ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

パリーグ1位の福岡ソフトバンクホークスと、セリーグ3位ながらクライマックスシリーズで2位の阪神、1位の広島を撃破し、1998年以来19年ぶりに日本シリーズ進出を果たした横浜DeNAベイスターズが日本一を賭けて戦った。


なお、両チームは前身である南海ダイエー大洋を含めてもシリーズでは戦ったことがなく、今回が初顔合わせである。


試合結果編集

第1戦編集

日時:2017年10月28日(土)18:30開始

場所:福岡ヤフオク!ドーム


    DeNA 1-10 ソフトバンク


ソフトバンクが投打でDeNAを圧倒し、幸先良く先勝した。

DeNAは井納翔一が大誤算だった。


第2戦編集

日時:2017年10月29日(日)18:30開始

場所:福岡ヤフオク!ドーム


    DeNA 3-4 ソフトバンク


ソフトバンクが1点を先取するも、DeNAは6回に梶谷隆幸宮﨑敏郎がソロと2ランを放ち、3-1と逆転する。


2点を追いかけるソフトバンクは7回に安打で足がかりを作ると、DeNAの遊撃手倉本寿彦がエラーを犯しオールセーフとなる。

この後同点とし、中村晃が放ったタイムリーが本塁での際どいクロスプレーとなる。

当初はアウトの判定だったが、20分に及ぶビデオ判定の結果、セーフに覆ってソフトバンクが4-3と逆転。

最後は最強守護神デニス・サファテが危なげなく抑え、ソフトバンクが2連勝を決めた。


第3戦編集

日時:2017年10月31日(火)18:30開始

場所:横浜スタジアム


    ソフトバンク 3-2 DeNA


19年ぶりに横浜スタジアムで開催された日本シリーズは、

ソフトバンクが3連勝で早くも王手をかけた。


DeNAは前回、決勝点に繋がるエラーを犯した倉本が3安打1打点と挽回。

しかし、1番打者の桑原将志が3試合全てで(14打席)無安打とブレーキになってしまう。

大洋時代の1960年から続いていた本拠地不敗神話も57年で途切れた。


第4戦編集

日時:2017年11月1日(水)18:30開始

場所:横浜スタジアム


    ソフトバンク 0-6 DeNA


3連敗で後がなくなったDeNAは、ルーキーの濱口遥大が先発。

その濱口は、ソフトバンクを8回1死まで無安打に抑え切る快投を見せた。

打線も宮﨑がシリーズ2本目となる先制本塁打を放つなど6点を挙げ、9回もシリーズ初登板となった守護神山﨑康晃が危なげなく抑え、DeNAが一矢報いた。


第5戦編集

日時:2017年11月2日(木)18:30開始

場所:横浜スタジアム


    ソフトバンク 4-5 DeNA


ソフトバンクが1回に1点を先制するが、DeNAは4回に筒香嘉智が逆転2ランを放つ。

しかし、ソフトバンクは直後の5回にタイムリーと中村晃の2ランで4-2と逆転。


2点を追いかけるDeNAは6回にチャンスを作ると、筒香がフェンス直撃のタイムリーを打ち4-3。

続く宮﨑もしぶとくセンター前に打ち返し4-4の同点。

なおも1・3塁の場面で嶺井博希の打球を、二塁手明石健志がエラー。

この間に3塁走者の筒香が帰り5-4とDeNAが逆転。


ソフトバンクは8回にチャンスを作るが、ここでDeNAは守護神の山﨑に交代。柳田悠岐を三振に打ち取る。

続く9回も2死満塁と山﨑を攻め立てるが、最後はファーストゴロでDeNAがリードを守りきり、

3連敗から2連勝。再び福岡に戻ることとなった。


第6戦編集

日時:2017年11月4日(土)18:30開始

場所:福岡ヤフオク!ドーム


    DeNA 3-4x ソフトバンク (延長11回)


ソフトバンクはDeNA先発の今永昇太から1点を先制するが、DeNAは、指名打者に起用された白崎浩之が同点のソロ本塁打を放つなど、5回に3点を挙げ、6回終了時点で3-1と、第2戦と似た展開になった。


ソフトバンクは8回に1点を返し3-2と1点差に詰め寄ると、9回表には1点ビハインドながらサファテが登板し、無死2塁とピンチを作るも後続を0点に抑える。

9回裏にDeNAは守護神山﨑を送り出す。デスパイネを打ち取るも、続く内川聖一にソロ本塁打を打たれ、試合は3-3の同点のまま延長戦に縺れ込む。


ソフトバンクはサファテが10回・11回も登板し、3イニングを0点に抑え込んだ。

そして11回裏、川島慶三がサヨナラ打を放ち、死闘に終止符が打たれた。


ソフトバンクが2年ぶりの日本一となり、2013年から5年連続でパリーグのチームが勝者となった。

DeNAは前身の大洋時代を含めて68年目で初めて日本シリーズ敗退となった。


表彰選手編集

最優秀選手賞(MVP):デニス・サファテ(ソフトバンク)

第2戦と第3戦でセーブを挙げ、第6戦では3回無失点の好投で日本一を呼び込んだ。

2015年には李大浩2016年にはブランドン・レアードと、3年連続で外国人がMVPを受賞することとなった。


敢闘選手賞:宮﨑敏郎(DeNA)

第2戦と第4戦では本塁打、第5戦では同点タイムリーを放つなど5試合連続で安打を放ち、勝負強さを発揮した。


優秀選手賞:柳田悠岐(ソフトバンク)

1番打者として日本一に貢献。


優秀選手賞:内川聖一(ソフトバンク)

第6戦で同点に追いつく起死回生の本塁打を放った。


優秀選手賞:濱口遥大(DeNA)

第4戦で8回1死までノーヒットに抑える快投を見せた。


関連イラスト編集

祝!DeNAベイスターズCS突破!!

ベストを尽くせ!!

2017日シリ


関連タグ編集

日本シリーズ

2013年の日本シリーズ

関連記事

親記事

日本シリーズ にっぽんしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1157

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました