ピクシブ百科事典

インプレッサ

いんぷれっさ

富士重工業(現・SUBARU)で生産されている乗用車
目次[非表示]

SUBARU(旧・富士重工)の生産する乗用車。レオーネの後継車種であるレガシィとコンパクトカーのジャスティの間を埋めるべく開発された。車格は2代目までは小型セダン/ハッチバックという位置付けであったが、3代目からボディサイズが拡大されミドルセダン/ハッチバックに車格がクラスアップしている。

軽自動車の生産から撤退したスバルの主軸を担う基幹車種。

初代の発売開始は1992年。現行モデルは5代目(2016年~)になり1代あたりのライフスパンが日本車にしては長めなのが特徴。

初代ならびに2代目はステーションワゴンにスポーツを取り入れた、いわば「スポーツワゴン」の概念を作った車として知られる。現行モデルは5ドアハッチバックと4ドアセダンのボディタイプを持つ。

WRXモデル

インプレッサと言えば、スバル直属のチューニング子会社である「STI」のチューニングが施された、「WRX STI」モデルが特に有名。買ってそのままサーキットやラリーへ、なんてことも出来る代物である。

  • タイプRA
初代から2代目前期モデルまで存在した競技用ベースモデル。初代ではWRX、WRX STiバージョンのセダンに設定されていたが、2代目前期ではSTiのみの設定となった。2代目中期からはSpecCに事実上吸収されている。

2代目モデルから設定されたSTI SpecCは、先代から100kg近く増えた重量を改善するとともに、ランエボVII RSに対抗するべく窓ガラス等を軽量型に交換、オイル容量の増大、パワーウインドウやエアコン等快適装備のオプション化等、通常モデルとは異なった競技ベース車も存在する。ドイツニュルブルクリンク北コースで量産車としては異例の8分切りを成し遂げた事も記憶に新しい。
ちなみにSpecCの「C」はCompetition(競争・競技)から来ている。まさに「公式が病気」なのである。 

ラリーの出場実績も豊富なため、三菱ランサーエボリューションとは同じクラスで常にしのぎを削り合っている。もちろんそれは競技に限らず、販売上でも同様である。

高い戦闘能力を持ちながら「普通のインプレッサ」譲りの高い実用性も持ち、走行特性は素直で、車内も広く乗り心地が良い上にお値段もお手頃(GT-Rの半額~2/3程度、そしてクラウン比であれば変わらない、下手したら安い)。このことから高速隊のパトカーには最適な車種であるといえる。実際に埼玉県警や栃木県警の高速隊や三重県警が採用している。また海外でもフランス国家憲兵隊などが採用している。
おそらくこいつが配備されることの恐ろしさを知るのは、他でもない走り屋たちであろう。

GC8型クーペは頭文字Dの藤原文太の愛車でもある。

ちなみに、2014年現在は”WRX S4”および”WRX STI”となりインプレッサとは車体も含めて完全な別モデルとなった(設計自体は4代目インプレッサがベース)。が、それでも伝統的にインプレッサと呼ばれるのはやはり長年培った歴史のためだろう。

WRX STiの限定モデル

主にSTIから発売されるコンプリートカー。実を言うと有名なブルーカラーは初代では限定車のみの設定だったりする。

  • Sシリーズ
 スバルブランドの頂点ともいうべきモデルで、例外なくほとんどの部分が専用にチューンナップされる。
S201はド派手なエアロを備え、S202はSpecCをさらに過激にチューンと方向性を探っていた感があったが、S203からはトップモデルに相応しく、性能に加えて上質さが重視されるようになった。
  • V-リミテッド
 WRCでタイトルを獲得したときに追加される記念モデル(タイトルのなかった年は単に「WRXリミテッド」)。で、内装にWRCをイメージされる特別装備と外装に記念エンブレムが施される。
初代のブルー(ソニックブルー・マイカ)は基本的にこれ。
  • 22B
1998年に登場したコンプリートカー。WRC3連覇記念の「本命」で、WRC1997仕様のボディを忠実に再現したスペシャルモデルで、400台のために金型を起こしてまで専用バンパー&フェンダーをハンドメイドで取り付けるという凝りっぷり。エンジンも2.2Lの専用エンジンを備え、インテリアもなんとなくWRCマシンを想起させるものが用意された。
400台限定で500万円と当時としては強気な価格だった(価格設定では相当揉めたらしい)が、たった2日で完売した。
当然ながら未だに大人気で、海外のオークションで1000万円ということもあった。

