2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

レヴォーグ(LEVORG)はスバルステーションワゴン。「GT TOURER」をコンセプトに開発。実質的にレガシィツーリングワゴンの後継車種となる。
当初は国内専用車だったが、2015年からは欧州での販売も開始した。
オーストラリアでは、2代目に『WRX スポーツワゴン』として発売。エンジンには2代目『WRX セダン』と同じ「2.4L」直噴ターボを搭載。

WRXとデザイン、プラットホームを共有する。エンジンは直噴ターボDIT、トランスミッションは全車リニアトロニックCVT、全グレードにEyeSight(アイサイト)を標準装備する。

車名の由来

レガシィ(LEGACY)、レボリューション(REVOLUTION)、ツーリング(TOURING)を組み合わせた造語から。

初代

2014年6月発売開始。
エンジンは1.6L及び2.0L直噴ターボ。

グレード構成

1.6L

  • 1.6GT EyeSight
  • 1.6GT-S EyeSight
  • 1.6GT Eyesight S-STYLE
  • 1.6STI sport Eyesight
  • 1.6GT EyeSight V-SPORT
  • 1.6GT-S EyeSight ADVANTEGE LINE


2.0L

  • 2.0GT Eyesight
  • 2.0GT-S Eyesight
  • 2.0STI sport Eyesight
  • 2.0GT EyeSight V-SPORT


2020年5月25日を以てオーダーストップ、以後は在庫対応での販売となる。

2代目

2019年10月、レヴォーグのフルモデルチェンジを発表。
2020年8月20日先行予約開始、10月15日発表・発売開始。

  • エンジンは新開発の1.8L直噴ターボに1本化。
  • GT」に17インチ、「GT-H」「STIスポーツ」に18インチホイールを設定。
  • STIスポーツには新開発の「電子制御サスペンション」を標準装備。
  • 新開発の「アイサイトX」を搭載した「EX」を加えた全6グレードを設定。
2021年11月25日、マイナーチェンジ。新グレードに2.4L直噴ターボを搭載した「STI Sport R」「STI Sport R EX」を追加。トランスミッションに2代目「WRX S4」と同じ「スバルパフォーマンストランスミッション」を採用。ボディカラーに「イグニッションレッド」「サファイアブルー・パール」「セラミックホワイト」の3色を新たに設定、「クールグレーカーキ」を廃止。
2022年3月3日、東京スバルディーラー限定で、特別仕様車「レヴォーグ Takuty Special Edition」を30台限定で発売。「STI Sport EX」及び「STI Sport R EX」をベース。SUPER_GTドライバー・井口卓人選手とのコラボレーション企画となる。ちなみにレヴォーグ初の台数限定のコンプリートカーとなる。

グレード構成

  • GT
  • GT EX
  • GT-H
  • GT-H EX
  • STI Sport
  • STI Sport EX
  • STI Sport R
  • STI Sport R EX



ボディカラー

  • ダークグレー・メタリック→マグネタイトグレー・メタリック(マイナーチェンジより変更)
  • クリスタルホワイト・パール(33000円高・消費税10%込)
  • クリスタルブラック・シリカ
  • アイスシルバー・メタリック
  • ラピスブルー・パール→サファイアブルー・パール
  • ピュアレッド→イグニッションレッド(55000円高・消費税10%込)
  • WRブルー・パール(STI sport 及び V-SPORT 特別設定色)
  • クールグレーカーキ(ADVANTEGE LINE 及び 2.0GT V-SPORT Eyesight 特別設定色)
  • セラミックホワイト


コンセプトカー

東京オートサロン2015にて、コンセプトカー「LEVORG S CONCEPT」を展示。
レヴォーグのSTIバージョンであり、ボディカラーにWRブルー・パール、外観・内装はほぼWRX STISシリーズ(レガシィ S402、インプレッサ S206、WRX S207など)を踏襲。
エンジンにFA20型2.0L直噴ターボDIT、トランスミッションにはベース車のレヴォーグにはない6MTを組み合わせたWRX STIに近い仕様となる。
市販化も検討されたものの、未発売となった。

その他

スバルは長年スポーツ競技での支援としてサポートカーの車両提供を行っているが、特に自転車競技ではニュートラルサポートカーとしてパーツメーカーのシマノMAVICのカラーを纏ったレヴォーグが活躍している。

ロードレース漫画を原作としたTVアニメ弱虫ペダルの3期(NEW GENERATION)と4期(GLORY LINE)でレヴォーグの登場するコラボCMを放映した。


関連項目

  • レガシィーツーリングワゴンの後継車種
  • WRXーデザイン、プラットホームを共有
  • インプレッサ‐デザイン、プラットホームを共有


外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レヴォーグ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レヴォーグ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3366

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました