ピクシブ百科事典

梨田昌孝

なしだまさたか

梨田昌孝は、1970~1980年代の元プロ野球選手(捕手)、野球指導者。旧名・梨田昌崇(読み同じ)。
目次[非表示]

概要

1953年(昭和28年)8月4日生まれ。島根県出身。
1971年のドラフトで、近鉄バファローズにドラフト2位で指名され入団。
同期には、1位に佐々木恭介(梨田の前任の監督でもある)、4位に羽田耕一、6位に平野光泰がおり、リーグ2連覇の戦力となった選手が揃う当たりドラフトだった。

1975年ごろに頭角を現し、体を揺らすコンニャク打法で鳴らす。
1979年のリーグ初優勝、1980年のリーグ2連覇にレギュラーとして貢献する。
当時近鉄のエース・鈴木啓示はライバルの有田修三とコンビを組む事が多かった。
梨田と有田のダブル捕手は「ありなしコンビ」と呼ばれた。

1985年、シーズン途中で鈴木が引退、同年オフには有田が巨人へ移籍した。しかし梨田もこの頃には衰えが見られ、山下和彦古久保健二光山英和といった若手捕手が台頭していた。1988年、近鉄は西武と激しい優勝争いを繰り広げる。しかし、あと一歩のところで優勝を逃した。梨田はこの年で現役を引退する。

引退後は1993年にバッテリーコーチとして近鉄に復帰。その後二軍監督を経て、2000年に近鉄の監督に就任。1年目は最下位に終わるも、翌2001年に北川博敏代打逆転サヨナラ満塁ホームランを打って優勝を決めた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに敗れた。その後もまずまずの成績を残していたが、2004年に近鉄はオリックス・ブルーウェーブとの合併騒動に揺れる。9月にはストライキも起こったが、結局合併は止められず、結果的に梨田は近鉄最後の監督となった。
なお、近鉄は4回リーグ優勝しているが、選手と監督の両方で優勝を経験したのは梨田のみである。(1989年は引退翌年で当時は解説者だった。)

2008年北海道日本ハムファイターズの監督に就任。同年に入団した中田翔を指導する。2009年には自身8年ぶりのリーグ優勝を経験するも、日本シリーズでは巨人に敗れた。2011年限りで退任。
その後2016年より東北楽天ゴールデンイーグルスの第6代監督に就任。梨田は62歳であり、当時12球団で最年長の監督となった。成績不振のため2018年6月に「シーズン途中の休養」ではなく「シーズン途中の辞任」を発表した。

余談

同学年には落合博満真弓明信中畑清若菜嘉晴吹石徳一(吹石一恵の父)らがおり、彼らと昭和28年会を結成している。
ちなみに角界では「花のニッパチ組」と呼ばれる世代である。

関連タグ

近鉄バファローズ/大阪近鉄バファローズ
プロ野球 引退したプロ野球選手一覧

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「梨田昌孝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2327

コメント