ピクシブ百科事典

RX-8

あーるえっくすえいと

形式名称「SE3P」開発コード「J60」 マツダ社のスポーツカー。RX-7に次ぐロータリーエンジン搭載車だった。
目次[非表示]

この車種は2003年4月に販売開始され、欧州での排ガス規制により2010年5月でヨーロッパでの販売終了、2012年6月生産(および日本およびアメリカでの販売)終了、2013年4月には公式サイトも消失した。
 またこの車種には水素を燃料として走るものも存在した。

基本設計

 この車種はMazdaお得意のロータリーエンジン搭載の後輪駆動のスポーツカーであり、新規に設計された車種である。通常この手の車は2ドアであるが、この車種はアメリカからの要望により一応の4ドアであり、ファミリーカー仕様のスポーツカーともいえる。

パッケージング

 この車種に使用されたプラットフォーム(車両の構成部品が共有されている際の構成部品の一連の組み合わせ)はRX-7後期型に使用されたFプラットフォームの流れをくむ「マツダ・FEプラットフォーム」であり、後継車ではなく完全な新規設計の車種である。
 4ドアであることが提携先であるフォード・モーター側からの絶対条件であったため、4ドアでいかに軽く作るかが問題となった。それを解決させたのが非対称の観音開きに開く「フリースタイルドア」(ただし前部ドアを開けない限り後部ドアはあけることはできない)である。これによりロータリーエンジン車特有の軽快なハンドリングは健在であり、RX-7よりもエンジンマウント位置をより内側に低くマウントしたことに加え、高い剛性により旋回性やハンドリングは抜群に良いとされる。
 4ドア4シーターとしての利便性(リアシートもワンマイルシート、すなわち補助座席に近く1.5㎞の乗車が限度のような座席、ではなくきちんと大人が乗れるものが装備されている)や、高いボディ剛性、また向上した燃費がそれを裏付けるとされる。
 なおRX-7より前後重量比50:50の重量バランスは受け継いでいるが、車種のキャラクターそのものがRX-7に対してファミリー向けのものとなっている。
 しかしながらこの車種は発売当初から仮想対抗車とされた「HONDAS2000」ではなく、自社の「RX-7」と比較されることが多く、増した重量、失ったターボパワー、高くなってしまった車高などからスポーツカーユーザーからの評価は決して良いものだけではなかった。

エンジン

 基本的にはマツダ・13B型ロータリーエンジン(マツダ・ルーチェのGTタイプやユーノスコスモの下位機種、RX-7やレーシングカーに搭載されたエンジン)だが、新規設計により燃費が大きく改善された「RENESIS」(13B-MSP)を装備する。
燃費向上のため、過給機(ターボチャージャー)を装備せず、自然吸気となっているが、レブリミットは毎分9000回転と、レーシングカー787Bに搭載されていた26Bエンジンと同クラスの高回転ユニットとなっている。

安全性能

 フリースタイルドアであることにより必然的にBピラー(前部座席と後部座席の間に存在する柱)がないのが特徴だが、ドア内部にピラーに相当する骨格を組み込んだ「ビルトインピラー」により高い剛性を得ており、国土交通省衝突安全基準において運転席・助手席共に6つ星を獲得した。
 なお、リアドアは開け閉めを容易にする意味も含め、パネルをアルミ化し軽量化している。
ブレーキ性能試験においては100km/hからの停止距離が38.6m(湿潤時 44.4m)となっており、これは2011年現在、試験が行われた全車両中トップの成績を誇る。
 ボンネットにショックコーンアルミボンネットを装備するものの、ボンネットの位置そのものが低いということもあり、歩行者頭部保護性能試験ではレベル1に留まっている。
 軽量化の為、全グレードに渡ってスペアタイヤは搭載されず、パンク修理キットで代用している。

ボディカラー

  • スノーフレイクホワイトパールマイカ→クリスタルホワイトパールマイカ

 一般的な名称パールホワイト。例によって塗装賃が少し上乗せされる。クリスタルホワイトパールは後期型の後継色。SPIRIT Rでも選択できる。

  • ウイニングブルーマイカ
 明るい。中期型まで存在。
  • ストーミーブルーマイカ
 深い青。後期型で最終的に選べる青はこの色のみとなった。
  • チタニウムグレーメタリックⅡ
 FD3SSPIRIT Rのイメージカラーの後継色。深みのあるメタリック
  • メトロポリタングレーマイカ
 後期型専用色。メタリックよりもよりフラットなグレー。
  • ライトニングイエロー
 モーターショー等で展示されていたコンセプトモデルの色をモチーフにしている。前期型のみ存在。
  • ベロシティレッドマイカ
 前期型のイメージカラー。メタリック系ではない赤としては劣化しにくいとの事。後期型でも同色で存続。
  • サンライトシルバーメタリック→アルミニウムメタリック
 明るい銀。後期型になりアルミニウムメタリックが後継色となった。夜はのように反射する。アルミニウムメタリックはSPIRIT Rでも選択できる。
  • ブリリアントブラック
 フラットな黒。後期型まで存続。
  • スパークリングブラックマイカ
 ブリリアントブラックよりもクリスタル調な煌きのある黒。SPIRIT Rでも選択できる。
  • ノルディックグリーンマイカ
 ライトニングイエローよりも珍しい深緑色。前期型のみ存在。
  • ファントムブルーマイカ
 ライトニングイエローやノルディックグリーンマイカよりも珍しい青緑(浅葱)色。中期型のみ存在。

