ピクシブ百科事典

ブランドン・レアード

ぶらんどんれあーど

ブランドン・レアードとは、千葉ロッテマリーンズに所属しているプロ野球選手である。
目次[非表示]

概要

所属千葉ロッテマリーンズ(54)
出身アメリカ合衆国カリフォルニア州サイプレス
生年月日1987年9月21日
身長・体重185cm、98kg
投球・打撃右投右打
守備位置内野手
来歴サイプレス大⇒ヤンキース⇒アストロズ⇒北海道日本ハムファイターズ


2014年11月18日に北海道日本ハムファイターズと契約合意し、入団。
2015年度は6月まで打率2割以下と低迷していたが、栗山秀樹監督は守備の堅さに信頼を寄せ、また、打撃復調を待つためスタメンから外さなかった。
7月以降は栗山監督の期待通り、打撃が爆発し、ホームランを連発。チームトップの34本塁打を記録した。
2016年度は序盤から好調をキープし、5月の月間MVPを受賞。また、5月10日のオリックスバファローズ戦では東京ドームのビールの看板に直撃弾を放ち、賞金100万円とビール1年分を手に入れた。
この年の7月10日にチーム最多記録タイとなる14連勝&北海道移転後ホーム500勝を成し遂げ、そしてファイターズ史上初の助っ人外国人選手によるシーズン複数サヨナラホームランを放った。
優勝がかかった9月28日の埼玉西武ライオンズ戦にて菊池雄星投手から第39号のソロホームランを放つ。これが先制&決勝点となり、チームをリーグ優勝に導く。

広島東洋カープとの日本シリーズでも好調は続き、1勝2敗で迎えた10月26日の第4戦、中田翔のソロホームランで同点となっていた8回裏に値千金のシーズン2本目となる逆転ツーランを放ち、対戦成績をイーブンに戻す。
チームも勢いづき、本拠地で怒涛の3連勝で王手をかけた状態で迎えた第6戦、8回裏に中田の選んだ押し出し、伏兵アンソニー・バース(中継ぎ投手)のタイムリーで6対4となった状態で、ダメ押しの満塁ホームランでマツダスタジアムを完全に沈黙させた
そして日本ハムはシリーズ優勝を飾り、計3本のホームランを放ったレアードは、見事日本シリーズMVPに選出された。

翌2017年も故障した中田に代わって4番打者となり、4打数連続本塁打、3年連続30本塁打などの大活躍をしたが、2018年になると怪我の影響で不振になり、同年オフに自由契約になった。
2019年1月15日、千葉ロッテマリーンズと契約した。

寿司パフォーマンス

2015年6月に白井内野守備走塁コーチにお店を紹介してもらったのがきっかけとなり、寿司が好物になる。
ヒーローインタビューで「スシダイスキ!」と絶叫したり、試合後に行きつけの店・「空海」に行くと宣言したりしたことでファンの間にも定着。レアードが打席に立つと寿司のぬいぐるみが掲げられるようになる。
また、ホームランを打った後には寿司を握るポーズ、通称寿司ポーズをやるようになった。これは「空海」の店主から「一発を打ったらやってほしい」と頼まれたことがきっかけ。
そのためかチャンスの場面でレアードに打順が回ると、白井コーチがサインとして寿司ポーズをするようになった。また、球場には寿司のぬいぐるみ以外に寿司タオルや寿司カチューシャを持参するファン、挙句の果てには寿司職人の服装で応援に駆け付ける者も見られている。
ちなみに一番好きなネタは炙りトロだったが、最近はいくら納豆の軍艦巻きがお気に入りとのこと。

関連タグ

北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
寿司:上記のとおり大好物。
納豆:寿司に次ぐ好物。中でも溶き卵入りのがお気に入り。

関連記事

親記事

千葉ロッテマリーンズ ちばろってまりーんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブランドン・レアード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3218

コメント