ピクシブ百科事典

ノッチバック

のっちばっく

乗用車の形状の1つで、セダンやクーペの大半のようにキャビンとトランク部分の区別がはっきりした外観の乗用車。

概要


乗用車のうち、後部座席とトランクルームとの間に段差状の屋根部分があるスタイルを指す。

自動車として長い歴史を誇る伝統的な形状であり、現在も世界の幅広い地域で最もスタンダードなクルマのイメージ像となっている。

ハッチバック車と比べると全体像が引き締まっており、水平基調のフォーマルで落ち着いた印象を与える。また構造上後部座席への騒音振動の影響が少ない、低い車高で空気抵抗が少なく走行安定性に優れてスポーツ走行に向いている、独立したトランクルームやバランス調整によるロングノーズ化でクラッシュブルゾーンが確保しやすく衝突耐久性に優れる、などの利点がある。

このような特徴から、快適性、高級性、スポーツ走行性を重視するセダンやクーペの大半に採用されている。

関連タグ

自動車 乗用車 工業
セダン クーペ ハッチバック

関連記事

親記事

自動車 じどうしゃ

兄弟記事

コメント