ピクシブ百科事典

エスクード

えすくーど

スズキのSUV。海外ではビターラ、グランドビターラなどの名前で発売される。
目次[非表示]

その他曖昧さ回避

ポルトガル語

・かつてポルトガルとその旧植民地や、スペインチリで使われた貨幣
現在ではアフリカの島国カーボベルデの通貨となっている。

・成人向け作品専門のゲームメーカー
 →Escu:de(表記ゆれ:escude)

・漫画ワールドトリガー及び実力派エリート迅に登場するトリガーの名称。

魔法騎士レイアース(漫画・アニメとも)に登場する伝説の鉱物の名称

スズキ・エスクード

初代(1988年-1997年)
当初は3ドアのみで、屋根の取り外しが可能なコンパチーブルと通常のハードトップが用意された。
1990年には5ドア仕様(ノマドと名付けられたが1996年には名称消滅)の追加や、エンジンの強化が行われた。
またマツダにはプロシードレバンテとしてOEM供給された。

2代目(1997年-2005年)

センシティブな作品



足回りや内装が変更され、居住性がアップした。
国内仕様からコンパチーブルが消滅し、2500㏄モデルとディーゼルモデルは5ドアのみとなる。
2000年には1600㏄が、2002年に3ドア仕様が消終了。

1998年に本車種をベースとしてエンジンを強化と車体延長を施した、7人乗りの派生車XL7が海外仕様車として発売。
2000年にグランドエスクードがとして日本国内でも販売されるが、2005年に終了。
XL7も不景気の影響などもあり2009年に生産終了する。
マツダにも引き続きOEM供給されていたが、2000年に販売終了した。

3代目(2005年-2017年)

2007 Suzuki Escudo



グランドエスクードに近い4.2m弱まで大型化した。
駆動方式はフルタイム4WDとなり、またモノコック構造となる。

国内では当初2000㏄と2700㏄の5ドア仕様のみであった。
2006年に1600㏄の3ドアも追加されるが2007年に販売終了。
2008年には2400㏄と3200㏄のエンジンに変更するが、2009年には2400㏄のみになる。
海外仕様にはディーゼル仕様が存在し、2015年10月のフルモデルチェンジに伴い「エスクード2.4」に改名された。

4代目(2015年-2021年)

エスクード・1.6 4WD(YE21S)



FFと横置きエンジン化され、車体は2代目に近い大きさまでダウンサイズされた。
従来から大幅なコンセプト変更のため、4代目発売後も3代目モデルは2017年4月まで販売が続けられた。
生産拠点が国内から海外に完全移管し、スズキハンガリーにある子会社である「マジャールスズキ」が受け持った。

2021年9月30日に販売を完全終了し、33年の歴史に幕を下ろした。

レース仕様

正式名称「スズキスポーツ・エスクード・ヒルクライムスペシャル」。
米国の四輪車と二輪車の山岳地レースである「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」出場に向けて、カルタスの後継車として開発。
「エスクード」と名乗っているがあくまで名前を借りている程度に過ぎず、ベース元はV6ツインターボエンジン搭載のハッチバック車である。
1994年から2006年までレースに使用され、以後はXL7に引き継がれた。

エスクード パイクスピーク



関連項目

SUZUKI 乗用車 SUV
モータースポーツ ラリー

関連記事

親記事

SUZUKI すずき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エスクード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26572

コメント