グレード

 この車種には初期型では3つのグレードが存在した。また、後期型ではさらに2つのグレードが追加された。なお、メーカー純正の追加パーツも存在する。

Type-G

  • 馬力   MC前210PS/7200rpm

      MC後215PS/7450rpm

  • トルク  MC前22.6kg-m/5000rpm
      MC後22.0kg-m/5500rpm
  • ホイール MC前16インチアルミホイール(タイヤサイズ225/55R16)
      MC後17インチアルミホイール(タイヤサイズ225/50R17)
  • ミッションMC前5MT/4AT
      MC後6AT
  • AM/FMチューナー&4スピーカー
最初期のカタログではベースグレードとされ、Type-Gの名は冠していなかった。5足ミッションか4足オートマティックが選択でき、馬力が低い代わりに実用トルクが増していて扱いやすい。豪華装備もオプションで装着可能だった。後期になってからはMTが選択できなくなり、さらにトルクも下がり、事実上最低グレードとなったが、最期まで終了限定盤であるSPIRIT Rと共に販売された。なお、トルセンLSDが装備されるが、これはMT車のみの設定である。なお、このグレードには後期になってもDSCが装備されず、安全面でも最低限のものだった。

Type-E

  • 馬力   MC前210PS/7200rpm

      MC後215PS/7450rpm

  • トルク  MC前22.6kg-m/5000rpm
      MC後22.0kg-m/5500rpm
  • ホイール MC前16インチアルミホイール(タイヤサイズ225/55R16)
      MC後17インチアルミホイール(タイヤサイズ225/50R17)
  • ミッションMC前4AT
      MC後6AT
  • 本皮シート
  • 電動パワーシート
  • BOSEサウンドシステム
  • クルーズコントロール
4速AT限定のいわゆる実用グレード。豪華装備をこれでもかと満載し、後にSPIRIT RのATグレードのベースとなる。なお、Type-G、E共にATであってもレブリミットは8000で設定されており、AT車としてはかなりの高回転エンジンである。そのため燃費はMT以上に悪かった。後期型ではなぜか馬力を上げ、トルクを落とすという実用グレードとは思えない措置が取らた。これはエンジン企画をある程度統一する目的があったためとおもわれる。

Type-S

  • 馬力   前期250PS/8500rpm

      後期235PS/8200rpm

  • トルク    22.0kg-m/5500rpm
  • ミッション  6MT
  • 18インチアルミホイール(タイヤサイズ225/45R18)
  • フロントフォグ
  • BOSEサウンドシステム
  • アルミペダル
前期型の最高グレード。6MTのみの設定であり、事実上のスポーツグレードだが、豪華装備も多数搭載。前期にはMAZDASPEEDの車両もあったのでそちらのほうがよりスポーツ志向なものであった。後期型においてはブレーキローターの大型化、サスペンションの変更などにより、スポーツ志向は高められていたが、新グレードRSを設定したこともあり、前・後期での差は少ないグレードである。

MAZDASPEED

  • フロントノーズ
  • サイドスカート
  • リアアンダースカート
  • リアウィング
  • エアロサイドミラー
  • Bピラーガーニッシュ
  • マグネシウムホイール
  • スポーツサウンドマフラー
  • スポーツシート
  • コンソールキット
  • ルームミラーカバー
  • サスペンションキット
  • スタビライザー
  • ストラットバー
  • ドアスイッチパネル
  • インナーハンドルベゼル

グレードというよりはオプション扱いであり、単品装着が可能であった。後期型になるとエアロパーツなどはは全滅し、マフラーやストラットバー、またホイールもなくなり、導入しても外見上わかりにくいパーツのみとなってしまった。

マイナーチェンジ

RX-8 RS '08


2008年3月10日にマイナーチェンジが実施され、これ以降のものは一般的に後期型と呼ばれる。

主な変更点

エンジン・出力系

  • ギア比の変更により低回転時のトルクを向上。エンジンもそれにあわせチューニングが施され、馬力は235馬力と15馬力ほど低下しているが、加速性能が向上した。
  • ノックセンサー(ノッキング、エンジンの異常燃焼を感知するためのセンサー)が1個から2個へと増設され、燃料マップの変更によりレギュラーガソリンへの対応が拡大している。また、エンジン内部へのメタリングポンプによるオイル供給もインジェクターが2本から3本に増設され、細かく制御されるようになった。またメタリングポンプ自体も機械式から電磁式に変更されている。
  • すべてのエンジンが高出力型と同じ6ポート吸気(6PI)となり、4ポート吸気のエンジンは消滅した(ただし4ポート吸気の出力とほぼ変わらないようにチューニングされた)。
  • 触媒とマフラーが変更された。

インテリア・エクステリア

  • 前後バンパー形状をよりアグレッシブなデザインへと変更。また、フロントフェンダーのデザインが変更され、フェンダーダクトが無くなっている。テールランプも変更された。
  • タコメーター(エンジン回転数を見るメーター)には可変レッドゾーンシステムが採用された。これにより水温が低い段階ではレッドゾーンが低くなっている。
  • 前期型には存在したセンターコンソール上部のカーナビが選択できなくなり、純正で装備できるのはインダッシュタイプか、BOSEサウンドシステムのどちらか一方のみとなった。
  • タワーバーでフロント回り、助手席インパネメンバー接合強化でステアリングマウント部の剛性感を向上。さらにドア開口部の接合強化によって車体の剛性をアップ。

操舵・足回り

  • サスペンションジオメトリーの変更。具体的にはリアサスペンションアームの取り付け位置が変更され、スプリングレートも高められた。併せてフロントはタワーバーの採用でねじり剛性をアップすると同時にスプリングレートを高めている。
  • 電動パワーステアリングもソフトウェアのパラメータを変更し、以前より優れた操舵感を手に入れた。ソフトウェアは欧州/日米で異なり、欧州のものはセンターフィール(車が中央に戻る感覚)を重視、日米のものはクイック感を重視という違いが存在する。
  • 6速ミッションがアイシン精機製から自社製となり、耐久性が向上した。カーボン製シンクロの採用。

その他装備

  • オイルフィルターの位置がバルクヘッド近くのエンジン上面から、エンジン下面に移動された。
  • オイルパンの形状やデフケースの冷却フィンの追加。オイルパン部分のアンダーカバーの形状変更。

後期型追加グレード

Type-RS

  • 馬力    235PS/8200rpm
  • トルク   22.0kg-m/5500rpm
  • ミッション 6MT
  • 大型エアロバンパー(フロント)
  • サイドアンダースポイラー
  • リアスポイラー
  • RECARO社製シート
  • ビルシュタイン社製ダンパー&ハードサスペンション
  • 発砲ウレタン充填フロントクロスメンバー
  • 19インチアルミホイール(タイヤサイズ225/40R19)
  • フロントフォグ

 基本装備はType-Sと同様。MAZDASPEEDが撤退した分スポーツ志向の装備を追加している。19インチのホイールはチェーンが装着できないなど、実用面での難点はあるが、それにあわせたサスペンションセッティングがなされており、スポーツ走行での安定感から町乗りでの乗り心地までトータルで高い次元に仕上がっている。

SPIRIT R

 2012年6月のRX-8生産終了に際し、最終限定型として設定された限定車種。生産終了までType-Gと合わせて限定1000台で販売される(この台数はもともと雑誌等が推察したもの、最終的に想像以上にオーダーがはいったため、2000台に増産した)。基本装備はType-RSに準拠する(MT車)が、インテリアカラー、ホイールカラー(19インチホイールのみ)、ブレーキキャリパーカラーが変更され、Cピラー(後部座席の後ろにある柱)に「SPIRIT R RX-8」と描かれたオーナメントが装着される。走りの性能面では表立った変化はないが、熟練工による手組みエンジン。ヘッドランプやテールランプもブラックベゼル化したことに加え、耐水性能も向上。そのほかにも通常の後期型が前期型のパーツを改修して使っていた部品がワンオフ化していたりと、細かな改善点が多数存在する。
 このタイプはフルノーマルのナビ、エアバック等も装備した状態で筑波サーキットで1分9秒284をマークしており、前期型がノーマルでは1分11秒台程度だったことを考えると、9年間の熟成が感じられる。
 この車種は2012年6月22日の夜間作業を以て、RX-8は日本とアメリカで9年と2ヶ月にわたる歴史に幕を閉じた。

pixiv

 やはりスポーツカーであるからして走っているこの車のイラストが多いと思われる。

関連項目

笹本先生(GA芸術科アートデザインクラス) - 第4巻61ページの内装描写から、彼女の愛車と思われる。
自動車 スポーツカー RX-7 13B-MSP

参照

wikipediaマツダ・RX-8

pixivに投稿された作品 pixivで「RX-8」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114123

コメント