ピクシブ百科事典

渋沢栄一

しぶさわえいいち

江戸~大正時代に活躍した実業家。日本初の国立銀行を創設した。
目次[非表示]

概要

天保11年2月13日(1840年3月16日)埼玉の豪農の息子として生まれる。
一七歳の時理不尽な代官の御用金の要求に封建社会に不満を覚える。高崎城を乗っ取る過激な計画を企てるが従兄弟に説得され断念。予てから交流のあった一橋家重臣を頼り平岡円史郎一橋家の家臣となる。
徳川慶喜の弟昭武のパリ万博行きに随行 帰国後は慶喜の下で働くつもりだったが大隈重信の説得で新政府の一員となるが大久保らと経済について衝突。下野し銀行の設立に貢献。

彼は道徳を重んじ、慈善活動や教育活動にも大変熱心だった。関東大震災時、80歳を超えているにも関わらず大震災善後会副会長となり寄付金集めなどに奔走した。その他日本赤十字社日本女子大学の設立にも携わっている。

彼が設立した企業も多種多様で、


などなどおよそ500もの会社を創立し、「日本資本主義の父」と言われている。
現在でも先述のように日本を代表する超一流企業が揃っている。



登場する作品


関連タグ

実業家 埼玉県 大蔵省

pixivに投稿された作品 pixivで「渋沢栄一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 335

コメント