2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

その他曖昧さ回避

グランツーリスモレーシング(Gran Turismo Racing)の略。

モータースポーツのジャンルだけでなく、高性能グレードを指す単語として自動車業界では広く用いられている。
そのため日産自動車以外のメーカーにも、「GT-R」と類似した単語を名に持つ車種が存在する。

日産車の概要

合計で17年にも渡って販売されたスカイラインGT-Rの後継として、2007年にR35型が登場。
開発責任者はグループCマシンでデイトナ24時間制覇を果たした実績を持ち、現在は自動車評論家として知られる水野和敏。

ボディはノッチバッククーペ
「ATTESA E-TS」(アテーサ・イーティーエス)という駆動システムの自動制御により、基本は事実上FR走行で状況に応じて4WDとなる。

それまでの「GT-R」はスカイラインの最上級スポーツグレードであったが、本車は独立した車種として設計・開発された。
型式番号からもわかる通り、本車種は第二世代GT-Rグレード(R32~R34)の進化版と呼べるような設計になっており、「GT-R」のエンブレムや丸4灯テールライト、独自の電子制御4WDは引き続き採用。
しかしながらピュアスポーツ化によって走行性能、乗り心地、新車価格、維持費などについては、事実上のスーパーカーレベルとなっている。
第二世代GT-Rグレードは、当時の日本の経済事情においては一般的な中間層でも少しの背伸びや貯金で新車に手が届き、グランツーリスモとしての快適性も考慮されていたため、同じスポーツカーではあるものの趣も立ち位置も全く異なる。

エンジンは本車のために新規開発された「VR38DETT」を搭載。
3,799㏄の排気量を持つV型6気筒のツインターボエンジンで、出力の自主規制が解除されていた事もあり初期型では480馬力、2016年モデルまでは550馬力、2017年からは570馬力(565馬力)を叩き出す。
その他足回りやシャシーも専用設計で、他車種からの流用はほとんどない。

市販車として非常に高度な技術が用いられている事や違法改造対策などから、「ハイパフォーマンスセンター」と呼ばれる一部の販売店舗でしか購入・整備ができない。
また本社ギャラリーや専門販売店での試乗では、免許取得から1年以上かつ満30歳又は35歳以上という厳しい条件がある。

ちなみにR35は、フロントを注視する事で大まかにであるが年式が確認できるとされている。
初期型~2009年まで

日産GTR



2010年~2013年まで
LEDフォグライトを追加。

2014年~2016年まで

GT-R R35


前照灯部に稲妻を描くLEDイルミネーションを追加。

2017年~現在


フロントバンパー全体の形状が変更された。

モータースポーツ

SuperGTのGT500クラスでは2008~2021年までベース車両として用いられた。
同じ期間のトヨタが4車種(SC430→RC F→LC500GRスープラ)、ホンダ)が3車種(初代NSXHSV-010→2代目NSX)を使用していた事と比較すると、異例の長さでもあった。
2010年代前半にはミシュランタイヤを採用し、2011・2012年、2014・2015年と2度の同一チームによる連覇を達成。

GT300ではGT3仕様のGT-Rが投入され、2015・2020年にタイトルを獲得。
2020年度については、元々は本業がタレントでもある近藤真彦が率いる「コンドーレーシング」によるものである。

FIA GT世界選手権のGT1クラスやGT3クラスなどにも参戦し、2010年にGT1で世界チャンピオンを獲得。
ニュルブルクリンク24時間耐久レースでも2011年と2012年にクラス連覇を達成しており、この時のドライバーの一人にレーシングゲーム『グランツーリスモ』シリーズの開発者の山内一典もいた。

2015年ル・マンではGT-R LM NISMOというマシンが登場しているが、エンジンのVR38DETT以外は本記事のGT-Rとは全く関係のない車両である。

NISMOモデル
2014年の2月にはジュークマーチに続いて、GT-RにもNISMO仕様が設定された。
タービンをGT3仕様と同じものにし、600馬力という出力は現在の国産乗用車では最大である。
また足回りやエアロパーツも専用の物を装備しており、ニュルブルクリンク北コースでは「量産市販車」としては世界最速の7分8秒というラップタイムを記録している。

関連項目

日産 乗用車 スポーツカー クーペ
スカイラインGT-R モータースポーツ

超速変形ジャイロゼッター
日産の協力で登場し、速水俊介が愛用。
また合体ジャイロゼッターとしてGT-RRRが登場している。

RC410
バンダイナムコゲームスの制作したゲーム「リッジレーサー7」に初登場した日本の自動車メーカー「カマタ」が作ったとされる架空の車種。外観がそっくり。
だがモチーフだと明言されたことはない

関連記事

親記事

日産 にっさん

子記事

  • GT‐R じーてぃーあーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「GT-R」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「GT-R」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1806686

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました