ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

マツダのコンパクトカー。初代の競合車種はキューブ、2代目の競合車種はフィット、3代目と4代目の競合車種はスイフトなどとなる。2代目及び4代目(現行モデル)は車両重量が全グレード1tを超えるため、維持費が若干高い。

また、2代目は3代目フォード・フィエスタと兄弟車であった。さらに初代に関しては、フォードでも「フェスティバ・ミニワゴン」という名前で発売された。

歴代デミオ

初代と2代目のメイン市場は日本であり、ファミリー向けに広々とした車室を重視し角ばったボディを持つミニバン寄りの設計であった。3代目と4代目は欧州をメイン市場に見据え、背の低いスタンダードなハッチバックになった。

次期のフルモデルチェンジで、国内販売でも「Demio」から「Mazda2」へ呼称を変更する旨が伝えられている。

初代 DW系(1996年 - 2002年)

でぃーだぶりゅう


初代が開発された頃、マツダの経営は相当傾いていた。そのため、すでにあったシャーシを流用し、当時のRVブームに乗って小ぶりのワゴン風に仕立てた、言ってみれば安直な企画である。車高を153cmに抑え立体駐車場に入ることができるようにし、ライバルの日産キューブのようなトールワゴンとの差別化を図った。この車台と言うのが1986年デビューのフォード・フェスティバから引き継いだ古いものであったが素性は良く、敢えて機能的な道具感に徹した素っ気なさがバブル崩壊後の世相にマッチし、新鮮に受け止められた。

かくして誕生した初代は、期待を大きく越えた大ヒット、さらにはマツダ自体も本車の売り上げで経営立て直しに成功したことで、「マツダの救世主」と高く評価された。

CMには、NBAシカゴ・ブルズで活躍した名選手スコッティ・ピッペンが起用されていたが、本人が飲酒運転で検挙されたため放送中止になってしまった。後にピッペンは、当時のマツダの親会社だったフォードを通じてマツダに謝罪している。

2代目 DY系(2002年 - 2007年)

DEMIO sport


2代目は日本国外での市場競争力を確保するため、エンジン・プラットフォームを一新した。日本国内では引き続き好評ではあったが、同コンセプトのホンダフィットという強力なライバルが現れ苦戦を強いられた。フィットは新技術の「i-DSI」エンジンを搭載し低燃費と低排出ガスを実現、「センタータンクレイアウト」の採用により革命的な広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現していたのに対し、デミオは燃費とスペースユーティリティの両面で劣っていたのである。またこの代で初めてヨーロッパ市場に投入(ヨーロッパでの名称・マツダ2)されたが売上は芳しくなかった。ただし乗り心地の良さやボディ剛性というフィットにはない美点があり、この特徴はより上級志向のベリーサに引き継がれた。

3代目 DE系(2007年 - 2014年)

マツダ デミオ(着色後)


ファミリー向けだった2代目までとは異なりプライベート志向が強く、ハンドリングなどの走りを重視していた。2011年にはマツダの次世代技術SKYACTIV TECHNOLOGYを搭載したモデルが発売され、アイドリングストップ機能や電子制御式ブレーキアシストなども実装された。
また、東南アジア向けにはセダンも設定した。

4代目 DJ系(2014年 - )

自動車(MAZDA デミオ) カッコイイ~


さらに欧州志向を強め、エンジンにディーゼルエンジンが追加されただけでなくそれをメインにして売り込んでいる。生産工場が3代目までの広島市宇品の工場から、海外向けメインの山口工場(防府市)に変更された。また内装もクラスを感じさせない高級志向となった。
2015年10月にはモータースポーツ用グレードの15MBが追加された。1500ccガソリンエンジンを搭載したものでハイオク指定。レギュラーガソリンも使えるが性能が落ちてしまう。なお、AM/FMラジオやエアコンは装着されているので普通にオーナーカーとして購入することも可能。

東南アジアおよびアメリカ市場向けに4ドアセダンも存在するが、日本国内では生産されておらず、タイからの逆輸入車も教習車専用で個人ユーザーには売っていない。アメリカ市場に関してはトヨタ自動車サイオンiA→トヨペットヤリスiAとしても販売されている。

2018年秋モデル(4代目改良型)から1300ccガソリンのグレードが無くなり、全て新型1500ccエンジンに統一された。

外部リンク

関連記事

親記事

MAZDA まつだ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デミオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163796

コメント