ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

僅差の場面で9回にリリーフ登板し、逃げ切りを図る際に起用される投手

3点差以内でリリーフ登板し最後の打者まで抑えきった場合セーブという個人記録が付く。


日本では1977年、江夏豊が当時南海ホークスの選手兼監督であった野村克也に「日本球界に革命を起こそう」と促され先発から転向したのが有名。当時は先発に良い投手を置き、継投の度に投手のレベルが下がるという時代であり、江夏本人も「革命を起こそう、と言われなかったらやらなかった」と語っている。

当時既に投手分業制が進みつつあったメジャーから調整法を学び、5回まではベンチにもブルペンにも入らず別室でマッサージなどを受け、7回あたりから肩を作り始める、という今では常識となっている手順を確立した(当時江夏の腰痛が酷くベンチに座って出番を待つのはキツい、という裏事情もあった)。


令和初頭現在ではどのチームにもクローザー専門の投手が控えており、特に優れたクローザーには守護神の呼び名が与えられる。


なお、導入された当初は「ストッパー」と呼ばれていたが、近年になってメジャーに倣い「クローザー」と呼ぶよう改められた。



有名なクローザー

  • 江夏豊(元阪神・南海・広島・日本ハム・西武)

上記、クローザー第1号と言える選手。広島初の日本一に導いた「江夏の21球」が特に有名。


通称「炎のストッパー」。ストレートを武器に広島黄金時代を支えた。


ヤクルト黄金時代の絶対的守護神。日本シリーズでは胴上げ投手4度を記録。


通称「ハマの大魔神フォークボールを武器に横浜を38年ぶりの優勝に導いた。


通算最多セーブ日本記録保持者。「死神の鎌」の異名を持つスライダーが武器。


セットアッパーと兼任。打者の前で浮き上がる異質なストレートが武器で、「火の玉ストレート」と呼ばれた。


Max160km/hのストレートを投げることで話題になった。


NPBシーズン最多セーブ記録(54)保持者。通称「King Of Closer」。


ンゴ


日本人初のワールドシリーズ胴上げ投手


  • マリアノ・リベラ(元ニューヨーク・ヤンキース)

MLB歴代最多の通算652セーブ。この記録はギネスにも認定されている。


局地的場面でクローザーを担当した投手

2013年日本シリーズ第7戦でクローザーとして登板。


2016年クライマックスシリーズファイナル第5戦にてDHを解除し登板。WBC第5回大会でも決勝戦でクローザーとして登板した。

泥だらけのストッパー




入場演出

勝負の決着付ける場面で登場することから、彼らの登場はリリーフ以上に豪華な演出で彩られることが多い(特にホーム戦での登板)。


入場演出で有名なクローザー

ヤスアキジャンプ


ゲーム「MLB THE SHOW23」では入場曲「ブラスタージャックス&ティミー・トランペット」の『Narco』も収録されている。



pixivでは

クローザーで検索するとネットゲームのクローザーズが引っかかってくる。かつての呼び名であったストッパーで検索すると時間停止関係のイラストしか出てこない。「野球」とのアンド検索や投手個人の名前で検索して出てくるイラストも少ないというマイナージャンルである。

一応「ストッパー」の方はこの人この人のことをこう表現したので、少し話題にはなった。恐らく昔から使っていたためにクローザーではなくストッパーが自然に出てきたのだと思われる。


別名・表記ゆれ

抑え投手 ストッパー 守護神


関連タグ

野球 リリーフ 救援 勝利の方程式

関連記事

親記事

リリーフ りりーふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73802

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました