城哲夫円谷一的場徹9月22日23,3%
332白い顔白い顔の男、高出力レーザーガン金城哲夫、上原正三飯島敏宏的場徹9月29日21,9%
444恐怖の電話佐々木守実相寺昭雄大木淳10月6日21,1%
555死神の子守唄スペクトルG線佐々木守実相寺昭雄大木淳10月13日21,3%
666吸血地獄吸血鬼ニーナ金城哲夫円谷一的場徹10月20日20,6%
778青い血の女殺人人形、あれ若槻文三鈴木俊継高野宏一10月27日20,6%
887光る通り魔燐光人間上原正三、市川森一円谷一的場徹11月3日20,8%
999散歩する首散歩する首若槻文三小林恒夫大木淳11月10日23,5%
101111死を呼ぶ電波殺人電波を発するテレビ福田純長野卓的場徹11月17日22,7%
111010ジャガーの眼は赤い*サンドウィッチマンのウルトラセブン、立体映像装置高橋辰雄小林恒夫大木淳11月24日22,2%
121313霧の童話落武者の亡霊上原正三飯島敏宏的場徹12月1日20,2%
131212氷の死刑台冷凍人間、サンビーム500若槻文三安藤達己高野宏一12月8日22,2%
141414オヤスミナサイ睡眠学習装置藤川桂介飯島敏宏的場徹12月15日19,7%
15151524年目の復讐水棲人間上原正三鈴木俊継大木淳12月22日20,6%
161816かまいたち真空切断装置上原正三長野卓高野宏一12月29日22,5%
171917幻の死神見えない殺人者田辺虎男仲木繁夫的場徹1969年1月5日23,0%
182018死者がささやく海に浮かぶ生手若槻文三仲木繁夫的場徹1月12日21,7%
192119こうもり男こうもり男上原正三安藤達己大木淳1月19日22,4%
202220殺人回路ダイアナ市川森一、福田純福田純佐川和夫2月2日22,8%
212322美女と花粉アルコールと反応する熱帯植物の花粉石堂淑朗長野卓的場徹2月9日23,8%
222421果てしなき暴走精神を狂わすガス市川森一鈴木俊継佐川和夫2月9日22,3%
231624呪いの壺リュート線石堂淑朗実相寺昭雄大木淳2月16日22,1%
242523狂鬼人間脳波変調機山浦弘靖満田かずほ的場徹2月23日24,7%
251725京都買いますカドニウム光線発振器佐々木守実相寺昭雄大木淳3月2日16,2%
262626ゆきおんな雪女藤川桂介飯島敏宏佐川和夫3月9日25,1%

※第24話は現在欠番。詳しくは該当項目を参照。


「人喰い峨」バージョン違いについて

「人喰い蛾」は当初第1話として制作されたが、初号試写の際に特撮シーンのリテイクが掛かったため完成が遅れ、第2話として放送されることになった。


未放映バージョンは本編の一部シーンやBGMが異なるほか、エンディング映像も全く異なっている。また、1968年当時の出版物等でSRIの装備メカとして紹介されながら放映版では一度も使用されなかった「ケミカルメース」が、このフィルムで唯一登場する。


1988年に読売テレビで放送された特番『なんたってウルトラマン』内で円谷作品の歴代主題歌映像が流された際に偶然本作品のエンディング映像が使用され、未放映バージョンの存在が公に知られることとなった。


スタッフ

監修:円谷英二

プロデューサー:森田康司、野口光一、淡豊昭、熊谷健(円谷プロ)、橋本洋二(TBS)

音楽監督:山本直純

音楽:玉木宏樹

脚本:上原正三、金城哲夫、佐々木守、若槻文三、市川森一、福田純、高橋辰雄、藤川桂介、田辺虎男、石堂淑朗、山浦弘靖

監督:飯島敏宏、円谷一、実相寺昭雄、鈴木俊継、小林恒夫、安藤達己、長野卓、仲木繁夫、福田純、満田かずほ

特殊技術:的場徹、大木淳、高野宏一、佐川和夫

撮影:稲垣涌三、福沢康道、鈴木清、森喜弘、中町武

美術:岩崎致躬、池谷仙克、深田達郎、倉橋利韶

照明:小林哲也、羽田昭三、小林和夫、染川広義

操演:平鍋功、中島徹郎、塚本貞重

助監督:山本正孝、難波誠一、石井竹彦、安藤達己、高橋五郎、岡村精、東条昭平、志村広

光学撮影:中野稔

記録:新沼久渉子、浦島邦江、林保代、川島康子、植村よし子

編集:柳川義博、小倉昭夫

制作主任:秋丸学、斉藤記一郎、高山篤、小島清文

効果:西本定正、知久長五郎、酒井宏、泉典彦、福島グループ、泉典彦

録音:松本好正、セントラル録音、番町スタジオ、二見貞行

現像:東京現像所

制作協力:京都映画(23話、25話のみ)

撮影助手:河原崎隆夫(23話、25話のみ)

特殊機材:久世春晴三郎(23話、25話のみ)

整音:セントラル録音(23話、25話のみ)

制作:円谷プロダクション、TBS


撮影協力

別府白雪山荘(6話)

全日空(6話、8話)

阿蘇白雪山荘(8話)

長野 八ヶ岳高原ヒュッテ(14話)

下電ホテル(17話)

下電バス(17話)

下電観光船(17話)

熱川ハイツ(18話)

那須ロイヤルセンター(26話)

那須ロイヤルホテル(26話)


未制作エピソード

「細い手」脚本:砂田量爾

「その受話器を外すな」脚本:浅間紅児

「死神と話した男たち」脚本:佐々木守

「フランケン1968」脚本:金城哲夫

「海王奇談」脚本:金城哲夫

「恐怖のチャンネルNO.5」脚本:福田純

「半魚人」脚本:市川森一

「平城京のミイラ」脚本:石堂淑朗

「誘拐魔」脚本:高橋辰雄

「伝説の海」脚本:須川栄三

「死を配達する男X」脚本:若槻文三


余談

本作に登場する科学捜査研究所だが、後に同名の組織が警察内部に本当に作られてしまったため、リメイク版では「特殊科学捜査研究所」となっている。


関連イラスト

初描き)怪奇大作戦
怪奇大作戦 第8話 光る通り魔

吸血地獄
死神の子守唄

関連項目

円谷英二 岸田森 実相寺昭雄 円谷プロ 京都

関連記事

親記事

円谷プロダクション つぶらやぷろだくしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148705

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました