ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

試合終盤の接戦の場面で投げるリリーフ投手のこと。中継ぎエースとも。

主に同点や僅差でリードしている7回や8回に登板しクローザー(抑え投手)に繋ぐ役割を担う。いわゆる勝利の方程式の一角。その分リリーフの中でも重要度が高く、クローザーに匹敵する力量が求められる。


クローザーに対するセーブのように、セットアッパーにも個人記録としてホールドがある。

「3点以内のリード時に登板し1イニング以上投げる。または、任意の点差でリードしている状況で登板し、3イニング以上投げる。この状態でかつ試合途中で降板する(セーブの条件を満たさない)」などの場合にホールドが記録されるが、試合速報などで発表されることも少ない地味な記録である。

なお、勝利投手とは異なり降板時にリードを保ってさえいれば良いため、降板後にチームが逆転されてもホールドは記録される。


また、元阪神藤川球児は元々はセットアッパーとしてブレイクした選手である。ジェフ・ウィリアムス久保田智之とともに鉄壁の救援陣「JFK」を形成した後、久保田と役割を入れ替えてクローザーとなり2011年に通算200セーブを達成。その後メジャーを経て阪神復帰後の2019年には中継ぎで23ホールドを挙げたことで通算150ホールドも達成し、NPB史上初となる通算200セーブ&150ホールドを達成している。


その他、9年連続60試合以上登板を達成し、通算273ホールドを挙げた山口鉄也(元巨人投手)や、2010年にクローザーの岩瀬仁紀に繋ぐセットアッパーとして当時のプロ野球日記録となる1シーズン47ホールドをマークした浅尾拓也(元中日投手)などがセットアッパーとしては有名な選手である。


関連タグ編集

野球 投手

西武の中継ぎ 俺達

関連記事

親記事

リリーフ りりーふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました