ピクシブ百科事典

オートザムAZ-1

おーとざむえーぜっとわん

マツダがかつてオートザムブランドで生産販売していた軽スポーツカー

この車両MAZDAにより平成4年から平成5年にかけて製造された軽自動車クーペである。
 平成ABC(同様のスポーツであるマツダ・オートザムAZ-1ホンダビートスズキカプチーノのこと)の中の一台であり、1992年から95年までオートザムブランドで販売されており、エンヂンはスズキの直列3気筒F6A型をミドシップ搭載し、後輪駆動していた。
 また、パワートレイン系統は一部を同型のエンヂンを搭載するアルトワークスと共用していた為、下手をすればアルトワークスのパーツを流用できる可能性も高い。
 この車両は日本の自動車では珍しくガルウィングドアを採用しており、ボデーの外版はFRPでフレームはスケルトンモノコックを採用していた、つまり外装のないシャシー状態で走れたというカオス車両である。
 ただ、生まれた年(バブル景気の崩壊と重なる)が悪かったのか、価格面の問題(実は後10万円程度出せばロードスターが購入可能)、それとも乗り手を選ぶ(技術的にも物理的にも)マシンだったのかは定かではないが生産が始まって3年後の95年(OEM車両のSUZUKI CARAは生産開始から1年後の94年)にはバブル崩壊の煽りで生産打ち切りと言う最後を遂げる。
 生産台数の少なさ(5千台を切っている)および軽スポーツカー(一応平成ABCがあるが)と言うレアな組み合わせのためなのか、生産終了後にプレミアがついており(ちなみにあまりやすいものだと事故車をつかまされる)、ベース車両よりレアなマツダスピードバージョンはベース車両より高い中古価格になっているとされる。


余談ながら、普通のドアをポップアップドアに改造するためのキットがあるのだが、入手の容易さからなのかAZ-1純正のドアダンパーを流用していたキットを出していた所もあったとか。
AZ-1のガスダンパーは専用設計のために代替品はなく、AZ-1自体の製造も終了したためにあっという間にダンパー流用キットは消えたようである。

参照元

ニコニコ大百科同項目

関連項目

MAZDA 軽自動車 スポーツカー クーペ ガルウィング バブル景気

pixivに投稿された作品 pixivで「オートザムAZ-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 672

コメント