その他のモデル

出荷台数の大半を占めるのはWRXではない「普通のインプレッサ」である。いずれのモデルもスポーツ走行を充分に堪能できるポテンシャルを持ち、また安全性や快適性など実用車としての完成度も非常に高いとされる。

  • スポーツ
 5ドアハッチバックモデル。インプレッサの最量販モデルである。一時期はSTIモデルとは別にターボを搭載したモデルもあったものの、1.6L/2.0Lの新開発エンジンFB型エンジンと現在は先進安全運転補助装置であるEyeSightを搭載したモデルを主軸にしている。
  • セダン
4ドアセダン。グレード構成も5ドアハッチバックモデルであるインプレッサスポーツとほぼ同じである。4代目以降、車体にはインプレッサの文字が付けられていない。因みに3代目は「インプレッサ アネシス」4代目以降は「G4」として販売した。

 初代にのみ存在した2ドアクーペモデル。当初は輸出専用だったが、クーペ人気に乗っかろうとして日本に導入された。が、スポーツモデルでもないのにクーペとして発売したためアメリカではともかく、日本では売れるはずもなく一年8ヶ月で廃止。入れ替わりにWRXタイプR STiバージョンが追加されたこちらは人気に。最初からそれでよかったのでは・・・
  • グラベルEX
初代スポーツワゴンWRXベースで追加されたクロスオーバーSUVのさきがけ・・・なのだが、時代を先取りしすぎていたうえにトランクにスペアタイヤが鎮座していたため使いにくく、あっさりフェードアウト。しかし、このクルマが後のフォレスターにつながることとなる。
  • カサブランカ
初代スポーツワゴンに当時流行りのクラシカルデザインを取り入れた・・・のだが、もとのインプレッサとはイメージがかけ離れていたためかヴィヴィオビストロほど売れなかった。当初は限定5000台で、後にカタログ入り。
  • TYPE EURO
2代目前期型スポーツワゴンに、レガシィブリッツェン同様のポルシェデザインによるエクステリアを纏ったモデル。しかし、前期型の丸目スタイル自体が当時評価されなかったせいもあってブリッツェンのようにはうまくいかなかった。

実は2代目スポーツワゴンはサーブにOEM供給されていた。ただのエンブレム変えではなく専用のフロントマスクとテールランプを備えるなど凝っていたのだが、富士重工とGMの提携解消によって2年ほどで生産中止に。


派生車種

  • XV

 初代に存在したオフロードグレード「グラベルEX」を髣髴とさせるスタイリングで、レガシィアウトバック以来のクロスオーバーSUVとしてデビュー。最低地上高は200mmとやや高めだが、全高は1,550mmに収められていたりと初代フォレスターにも通ずる風貌をしている。カタログなどでは「インプレッサ」を冠さない「スバル・XV」を名乗る。

  • フォレスター
クロスオーバーSUVでインプレッサグラベルEXの後継車種。上述同様、カタログなどでは「インプレッサ」冠さないのが特徴。3代目以降大型化したためか、上述の「XV」が販売された。
 日本市場のニーズに応じて開発された、レガシィツーリングワゴンの後継車種。WRX STIはこのレヴォーグの設計をベースにしている。

関連項目

富士重工業 頭文字D 藤原文太
WRXSTI
ランエボ 直接のライバル車種

pixivに投稿された作品 pixivで「インプレッサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 434066

コメント