ピクシブ百科事典

山田久志

やまだひさし

山田久志とは、今は無きプロ野球球団「阪急ブレーブス」でプレーしていた元プロ野球選手。投手。右投右打。アンダースローを代表する投手である。

概要


1948年7月29日生まれ。秋田県出身。

高校卒業後社会人野球の富士製鐵釜石(後に新日本製鐵釜石、1988年廃部。会社は新日鐵住金を経て現・日本製鉄)に入社、1967年のドラフト会議で、西鉄ライオンズから11位で指名を受けるが拒否。
1968年にから阪急ブレーブスに入団。この時練習中に脊椎分離症で腰を痛めており、チームに残ってリハビリに励む。腰痛から完治した1969年8月の都市対抗終了後、正式契約を結び入団。
山田が入団した頃の阪急米田哲也梶本隆夫石井茂雄足立光宏など一流投手が集まった投手王国だったため、このチーム内で活躍できるかどうか不安だったという。

だが、1970年に初完封勝利を挙げると、この年は10勝をマーク。名実ともに阪急の主力投手へと登り詰めた。一説によると、当時の彼の球速はアンダースローであったにもかかわらず、150キロ近くをマークしていたという。入団3年目の1971年には22勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得した。1975年から1986年まで12年連続で阪急の開幕投手をつとめ、アンダースロー投手としては日本プロ野球最多となる通算284勝を記録した。1988年に引退。

その他


2002には中日監督に就任。初年は3位だったが翌年は成績不振で9月に解任。(残り試合はヘッド兼打撃コーチの佐々木恭介が監督代行を務めて最終的に2位に。なお佐々木は1996年から1999年まで近鉄監督を務めた。)

関連記事

親記事

阪急ブレーブス はんきゅうぶれーぶす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山田久志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8971

コメント