ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1992年から2016年まで販売。
ランサーをベースにして開発されたスポーツカーであり、通称はランエボ

その成り立ちから当初の正式名称は「ランサー○○(GSRまたはRS)エボリューション」で、GSRとRSのエボリューションモデルという位置付けであった(ただしエボではないGSRも存在していた)。
人気と知名度を確立した事もあり、VII以降は正式名称も「ランサーエボリューション」となる。
Xでは日本向けのランサーセダンが「ギャランフォルティス」と名乗っていた為、事実上の独立車種となっていた。
ちなみに日本国内でのランサーの名前自体は、ランエボ以外に日産ADOEMモデルである「ランサーカーゴ」にも残っていた。

世界ラリー選手権(WRC)を想定した開発として2,000ccのハイパワーターボエンジンと4WDの駆動システムを搭載し、細かく限定生産した販売車であった(最終型であるXのみ通常のカタログモデル)。
基本的にセダンであるが、2005年のIX販売時にはステーションワゴンベースのランサーエボリューションワゴンが登場。
またパワートレインや足まわりを改良した「MR」(Mitsubishi Racing)という名のついた熟成モデルも登場した。

英国では2009年に、最高403馬力を叩き出す歴代最強のスーパーマシンとして「ランサーエボリューションX FQ-400」が発売。
ちなみにFQとは、「ファッキンクイック(くそ速い)」の略である。

ランエボはパジェロと並んで三菱自動車の看板車種となり、『頭文字D』、『湾岸ミッドナイト』、『ワイルドスピード』、『TAXi』などの作品にも登場。
特に頭文字Dでの活躍とラリー仕様の強力な走行性能などから、「の王者」とも称されるようになった。

またWRCにおいてもランサー時代から参戦しており、90年代にはトヨタセリカスバルレガシィインプレッサと共にその名を残している。

関連イラスト

・エボⅠ

LANCER EVOLUTION Ⅰ 習作



・エボⅡ

LANCER EVOLUTION Ⅱ 習作

 

・エボⅢ

三菱 ランサーエボリューションⅢ カラー



・エボⅣ

ランサーエボリューションⅣ



・エボⅤ

ランエボⅤ

 

・エボⅥ

七色魔女3用色紙 その3



・エボⅥ トミ・マキネン・エディション

センシティブな作品



・エボⅦ

メロンブックスADVANランサー と めろんちゃん



・エボⅦ GT-A

らんえぼ!



・エボⅧ

三菱ランサーエボリューションⅧ



・エボⅨ

ランエボ9MR



・エボⅩ

MITSUBISHI Lancer Evolution X



・エボワゴン

過去絵第1弾 エボワゴン



関連項目

三菱自動車 乗用車 スポーツカー
ランサー(三菱) ランタボ ギャランフォルティス
ラリー

WRXSTI

関連記事

親記事

三菱自動車 みつびしじどうしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ランサーエボリューション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145115

コメント