ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2000年に初登場した小型ハッチバック車。
スズキの世界戦略車であり、欧州やアジアで高い評価を得ている。
元々はカルタス欧米市場での名称として使われていた。

初代、2代目はジュニアWRC(以下JWRC)に参戦しており、初代の途中に追加された派生車スイフトスポーツFFホットハッチとして高い評価を得ている。
参戦車はハンガリーで製造されていた欧州向けモデルがベースとなっており、ベースカーは1,600ccエンジンが積まれる等、日本市場とは異なる仕様となっていた。
3代目以降はJWRCの規則が変わった(ワンメイク化された)事により参戦していないものの、全日本ラリー選手権ではFF部門の常連である。

歴代モデル

初代(HT51S系)

2001 Suzuki Swift SG



2000年1月発売。
欧州市場ではまだカルタスが販売されていたため、この代のみイグニスという名称である。

ワゴンRプラスのプラットフォームとKeiのサイドパネルやドアを流用しており、廉価グレードでは約80万円程度であった。

2004年に2代目にモデルチェンジされるが、2003年発売のスイフトスポーツは2005年まで、廉価グレードの「SE-Z」は2006年まで継続販売。
スイフトスポーツは、2004年にはJWRC参戦3年目にして初となるドライバーズチャンピオンを輩出した。

2代目(ZC11S系)

雨燕



2004年11月発売。

2代目は新設計のプラットフォームを取り入れてボディー剛性を強化し、足回りも再設計して走行性能を重視している。
外装デザインではエスクードと共にグッドデザイン賞を受賞。
ボディは日本では5ドアのみの設定で、欧州では3ドアも用意された。

海外市場でもカルタスの生産が終了したため、ZC11S系から名称がスイフトに統一された。

2010年にスイフトをベースにしたハイブリッドカー、「スイフト・レンジエクステンダー」発表。
一般販売はされずに実験車として自治体などに貸し出された。
またスイフトスポーツも2011年までにドライバーズチャンピオンを2度輩出している。

3代目(ZC72S系)

茜色の午後5:30



2010年9月発売。

鼻先が丸くなり、全長とホイールベースを少し拡大しながらプラットフォームも軽量・高剛性化。

2010年度カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。
2011年8月にアイドリングストップ機能が搭載されたモデルを追加し、2013年にはエネチャージ(減速エネルギー回生システム)仕様車も追加された。

2011年12月にスイフトスポーツ発売。
先代までオプション設定されていたレカロシートは廃止された。

4代目(ZC83S系)

SUZUKI SWIFT



2017年1月発売。

全長は先代よりわずかに小さくなり、フロントマスクのデザインが一新された。
ホイールベースはわずかに拡大。
「運転支援システム」としてレーダーブレーキサポート、先行車発進お知らせ機能、追従型クルーズコントロールなどを内包する「セーフティパッケージ」を設定している。

2017年7月には本格的なハイブリッド仕様車を追加。
2020年5月に安全装備を拡充し、1,000ccターボ仕様車を廃止する。

2017年9月にスイフトスポーツ販売。

関連車種

初代

ジャスティ
(スバル)にOEM供給された欧州専売車)

3代目

ディザイア
(インド仕様のセダン型派生車)

エルティガ
(インドとインドネシア仕様のミニバン型派生車)

関連項目

SUZUKI 乗用車 コンパクトカー ハッチバック
WRC スイフトスポーツ イグニス

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

SUZUKI すずき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スイフト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104106

コメント