ピクシブ百科事典

福岡ダイエーホークス

ふくおかだいえーほーくす

福岡ソフトバンクホークスの1989年から2004年までの名称。大手小売業のダイエーが親会社だった。
目次[非表示]

本記事では主に1989年~2004年までの球団の歴史について記述する。

成績

順位監督
1989年4位杉浦忠
1990年6位田淵幸一
1991年5位田淵幸一
1992年4位田淵幸一
1993年6位根本陸夫
1994年4位根本陸夫
1995年5位王貞治
1996年6位王貞治
1997年4位※1王貞治
1998年3位※2王貞治
1999年1位王貞治
2000年1位王貞治
2001年2位王貞治
2002年2位※3王貞治
2003年1位王貞治
2004年1位※4王貞治


※1:日本ハムファイターズと同率4位
※2:オリックス・ブルーウェーブと同率3位
※3:大阪近鉄バファローズと同率2位
※4:レギュラーシーズンは1位だったが、プレーオフで2位の西武ライオンズに敗れた。

略史

平和台球場時代

1988年、南海電気鉄道から大手小売業のダイエーに球団が売却され、本拠地も大阪から福岡に移転した。
この年に本塁打王を獲得した門田博光は福岡行きを拒否し、同じ年に阪急電鉄が身売りしたオリックス・ブレーブスに移籍した。監督は前年に引き続き杉浦忠が続投する。
新たな本拠地の平和台球場は、かつてクラウンライターライオンズの本拠地で、1979年埼玉に移転して以来10年ぶりに福岡に球団が帰ってきたことから、福岡の野球ファンは歓迎。
しかし、当時のホークスは低迷期であり優勝はおろか、1977年を最後にAクラスにも届かずにいた。

新体制で臨んだ1989年は5位に終わり、杉浦は監督を辞任。後任には田淵幸一が就任した。
90年はダイエーになって初の最下位に沈む。この年オフに門田がホークスに復帰する。
91年は4位、そして92年は5位に終わり、田淵は無念の解任。門田も現役を引退した。

福岡ドーム時代

1993年、新たに福岡ドームが完成。監督は根本陸夫に交代。
93年は広くなった本拠地に対応しきれず最下位。
この年のオフに根本はかつて監督をしていた西武ライオンズとの大型トレードに着手した。主力打者だった佐々木誠ら3人を放出し、西武から秋山幸二ら3人を獲得した。
94年は5位に終わり根本は辞任するが、この年入団した小久保裕紀に加え、オフには西武から石毛宏典工藤公康が入団し、ドラフトでは城島健司本間満藤井将雄らを獲得するなど、近い時代の優勝を感じさせた。

そして95年より王貞治が監督に就任。
優勝への期待が高まったが、95年は5位、続く96年は最下位に終わる。
96年には熱狂的ファンが王に生卵を投げつける事件が発生した(通称「生卵事件」)。
この年のオフにはドラフトで、井口忠仁松中信彦柴原洋ら7人を指名。
97年オフにはプロ野球脱税事件で小久保らが翌年シーズン序盤に出場停止。98年には吉永幸一郎大道典良柳田聖人に対してスパイ疑惑が起こるものの、オリックスと同率で3位になり、20年間続いたBクラス連続記録に終止符を打つ。

そして1999年、ずば抜けた成績ではなかったもののここ一番で勝負強さを発揮する打線と先発陣4人が2桁勝利(工藤が11勝、他3人が10勝)、篠原貴行が中継ぎながら優勝が決まったあとに土をつけられるまで14連勝するなど投手陣の力が噛み合い、序盤から首位をほとんど譲らず、南海時代の1973年以来実に26年ぶり、福岡を本拠地とする球団では1963年の西鉄以来36年ぶりとなる優勝。
日本シリーズでも下馬評では有利とされていた中日ドラゴンズを4勝1敗で破り、1964年以来実に35年ぶりとなる日本一を成し遂げる。
MVPに輝いたのは秋山幸二で、西武時代の1991年以来2度目となった。

続く2000年もリーグ優勝する。
日本シリーズでは長嶋茂雄率いる巨人と対戦し、「世紀末のON対決」と呼ばれた戦いは先に2連勝するも第3戦から4連敗し、日本シリーズ2連覇を逃した。

2001年は近鉄に阻まれリーグ3連覇を逃す。同年のドラフトでは4球団競合の末、寺原隼人を獲得する。
2002年は近鉄と同率2位。この年で秋山幸二が引退する。

2003年はオープン戦で小久保が靭帯の負傷で今季絶望となるも、斉藤和巳がシーズン20勝を挙げる活躍を見せ、また井口、松中、城島、ペドロ・バルデスによる100打点カルテットと呼ばれる超強力打線が噛み合い、3年ぶりにリーグ優勝。
日本シリーズではこちらも暗黒を脱出し18年ぶりにセ・リーグを制覇した阪神タイガース1964年以来39年ぶりに対戦。
4勝3敗で勝利し4年ぶりの日本一を達成したが、両軍7試合すべてホームゲームで勝ったため、「内弁慶シリーズ」とも呼ばれた。
しかし、この年のオフには小久保が無償トレードで巨人に移籍する
いくらシーズンを棒に振ったとはいえ、バリバリの主力選手を無償トレードで放出するというフロントの行動に、日本一の喜びが霧散してしまうこととなった。またリードオフマンを担った村松有人もFAでオリックスに移籍。

続く2004年は、松中信彦が三冠王を獲得する大活躍でレギュラーシーズンを1位で決めた。
しかし、この年から始まったプレーオフ(2007年から「クライマックスシリーズ」)で2位の西武に敗れ、日本シリーズ進出を逃す。このプレーオフ制度はその後も長きに渡りホークスを苦しめることとなる。
そしてこの年のオフ、経営難に陥っていた親会社のダイエーの財政状態が限界になり、ソフトバンクへ球団を売却する。
それに伴い、球団名が福岡ソフトバンクホークスに変わり、16年間続いたダイエー時代は終わりを告げた。

2005年以降の歴史については、福岡ソフトバンクホークスの記事を参照。

現役ダイエー戦士

2017年現在、福岡ダイエーホークスに在籍経験のある現役選手は以下の7名。
太字はソフトバンクに在籍する選手。

川崎宗則1999年ドラフト4位
山崎勝己2000年ドラフト4位 現・オリックス・バファローズ
寺原隼人2001年ドラフト1位
杉内俊哉:2001年ドラフト3位 現・読売ジャイアンツ
和田毅2002年自由枠
城所龍磨2003年ドラフト2位
明石健志:2003年ドラフト4位


関連動画


関連イラスト

↓ダイエー時代の初代ユニフォーム(通称・ガッチャマンヘルメット)。モデルは天海春香

春香@福岡ダイエー



彼は自信を持って戦う男



関連タグ

南海ホークス福岡ダイエーホークス福岡ソフトバンクホークス
ハリーホーク 福岡ドーム いざゆけ若鷹軍団

pixivに投稿された作品 pixivで「福岡ダイエーホークス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21338

コメント