ピクシブ百科事典

門田博光

かどたひろみつ

門田博光とは、南海ホークス(現在の福岡ソフトバンクホークス)などで活躍した元プロ野球選手。外野手。左投左打。

概要


1948年2月26日山口県生まれ。

奈良県で育ち、奈良の天理高校、社会人野球チームであるクラレ岡山を経て、1968年のドラフトで阪急ブレーブスから12位指名を受けるが、これを拒否。
1969年のドラフトで南海ホークスからの2位指名を受け、プロ入り。

「俊足・強肩・好打」の三拍子揃った大物ルーキーとして入団1年目から頭角を表し、2年目の翌1971年にレギュラー定着。打率3割、31本塁打、120打点を記録して打点王にも輝いた。

現役時代は南海、オリックスブレーブス(現在のオリックスバファローズ)、福岡ダイエーホークス(現在の福岡ソフトバンクホークス)で活躍し、そのほとんどを指名打者(DH)としてプレーしていた。40歳を超えてもなお活躍した数少ない選手であり、「不惑大砲」の異名を持つ。

人物

南海時代のチームメイトであった野村克也とはソリが合わなかったらしい。
・・・が、実際には打撃フォームやバットなど参考にした点も数多く、「いい参考になったやろ」とドヤ顔されるのがイヤだった、というのが真相のようである。

パ・リーグのことを間違えてパアリーグと言ったことがある。

甲子園神宮球場のような屋根の付いてない球場のことをナチュラル球場と呼んでいた。

オリックス時代、平和台球場での試合で、福岡のファンからオリックスに移籍し福岡に来なかったことに対して、博多弁で「なんばしょっか」と野次られたが、本人は「難波のショッカー」に聞こえ、また「帰れ!」コールには「ホークスに帰ってこい」の意味と思い込み、福岡のファンは自分を応援してくれているのだと感動したという。

pixivに投稿された作品 pixivで「門田博光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 653

コメント