ピクシブ百科事典

デニス・サファテ

でにすさふぁて

デニス・サファテ(Dennis scott Sarfate)は、アメリカ生まれのプロ野球選手。 福岡ソフトバンクホークス所属。1シーズン最多セーブ記録保持者。

経歴

C 58 デニス・サファテ


1981年4月9日生まれ。

1996年MLBドラフトでテキサス・レンジャーズから15巡目で指名されるが入団を拒否。その後は大学に進学し、2001年のドラフトでミルウォーキー・ブルワーズから9巡目で指名され、後に契約を結ぶ。2006年にはメジャーリーガーとしてデビューを果たした。
その後は2007年ヒューストン・アストロズ2008年ボルチモア・オリオールズに所属したが、2010年にオリオールズをFAとなり、NPB入りの打診が掛かった。

2011年広島東洋カープと契約を結び入団。シーズンでは抑え投手として起用され、オールスターゲーム明けまでに22セーブを記録する活躍を残すが、9月に鼠径ヘルニアを発症し登録抹消。そのままシーズンを終えるが、57試合1勝3敗35セーブ、防御率1.34、WHIP0.92という好成績を残した。
2012年も抑えとして起用されるが、キャム・ミコライオの台頭もあってセットアッパーに転換。同年オフには保留選手枠から外れ、自由契約となった。
2013年埼玉西武ライオンズに移籍。開幕はセットアッパーを任され、9勝1敗10セーブの記録を残すが、ボロボロの投手陣の事情で抑えに回されたりセットアッパーをやらされたりと振り回されたことからか、シーズン終了後に残留の意思を示さず自由契約となった。
2014年からは福岡ソフトバンクホークスに入団。
シーズンでは64試合に登板し37セーブ、奪三振率12.64を記録し、不動の守護神として3度のリーグ優勝・日本一に貢献した。
2015年から3年連続で最優秀救援投手(最多セーブ)のタイトルを獲得中。

2017年には、外国人初の200セーブを達成
そして、これまでの日本記録だった46セーブを大きく上回るシーズン54セーブを樹立した。
同年の日本シリーズでも1勝2セーブと日本一に大きく貢献し、日本シリーズMVPを受賞した。
2018年は前シーズンのフル稼働が災いし、股関節を故障。投球出来ない程に深刻なダメージでリハビリにほぼ丸一年を有するという診断だった。1シーズンを棒に振ってしまったが、Twitterではリハビリに勤しむ様子を公開し、順調な仕上がりをアピールしている。

来日7年間で積み上げたセーブ数は229。
名球会に入る基準となる250セーブまであと21セーブとしており、アレックス・ラミレス(現DeNA監督)以来2人目、かつ外国人投手初の名球会入りに期待が高まる。

関連タグ

佐々木主浩:「ハマの大魔神」。日米通算381セーブ。クローザーで初の名球会入り。
高津臣吾:ヤクルト黄金期の守護神。日米中韓の4ヶ国でセーブを挙げる。
岩瀬仁紀中日ドラゴンズ所属。日本で唯一400セーブを挙げた。

pixivに投稿された作品 pixivで「デニス・サファテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 686

コメント