ピクシブ百科事典

787B

ななはちななびー

マツダが製作したレーシングカー 1991年のル・マン24時間レースで総合優勝を果たした名車である
目次[非表示]

概要

マツダは1970年からル・マンにワークス体制で参戦していたが、レギュレーションの変更により1990年をもってロータリーエンジン車の参戦が不可能になってしまうことになった。
それに向けて開発されたのが前身となる787である。

しかし、787はストレート重視でセッティングされていたため、サルト・サーキットのユノディエールというストレート区間に新たに設けられたシケインカーブに対応しておらず、マシンの不調もあってリタイア。旧型の767Bが20位という残念な結果に終わってしまった。

ところが、各社が新レギュレーションに対応したマシンが用意できないということになり、翌年の1991年もロータリーエンジンの使用が認められることになった。これが本当に最後のチャンスとなったマツダは787に大幅な改良を施し、787Bとして満を持して投入した。

スペック

R26Bと名づけられたエンジンは、このマシンのために開発されたレース専用エンジンである。
4ローターで排気量は2,616 ccの自然吸気(NA)。これをミッドシップ(MR)に搭載した。
最高出力は700馬力で、回転数は9,000rpmに抑えられていた。これは当時これ以上の回転数に長時間耐えられるトランスミッションがなかったためである。
トランスミッションはポルシェ962Cのものを上下逆さまに装着した。
シャーシはカーボンモノコック製となり、一つ前の767よりも軽量化が図られた。

優勝までの軌跡

1991年のル・マンは46台がエントリーしたが予選を通過したのはわずか38台という状況で始まった。最初は新規定マシンのプジョーが飛ばしていたが、これは「どうせ耐久性が無いからとりあえずデータだけ取ってリタイアする」作戦だったためで、案の定マシンは全て故障した。それ以降はメルセデス・ベンツ勢がリードし、ジャガーとマツダがそれを追うという状況になった。メルセデス勢は序盤で大きくリードして追撃をあきらめさせる作戦、ジャガーは燃費の問題でペースを上げられなかったため他車が潰れるのを待つ作戦をとった。その一方マツダは良好な燃費とペースで徐々に順位を上げていった。
このときマツダの秘められた戦闘力に気づいた2社は大慌てで情報収集をはじめたという。

そして4位につけた787B 55号車は更にペースアップを開始。3位に浮上した。それに気づいたメルセデスもマツダ以上にペースを上げた。これはマネージャーのジャッキー・イクスの指示で、彼はドイツ人は下位とのマージンを必要以上に確保したがるから、こちらがペースを上げたら向こうもマシンに負担をかけてでもペースアップするだろう」と読んでいたからである。
案の定、メルセデスはミッショントラブルで次々ピットインして1台がリタイア、もう1台が5位に転落した。

こうしてトップに躍り出た787Bはその後も快調に走りペースを確保。最後もドライバーを交代させず、コース状況を知っているジョニー・ハーバートに3シフト連続で運転させるという作戦をとった。
その結果、マツダは見事ル・マン優勝を果たした。そのほかにも2台目の18号車が6位、前年型の787 56号車が8位に入った。
しかし、長時間運転していたジョニーは激しい脱水症状で立つことができず、表彰台にあがることはできなかった。

787Bはル・マンで総合優勝した初の日本車であり、同時に長い間唯一の日本車としての優勝マシンであった。
ロータリーエンジン車としても初、他にもカーボンブレーキ搭載車としても初であり、まさに快挙づくめであった。
そして2018年、永らく唯一のル・マンを制した日本車であった787Bにようやく同郷の仲間が加わることとなった。
TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRIDが中嶋一貴小林可夢偉のドライブで1・2フィニッシュを達成、日本人による日本車の1・2フィニッシュをやり遂げて見せた。
787Bの優勝した91年大会から数えること27年。待ちわびた日本車2勝目をTS050が計上、787Bと共にル・マンを制した日本車として記録されることになった。


その後の787B

ル・マンで優勝した55号車はマツダ自身の手で動態保存されており、時折サーキットイベントなどで走行している。普段は広島県にある「マツダミュージアム」に展示されている。

余談ながらマツダが販売するRX-7用エンジンオイルであるマツダスピードロータリー1の缶には55号車のカラーがデザインされている

2011年のル・マン再走

2011年、優勝から20周年を迎えた787Bはル・マン主催者側からデモ走行が提案された。1台だけでのデモランは異例の待遇だった。しかし、この頃の55号車は老朽化が激しく、ほとんど走行できるような状態ではなかった(走行しない展示は行われていた)。マツダはこれに応じるかギリギリまで決まらなかったが、なんとかGOサインが出たのは東日本大震災の一週間前であった。
すったもんだあったが787Bはマツダ自身の手でフルレストアされ、優勝当時の性能を取り戻した。安全性を考慮してブレーキがスチール製に変更され、「がんばろう日本」のステッカーが追加された以外は当時のままとなった。

そして来る6月11日、ジョニー・ハーバートの運転で787Bは20年ぶりにル・マンを走った。


ほかにも数台のレプリカが作られ、ル・マンをはじめとする各地で展示されている。

エピソードなど

  • 55号車のあのカラフルな塗装はスポンサーのレナウンがそれまでの惨敗ぶりから「こんなんじゃ勝てる見込みがないな・・・ならば、とにかく目立て!」という指示から生まれた。
  • 787Bは前年の状況からほかの車両よりもレギュレーションは緩く特に重量面では有利だった(他車が950~1,000kgに対し787Bは830kg。ちなみに改良による重量増は差し引き0に近い)、しかし排気量や出力では他社よりも劣っており、787Bは常に全開で走行していた。
  • 優勝に貢献したジャッキー・イクスにマツダはボーナスを渡そうとしたが、彼は「私はマツダを優勝させるために契約したのだから、優勝したからといってボーナスを貰う理由は無い」と断った
  • レース終了直後の787Bを分解したところ、まだ500kmくらいの耐久レースならこなせる状態だったという。


関連イラスト

June 23, 1991
熱き涙を。



関連タグ

MAZDA グループC

外部リンク

wikipediaの記事(787)

pixivに投稿された作品 pixivで「787B」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18651

コメント