ピクシブ百科事典

東映フライヤーズ

とうえいふらいやーず

現在の「北海道日本ハムファイターズ」の源流のプロ野球球団。
目次[非表示]

現在の北海道日本ハムファイターズの源流のプロ野球球団。
本記事では、1954年~1972年までの球団の歴史について解説。以前の歴史については「東急フライヤーズ」を、1973年については「日拓ホームフライヤーズ」を、1974年~2003年については「日本ハムファイターズ」を、2004年以降については「北海道日本ハムファイターズ」の記事をそれぞれ参照。

球団史

駒沢の暴れん坊と「安打製造機」張本の活躍

東京急行電鉄(現在の「東急」、「東急電鉄」は分社化)は1954年1月、当時東急グループの傍系企業でオーナー・大川博が社長を務めていた東映東急フライヤーズの球団運営を委託。この結果、球団名が東映フライヤーズへ変更されることになった。

2リーグ分立以降、本拠地・駒澤野球場(駒沢球場)では「駒沢の暴れん坊」とあだ名されるほど自由奔放なプレーが目立ち、順位もBクラスに低迷していた。1959年、後に3000本安打を達成する「安打製造機」こと張本勲が入団。このシーズンに初めてのAクラス入りを果たす。

1960年水原茂が監督に就任。1962年に張本勲、土橋正幸尾崎行雄種茂雅之らの活躍で初優勝、日本一を飾る。1960年代後半は張本だけでなく大杉勝男白仁天毒島章一ら強打者が多数在籍。しかしそれ以降は優勝からは遠ざかり、「黒い霧事件」も発覚、また映画産業の斜陽なども響いて人気が低迷していった。

1973年に東映が日拓ホームに球団経営権を譲渡。チーム名を日拓ホームフライヤーズとした。

順位の変遷

順位監督
1954年7位※井野川利春
1955年7位保井浩一
1956年6位岩本義行
1957年5位岩本義行
1958年5位岩本義行
1959年3位岩本義行
1960年5位岩本義行→保井浩一
1961年2位水原茂
1962年1位水原茂
1963年3位水原茂
1964年3位水原茂
1965年2位水原茂
1966年3位水原茂
1967年3位水原茂
1968年6位大下弘→飯島滋弥
1969年4位松木謙治郎
1970年5位松木謙次郎→田宮謙次郎
1971年5位田宮謙次郎
1972年4位田宮謙次郎


※1956年まで8球団、1957年は7球団で、1958年より6球団となる。

主な選手

※優勝した1962年のメンバーを中心に紹介する。

投手

  • 土橋正幸
  • 尾崎行雄
  • 安藤元博
  • 森安敏明


捕手

  • 安藤順三
  • 種茂雅之


内野手

  • 大杉勝男
  • 山本八郎
  • 青野修三
  • 大下剛史


外野手

  • 張本勲
  • 毒島章一


助っ人外国人

  • ジャック・ラドラ
  • 白仁天


球団歌

発表当初は音源化されておらず、古関氏が作曲した曲であること以外はほとんど知られていなかった。2021年1月、北海道新聞の調査・取材で福島県古関裕而記念館に所蔵されている資料の中からこの曲の歌詞と楽譜(古関氏直筆)が発見された。

発見された楽譜によると、当初は前身である東急時代の球団歌「東急フライヤーズの唄」から歌詞に最小限の改訂を加えたものが使用されていた。しかし、1967年に古関氏自身が旋律の大幅な改訂を行った「東映フライヤーズの歌」と題する別バージョンが存在している(現存する楽譜に「42・7・9改訂」と記載されていることから、改訂日は1967年〈昭和42年〉7月9日と考えられる)。これについては、「原曲は高音が多用されて歌いにくい」と言う意見を受けて作曲し直した可能性があると推測されている。

東映が日拓ホームに球団を売却し日拓ホームフライヤーズに改称された際、球団旗は東映時代のものが継続使用されているが、球団歌については引き継がれたのかどうかは不明となっている。その後、日拓ホームが球団を日本ハムに売却して「日本ハムファイターズ」となり、この時に新しい球団歌として「ファイターズ讃歌」が制定されている。

関連タグ


関連記事

親記事

かつて存在したプロ野球チーム かつてそんざいしたぷろやきゅうちーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東映フライヤーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3239

コメント