ピクシブ百科事典

投手の役割分担で主に抑え投手の前に投げるリリーフ投手。
特定打者に対するワンポイント、負けが確定的な場面での敗戦処理など、先発投手や抑え投手に比べて地味な場面での起用が多く、イマイチ評価されにくいポジションである。
が、東京ヤクルトスワローズロケットボーイズ阪神タイガースJFKなど売りのひとつとしてつかわれることもある。

一般には、一軍当確線上のセットアッパー・凡田夏之介を描いたマンガグラゼニ、さらにかつての読売ジャイアンツエース上原浩治ボストン・レッドソックスのセットアッパーとして好成績を挙げたことで注目を浴びることになった。
(上原はその後クローザーに移り、2013年レッドソックス世界一に大きく貢献した。)

関連記事

親記事

投手 とうしゅ

兄弟記事

コメント