ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

現役時代

1961年4月26日生まれ、東京都小平市出身。
1983年に東京学芸大学からヤクルトスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に入団テスト合格によりドラフト外で入団。入団1年目にプロ野球のレベルの高さに衝撃を受け、当時は辞める事ばかり考えるほどの試練に見舞われた。

さらに2年目には特定疾患であるメニエール病にかかり、試合中にボールが2個どころか3個までにぶれるほどの目眩に襲われるようになり、1989年にゴールデンクラブを受賞するほどの活躍を見せるも、翌年1990年に現役を引退(前述の病気の他、新たに監督に就任した野村克也との確執も一因だったとされる)。
プロ通算成績336本安打7本塁打67打点。

このように現役時代は決して恵まれた選手生活を送っていたとは言い難く、選手としての知名度もお世辞にも高くはなかった。
彼が知名度を高めることになったのは、現役引退後、指導者として活動するようになってからである。

現役引退後

引退翌年から野球解説者・野球評論家として活動を開始し、これまでにテレビ朝日TBSラジオで解説、スポーツニッポンで執筆を行う。
この他、2008年より白鴎大学の教授として籍も置いている。大学教授を務める野球監督はNPB史上初である(国立大学出身者としても初)が、監督と教授の併任は時間の制約等もあり無理があるので実際は休職扱いになっている。またかつては母校の東京学芸大学の非常勤講師も勤めていた。
またキャスター時代に、数多くの高校野球選手にインタビューを行っており、後に監督としてその選手を率いることになった事例もある(後述)。

監督時代

日本ハム監督

2012年より北海道日本ハムファイターズの1軍監督に就任。
就任当初は「なぜタレントが監督をやるのか?」とネット界隈の一部で酷く叩かれ、暗黒期突入を嘆く者さえいた。他方日本ハムのファンは、前任者に対する不満が大きく、監督が変わるなら「誰でも良い」状態だったので、概ね好感を持って迎えられた。
「栗山英樹=報ステ等でMLBや高校野球の取材をしている人」のイメージがついていた(というか元プロ選手であるという認知がろくにされなていなかった)のがそもそもの原因ではあるが。

1年目は絶対的エースであったダルビッシュ有の渡米もあり、多くの解説者がファイターズの不振を予想する中、吉川光夫らの活躍に救われ就任1年目でのペナント制覇に恵まれた。余談ではあるが、ファイターズOBである岩本勉氏が「ファイターズ優勝しようもんなら、頭を丸める!!」と発言しており、本当に優勝した際には北海道のローカル局にて断髪式を大々的に中継された。

2012年オフ、球団は大谷翔平を強行指名する。そして前代未聞「投打二刀流育成プラン」を彼に提示し、「誰も歩いたことがない道をキミには是非歩いてもらいたい!」という口説き文句で入団に成功。
この二刀流というプランは、栗山が大谷翔平を高校時代から取材しており、その段階で「投打のどちらかに絞ることができない」と判断していたことが大きい。
その後の大谷の活躍はご承知の通りで、「大谷翔平のファイターズ入りは、キャスター栗山が居なかったら絶対に有り得なかった」「大谷翔平のメジャーでの二刀流は栗山英樹の賜物」と言われるほど、篤い師弟関係を築き上げている。また大谷本人も、「栗山監督でなければ日ハムでお世話にならなかったし、投手一本しかできなかった」と公言している。

2013年に最下位に転落するも、2014年以降は西川遥輝中島卓也岡大海ら若手の成長、ブランドン・レアードらの助っ人外国人の活躍などもあり、連続でAクラス入りを果たす。そして2016年、序盤はソフトバンクに独走を許すも怒濤の15連勝で勢いづかせ、最大11.5ゲーム差を引っ繰り返す大逆転でリーグ優勝。そして日本シリーズでも2連敗からの4連勝という逆転劇で球団として10年ぶりとなる日本一に導いた。

だが2019年以降は伸び悩み、3期連続5位に終わってしまった。特に最終年は万波中正に対する人種差別発言の問題・中田翔の暴行事件と無償放出など、暗黒期突入前夜とも言える惨憺たるチーム状況であった。
1軍監督は2021年シーズンまで、球団最長の合計10シーズンに及んだ。

侍ジャパン

大谷くんと栗山監督


日本ハム監督退任直後の2021年11月、稲葉篤紀の後任となる日本代表(侍ジャパン)監督に就任。
2023年3月に開催されたWBC第5回大会では愛弟子・大谷翔平、大ベテラン・ダルビッシュ有、令和の怪物・佐々木朗希、「村神様」こと村上宗隆らのスター選手の招集に成功。さらには多くの野球ファンが悩みどころであったセンターのポジションには、機動力と守備力どちらにおいても優れる日系人メジャーリーガー、ラーズ・ヌートバーを選出し、周囲を驚かせた。

各部門のスペシャリストとも言える人材を揃えた日本代表はメディアでも「歴代最強の侍ジャパン」と評されたが、いざ本大会においても前評判通りの凄まじい強さを発揮
韓国オーストラリアイタリアメキシコアメリカといったライバルを打ち破り、侍ジャパン史上初となる全勝での優勝を達成した

大会閉幕後の記者会見の中で、任期満了と共に退任することを発表した。
なお、これはあくまで「侍ジャパンの監督から退く」ということであって、野球指導者そのものを辞めるということではないとのこと。

背番号

背番号使用年所属チーム備考
461984年〜1989年ヤクルトスワローズ選手
41990年ヤクルトスワローズ選手
802012年〜2021年北海道日本ハムファイターズ1軍監督
892022年〜2023年侍ジャパン監督


その他

  • 名前が縁となり、キャスター時代に北海道栗山町の観光大使を依頼され、現在ではその栗山町へ正式に転居している。ちなみに転居したのはファイターズ監督就任より前のことで、監督時には栗山町の自宅から電車で札幌ドームに通っていた。
    • またファイターズ主催のモノとは別に、毎年栗山町にてファイターズ絡みのイベントも行っており、2012年の優勝のときは栗山町で独自の優勝パレードを行った。
  • 「三原マジック」で名を馳せた三原脩を師と仰ぐ。娘婿である中西太を通じて「三原ノート」を授けてもらい、監督業の手本とした。また、前述したように野村克也との反りが合わずに引退したとされているが、後に野村から監督としての手腕を評価してもらったことは嬉しかったと語っている。
  • 著書では渋沢栄一の『論語算盤』をはじめとして、様々な思想家や経営者の理念を引用、実践している。
  • 大谷翔平に対しては「一切褒めない」ことを公言しているが、これは「彼の成長を止めてしまうから」という親心からである。
    • 愛情は多分にあるようで、「もし生まれ変われたら、何になりたいですか?」と尋ねられると「もし生まれ変わったら、大谷翔平になりたいです!」とも公言している。また、日本ハム時代にはメジャーで成功させるために絶対「投手大谷」を故障させてはならないと気を配っていた。
    • また、WBC閉幕後のメディア取材では割と遠慮なく大谷のことを褒めちぎっていることもある。あくまで「本人の前では面と向かって褒めない」ということで、当人がいないのであれば褒めても問題はないということなのだろうか。
    • 実はWBC監督時、大谷とはそれほど長く話してはいなかったそうである。お互い話さなくても何を思っているかはだいたいの感覚で共有できているという認識らしい。
  • 発言が(同性にかける言葉としては)気持ち悪いことで有名で、一部の野球ファンからは「気持ち悪い以外は有能」とよく言われている。それだけ熱意と言葉のウィットに富んでいることの表れなのだが、外部からはどうしてもいじられがち。
    • これらを会見の場などで公言するため、「全ての発言にソースがある男」とも言われる。
  • エンターテイメントと戦略を両立させるロマンチストでもある。具体的な例では2016年の優勝争いで福岡ソフトバンクホークスとしのぎを削る戦いで、「どうすれば雰囲気ごと試合を制する(三連勝できる)ことが出来るか」と考えた末、1番投手大谷という采配を選び、大きく流れをつかんだ。長らくテレビで仕事をしていた為か、自身のメディア対応にも優れる。
    • 采配能力だけでなく、(性格面で)人を見る目にも優れており、前代未聞の経歴から侍ジャパンメンバーとしては未知数のヌートバーを「直接話したら100%、全員が好きになる。愛すべき人柄」と紹介したが、いざ大会が始まってみると、栗山の言葉通り、ヌートバーは多くの日本国民から愛され、応援される人気者となった。
      • 実はヌートバーが幼少時、日本の高校球児たち(斎藤佑樹田中将大世代)の遠征にボールボーイとして同伴していた時、取材で同じ球場にいた縁がある。本人はヌートバーを選出後、斎藤から伝えられて初めて知ったという。
      2023年3月11日東京ドームで行われた、2023WBC1次リーグB組の日本対チェコ共和国戦の先発投手に千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希を指名。
      • 佐々木は岩手県陸前高田市出身で、東日本大震災津波で父と祖父母を亡くした被災者でもある。栗山は「野球の神様が朗希に『頑張れ』とメッセージを送っていると思う」と述べた。
      • また、この日の先発に指名した事を本人に伝えた時の事を記者に問われると、感極まって言葉に詰まる様子を見せるなど、栗山にとっても特別な想いがあった。
      • 佐々木は栗山監督の期待に応え3回2/3を1失点、66球、最高速度164km/hと好投し、勝利投手となった。
  • シーズン前にはディープインパクトの飼育されていた牧場へ訪問することが恒例だった。
  • 好きな戦国武将石田三成の家臣として活躍した名将、大谷吉継で、「(信頼関係で)人のために尽くしきれる」点が憧れだという。監督就任当時はまさか同じ大谷姓の名選手を自分が指揮することになるとは思ってもいなかっただろう。


関連タグ

引退したプロ野球選手一覧 ヤクルトスワローズ 大谷翔平

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115916

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました