ピクシブ百科事典

RB26

あーるびーにーろく

日産自動車が開発したハイパワーの直列6気筒ガソリンエンジン。

概要

正式型式名はRB26DETT
「Response Balance 2600cc DOHC Electronic Twin Turbo」
の各イニシャルから名付けられた。

RBエンジンの一型式であり、総排気量は2.6L。
24バルブで、ツインターボ構造である。

1989年発売のR32スカイラインGT-R専用のエンジンとして開発され、後継車のR33R34型にも使用された。

日産 RB26DETT



開発当時、全日本ツーリングカー選手権(JTC)のグループA(Gr.A)部門での勝利を目指し、最も有利な排気量を求めた結果2.6Lとなった。
ライバル車の今後の進化の度合いを詳細に分析し、最高出力を600PS(馬力)と定めて開発を進めていった。
開発チームが特にマークしたのはフォードシエラRS500であるとされる。

スポーツカーとしてこのエンジンで武装した32型GT-Rは、サーキットを中心に世界各地のツーリングカーレースで暴れまわった事で一躍有名となった。
特にJTCでの活躍はもはや伝説レベルであり、32がデビューしてからレースが廃止されるまで全戦優勝という無双ぶりを見せつけた。
さらに国内外のライバル車が撤退して、事実上32のワンメイクレースと化した事もある。

このような功績から32から34までのGT-Rは大人気車種となったのは言うまでもなく、現在も長年乗り続けるオーナーや中古を購入する愛好家も多い。
RB26エンジンについても、他の車種に換装するケースも多かったとされる。

関連項目

日産 エンジン スカイラインGT-R
RB26DE(自然吸気バージョン)
VR38DETT

関連記事

親記事

日産 にっさん

子記事

  • RB26DETT あーるびーにーろくでっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「RB26」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6965

コメント