ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

土橋正幸

どばしまさゆき

土橋正幸とは、1950年代後半から1960年代半ばにかけて活躍した日本のプロ野球選手。ポジションは投手。
目次 [非表示]

概要

1935年12月5日生まれ。東京都台東区浅草出身。

実家は魚屋だった。


中学の頃から草野球に取り組んでいた。それが高じて東京都立日本橋高校卒業後は実家を手伝いながら浅草フランス座の軟式野球チームに在籍、しかも大会で優勝した事もあったそうな。


1954年秋に東映フライヤーズの入団テストを受けたところ、見事合格してしまう。兄と共に家業を継ぐものと思っていた母親はプロ入りに難色を示すも、「3年やってみてダメだったら魚屋に戻るから」と説得、東映に入団を果たす。


ただ入団後は1試合を想定して150球投げるだけでなくバッティングピッチャーをこなし、2軍戦で投げ、それが終わってからもさらにもう2時間ほど投げと、来る日も来る日もボールを投げ続けた。結果、「一軍で投げられる頃には自分の思うがままに投げられるようになった」とか。


ただその一軍でもなかなか結果を残せないでいたのだが、3年目の8月1日の対近鉄パールス戦、味方の貧打に苦しみながらも1-0の完封で遂にプロ初勝利、その年だけで5勝を挙げ、プロで喰っていける自信をつけた。

以後、翌1958年から1964年にかけて7年連続2桁勝利を挙げた。特に1961年には30勝したものの、上にはがいた・・・

そんな事もあってかタイトルとは無縁に終わった。あえて言えば1962年の日本シリーズのMVPであろうか。それとてバッテリーを組んでいた種茂雅之と分け合うハメになった。

その一方で1958年5月31日の対西鉄ライオンズ戦では、9連続・1試合16のWの奪三振記録をマークしている。


ただ(この頃のプロ野球の投手の宿命だったのかも知れないが)酷使を重ねた結果1965年のシーズン中に肩が悲鳴を上げてしまい、4勝に止まってしまう。翌1966年は6勝したもののシーズン途中で右脇腹を痛めて離脱、1967年に至ってはそれこそ満身創痍の状態で登板する有様で、結局このシーズンを最後に現役を退いた。

だが通算162勝は現在の北海道日本ハムファイターズになってもこの記録を超える生え抜き選手が出て来ていない。


引退後はヤクルトスワローズ日本ハムファイターズの監督を務めた事がある。

2013年8月24日、東京都内の病院でこの世を去った。


その他

駆け引き無用のテンポある、小気味よいピッチングが特徴で、「いかにも江戸っ子だねぇ」とファンはうなったという。

そのせいか滅多に四球を与えなかったピッチャーでもあった。


関連タグ

井上ひさし:フランス座の軟式野球チーム時代のチームメイト。

森且行:高校の後輩

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました