ピクシブ百科事典

クラウン(トヨタ)

くらうん

トヨタ自動車の高級セダン。

概要

トヨタを代表する高級車。1955年から製造・販売が行われている。
派生車種が多数ある(マジェスタアスリートなど)。セダンだけでなく代によってはステーションワゴン、さらにはハードトップクーペまである。日本以外では中国のみ販売。

カローラ以上に歴史が古く、そしてトヨタ車の象徴とも呼べる高級セダンである。『「とにかく(トヨタに好き好んで乗るような)日本人ウケだけを狙った、日本の高級車像の具現化」。まさに「日本のオッサンのための高級車」である』などと保守的なイメージが強いが、実は先端技術や革新的なデザインが真っ先に投入されてきたモデルであることはあまり知られていない。クラウンは日本で初めてトラクションコントロール(TCS)、レーダークルーズコントロール、ディーゼルエンジン、横滑り防止装置(ESC)などを搭載した乗用車である。

奇抜なデザインの例としては、1971年から1974年まで製造・発売されていた4代目がある。クジラと形容された(というよりはそう呼ばれてバカにされた)そのデザインは、高級車、いや、日本の乗用車にしてはあまりにもファンキーだったため、不倶戴天の敵市場を奪われてしまった

クジラクラウン


また2013年には限定生産だがピンクのクラウンアスリートを登場させて人々を驚かせた。

トヨタクラウンアスリート(S210系)&桜&制服ガール



カローラ同様癖が少なく、派生車種が多く、そしてブランドに絶対の信頼があるのが特徴。レクサスが登場してからは先端技術の搭載は2番目3番目に甘んじてはいるものの、トヨタブランド最高級セダンという立ち位置は変わっていない。世間一般に「高級車」と認識されているのにディスカウントスーパーの駐車場に止まってても全然嫌味がないなんてクラウンか(ミニバン版クラウンと言うべき)アルファード/ヴェルファイアくらいのものだろう。その汎用性、まさに「高級なカローラ」。高級セダンは欲しいが、外車やレクサスだと目立つ・仕事に支障が出るなどの人にはぴったりである。またレクサスの最安セダンであるIS(470万円)に比べて100万円ほど安いのも魅力。クラウン以上に安くて大人っぽいセダンが欲しいならマークXを買えばよく、こうして階層ごとにセダンを用意しているのがトヨタの強みでもある。

日本国内需要に最適化されているため、実質上兄弟車に当たるGSとは対照的に車両幅のワイド化もかなり抑えられていた・・・・が、近年は中国も意識してるのか巨大化しており、最新型はついに1800mmに到達した。

なお、タクシー教習車は「クラウンセダン」となっているが、こちらはX80型マークIIをベースにしたクラウンコンフォートの派生車種であり、クラウンとは別物で内外装は質素。またパトカーの定番車種でもあるが、近年は地域によりレガシィへの切り替えもまま見られる。

カービューでは10代目(S15)までを「クラウン」とし、11代目(S17)からを「クラウンロイヤル」としている。

その他の詳細はWikipediaの該当項目をどうぞ。

関連タグ

セルシオ マジェスタ マークX
コンフォート レクサス LEXUS アリスト セルシオ

pixivに投稿された作品 pixivで「クラウン(トヨタ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24126

コメント